loading...

thumbnail

A-STARのフリーランスエンジニア向けメディアを加速させるライター募集


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/astarcojp/agency-star.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/agency-star/single-column.php on line 36

ライターの募集背景と案件詳細

<募集背景>

2020年1月にリリースしたばかりのフリーランスエンジニア向けメディアを加速させるため随時募集しています。

昨今日本のフリーランス人口は増えつつあり、それに関連するサイトやサービスも続々と出てきています。

しかし、それによりフリーランス向けの情報が乱立してしまっている状況でもあります。

そこで私たちは初心に立ち返り、「本当にフリーランスの人たちが欲している情報は何か?」またその中でも「フリーランスエンジニアが見たい情報は何か?」など、本当に価値のある情報を提供することができるメディアはどうあるべきなのかを考えた結果

同じ目線である現役のフリーランスエンジニアが技術記事を書くことが最も有益となると考え、フリーランスエンジニアで副業としてできるライター案件の募集を開始しました。

今弊社のエージェント事業部経由で参画していただいているフリーランスエンジニアはもちろんそうでない方も募集しています。

<案件詳細>

募集職種 ライター(プログラミング記事)
単価 ~200,000円/月額、文字単価8~10円
※例)5,000文字×8円/文字×5記事=200,000円
勤務地 指定なし

リモート・在宅OK

期間 即日~長期
契約形態 業務委託
業務内容 ・A-STARで運用しているフリーランスエンジニア向けメディアへ掲載する用の記事執筆。
・プログラミングに関する記事の執筆。
・毎月納期を相談して決め、1ヶ月○記事という形で執筆をお願いします。
・執筆量はご自身のペースに合わせます。
必須スキル ・1記事あたり4,000文字以上執筆できる方。
・ITエンジニアとして開発の経験がある方。

実際の案件情報はこちら

A-STARの業務内容について

left

弊社では、フリーランスエンジニア向けのメディアの運営とフリーランスエンジニア専門のエージェント事業という「フリーランスエンジニア」に特化した2つの事業を展開しています。

フリーランスエンジニア向けメディア事業

私たちのメイン業務としてはメディアの運営とその発展に努めています。

そのためにまず2つの施策を進めています。

一つは、フリーランスエンジニア向けの役立つ情報のコンテンツ制作で、現役のフリーランスエンジニアの方たちに技術にかかわる記事を執筆していただき、継続的な提供を続けていきます。

この施策が今回のライター募集に関わっています。

そしてもう一つは、フリーランスエンジニアの就業可能なエンド企業様限定「100社」の取材記事コンテンツ企画です。

日本のIT業界の大きな問題点である多重下請け構造は、正社員のITエンジニアだけでなくフリーランスエンジニアの年収にも影響を及ぼしているのは事実です。

それを少しづつでも破壊していくため、私たちA-STARが率先してフリーランスエンジニアの就業が可能なエンド企業を特集し、魅力をフリーランスエンジニア向けに発信していきます。

同時に、弊社ではフリーランスエンジニア専門のエージェント事業も展開しているので、それら企業の案件紹介も行っていきます。

まずは100社を目標にし、価値のある情報を発信していきます。

今進めているのはこの2つですが、今後も魅力あるコンテンツを企画し発信していく予定です。

エージェント事業

メディア事業とは別にフリーランスエンジニア専門のエージェント事業も展開しています。

弊社のエージェント事業の特徴は事業部内で「アタッカー」「カスタマーサクセス」「アカウントマネジメント」の3つの部門に分けており、それぞれが人材側の「新規決定」と「再販」、企業側の「案件獲得」を専門的に行っています。

実績としてはこれまで1,200名以上のフリーランスエンジニアの支援を行っており、自社メディアをリリースすることでさらに加速させていきます。

特に今後のポイントは、メディアに絡んだ展開です。

先ほど述べたように、メディア事業ではフリーランスエンジニアの就業可能なエンド企業様限定「100社」の取材記事コンテンツ企画を進めています。

単純にエンド直の案件は、他社フリーランスエージェント企業も抱えてはいますが、私たちエージェントでは、取材で得た情報を付加価値に濃い情報を持ってフリーランスエンジニアへ紹介していきます。

企業側もビジョンがあるようにフリーランスエンジニア側にもビジョンがあると思います。如何にそのビジョンが近しい企業と人材をマッチングさせるかが重要だと思っており、結果的にそれがフリーランスエンジニアにとってメリットとして返ってくると思っています。

そんなマッチングを目指して、メディア事業と手を取り合い進めています。

ライターのプロジェクト体制と稼働中のフリーランスエンジニアの特徴

right

現状、プログラミング記事を執筆していただいているフリーランスエンジニアが複数名おり在宅やリモートで作業して頂いています。

ライターのプロジェクト体制

今回のライター募集は、フリーランスエンジニアご自身の知見やスキルをもとに編集担当者がタイトルを決めそれに沿って執筆していただきます。

常駐していただくことはなく、編集担当者とchatworkで連絡を取りあいリモートや在宅で進めていただきます。

またマニュアルや研修のサポートもありますので、ライター未経験のフリーランスエンジニアでも安心して参画できる案件となっています。

現在執筆中のフリーランスエンジニアの特徴

現在執筆中のフリーランスエンジニアの方はITエンジニアとしての経験が豊富にあるということ以外は、年齢も国籍も関係なく幅広い方に携わってもらっています。

またA-SATRエージェント事業部経由でプロジェクトに参画していただいているフリーランスエンジニアが、副業としてライターをしてくれているケースもありますし、現在はA-SATRエージェント事業部経由で稼働はしていないが、ライターとして稼働していただいているケースもあります。

ライターは全くの未経験OKということで、実際にそのような方もライターとして活躍してくれています。

フリーランスエンジニアがどのような活躍をしているか?また何を期待しているか?

left

現在活躍しているフリーランスエンジニア

弊社では、お客様先に参画していただく本業をメインとするフリーランスエンジニアとライター案件でのみご稼働いただいている方とその両方に携わっていただいている方の3パターンがあります。

これまではフリーランスエンジニアとしてお客様先で活躍してくれている方がほとんどでしたが、このライター案件の募集を開始することで、本業と副業の両方で活躍してくれているフリーランスエンジニアが増えてきています。

もちろんお客様先で稼働する場合の方が報酬は高いですが、ライターにも携わっていただくことでより高い報酬を還元できています。

またお客様先で稼働いただいているフリーランスエンジニアにフォーカスすると1年以上継続してご稼働いただいているもしくは稼働していただいた方は300名超にのぼり、長くお付き合いいただいている方も多数いらっしゃいます。

また現場からも高い評価をいただき、同じ現場案件で月額単価が10万円近く上がった方も多数で、ご自身のスキルを遺憾なく発揮していただいております。

フリーランスエンジニアに期待すること

今後は現場にご参画いただいて、力を発揮していただくことはもちろん、これまで培ってきた経験・スキルをアウトプットしていただける環境を作り、メイン案件の報酬だけではなくライター案件にも携わっていただき副業報酬もプラスし、より高収入を実現してくれるフリーランスエンジニアになってくれることを期待していますし、そうなりたい方を求めています。

そしてそのような環境を私たちA-STARは提供し続けていきたいと思います。

社風や福利厚生、施設、制度

left

社員のみでみると平均年齢は30代前半で、社内の雰囲気はアットホームな環境です。

社内にはバーカウンターがあり、フリーランスエンジニアを社内に招いて飲み会を開いたりと様々なイベントを企画しています。

そうすることで私たちとフリーランスエンジニアとの良好な関係を築くことはもちろんフリーランスエンジニア同士のコミュニティの場でもあればよいなと思って企画しています。

そういうこともあって社内にバーカウンターを設置したという背景もあります。

また人財サービスのグローバルリーダーであるAdeccoGroupの一員ということもあり、中々市場に出回らない案件も紹介できますし、何といっても強固なバックグラウンドが弊社にはあります。

制度というにはふさわしくないかもしれませんが、弊社独自の副業案件(ライター)を提供していることは、フリーランスエンジニアにとって面白い制度だと思っています。

基本的にライターとなるとクラウドソーシング系のサイトで獲得することが多いですが、そうなると手数料は引かれてしまいます。

ただ弊社で紹介するライター案件は、商流を挟まないので高単価での還元が実現できています。

1記事4,000文字で40,000円は、文字単価に直すと10円となるのでかなりの高単価だと思います。

フリーランスエンジニアが自身の技術を開発だけではなく執筆という形で活かしてもらいそれに対して報酬を支払う制度は、他社ではなかなかないと思いますし、これはメディアに力を入れている弊社だからできる制度だと思っています。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP