loading...

thumbnail

AWSエンジニアの仕事内容や年収・需要を徹底解説!単価はいくら?未経験でフリーランスになれる?必要なスキルや将来性も確認

すっかり浸透しているAWSというクラウドコンピューティング

リンククラウド技術

IT業界では「Amazon Web Service」、通称AWSが完全に定着しています。

クラウドコンピューティングのウェブサービスであるAWSは数々のサービスを提供しています。

企業やシステムの需要に合わせてスペックなどを構築できるため、多くのIT企業がAWSを採用するようになりました。

当然、そのAWSを扱うためのエンジニアが必要です。

今回はそんな今をときめく「AWSエンジニア」に注目していきます。

AWSエンジニアがどんな仕事をしているのかというポイントや、気になる年収、需要などをチェックしていきましょう。

フリーランスAWSエンジニアや必要なスキルについても解説します。

IT業界にはAWSエンジニアが必要!

プラス記号の仮想を持っている手は、コピースペースで肯定的なもの(特典、個人的な開発、ソーシャルネットワーク、健康保険など)を提供することを意味します

IT業界でAWSが導入される流れはさらに拡大しています。

そのため、AWSエンジニアという存在が常に必要な状況です。

需要の高さやフリーランスなどの案件数の割にAWSエンジニアの人数が少ないため、エンジニア側が仕事を選べる状況にあるともいわれています。

それほどまでにIT業界ではAWSエンジニアを求めています。

そのため、今の時代にAWSについて理解や知識を深めておくことは役立つでしょう。

特にフリーランスとして働いている方にとっては、仕事を見つけやすく報酬も良い案件を獲得しやすいです。

そして今後もAWSの需要が下がるとは考えづらいため、将来も明るい業種といえます。

AWSエンジニアの仕事内容は?

システムエンジニアの男性

それでは、まずはAWSエンジニアが実際にどのような仕事をしているのかという点に注目してみましょう。

AWSエンジニアが主に担当することになるのは、インフラ構築です。

AWSシステムの開発や構築、運用などを担当することになるでしょう。

インフラエンジニアやネットワークエンジニアと通ずる

インフラエンジニアやネットワークエンジニアと通ずる部分があるといえます。

基盤やサーバが使えるようにセットアップしたり設定をしなければなりません。

特に仮想化技術についての知識や理解が必要となってくるでしょう。

多数あるAWSサービスの構築・運用・保守

ソフトウェアエンジニア

また、AWSは先ほども触れた通り数多くのサービスを提供しています。

そのため、どのサービスを利用すればクライアントや企業が求める最適なシステムを構築できるのかといった面も理解しておかなければなりません。

数あるAWSのサービスや機能をしっかりと理解している必要があるでしょう。

それぞれのAWSサービスの構築はもちろん、運用や保守までしなければなりません。

また、EC2インスタンスなどは必要に応じて後から構成の変更が可能という特徴を持っています。

そういった部分を仕事として担当するのもAWSエンジニアの仕事です。

AWSエンジニアの年収をチェック

年収 男性 報酬 お金 アップ

さて、それではAWSエンジニアに年収という観点から迫ってみましょう。

AWSエンジニアの年収の相場は、およそ600万円といわれています。

インフラエンジニアより高額

そして、AWSエンジニアはインフラエンジニアと近しい業務です。

そのインフラエンジニアの年収は400〜500万円が相場だといわれています。

こう比較してみると、AWSエンジニアの方が年収が高い傾向にあるということです。

高いスキルを持っているAWSエンジニアの中には1,000万円以上の高額な年収を得ているエンジニアも。

持っているスキル次第で1,000万円超えも目指せる業種だということです。

IT業界のエンジニア全体の平均年収と比較

そして、IT業界のエンジニア全体の平均年収はおよそ461万円といわれています。

AWSエンジニアの平均年収がおよそ600万円ですから、比較してみると高額な年収を得ていることが分かります。

やはり最新技術で需要も高い業種ですから、自ずと年収や報酬も高くなるということでしょう。

フリーランスのAWS案件の単価は?

時は金なり

さて、AWSエンジニアの年収は比較的高額であるということが分かりました。

では、フリーランスのAWSエンジニア向けの案件の報酬は一体何円ぐらいなのでしょうか。

もちろん案件の難易度などによって差はありますが、多くの案件が月50万円〜70万円ほどの範囲に収まります。

案件の数も多いため、今後もフリーランスエンジニアはさらに必要になってくるであろうことが予想されます。

とはいえ当然求められるスキルも高く、AWSに対する深い理解やスキルも必要です。

AWSには「AWS認定資格」というベンダー資格も実施されているので、自分のスキルを証明したい方はぜひ取得に挑戦してみましょう。

全部で11種類ある資格試験ですから、もし仮に全て取得して11冠が達成できれば単価の良い案件獲得に繋がるはずです。

フリーランスAWSエンジニアの需要

インフラエンジニア

AWSエンジニアは、常に需要が高まり続けている業種です。

特にクラウドや仮想化技術というのは、IT業界のトレンドともいえる分野だという特徴もあります。

必然的にAWSにも注目が集まり、採用されやすい状況にあるということです。

フリーランス案件が多い

そのため、フリーランスのAWSエンジニアを対象とした案件も数多く募集されています。

Microsoftが提供しているAzureといった競合サービスもジワジワと追い上げてきていますが、それでもAWSには到底敵わない差をつけられているのが現状です。

だからこそフリーランスのAWSエンジニアは需要が高く、仕事も見つけやすい状況といえます。

エンジニアが仕事を選べる

仕事を探すエンジニア側が案件を自由に選べる立場にあるともいえるでしょう。

自分のやりたいAWSの仕事や現場を選ぶことができます。

そして、今後も需要は高くなり続けることが予想されます。

未経験でフリーランスのAWSエンジニアになれる

美しい10代の女性はラップトップPCでフリーランスとして働く

たとえ未経験でも、フリーランスのAWSエンジニアになることは十分に可能です。

とはいえ、簡単な道のりではありません。

AWSについて様々な手段で学習して知識や理解、スキルを高めていく必要があります。

日本ではAWSについて学ぶ環境がまだまだ整っていないので、選択肢は少ないかもしれません。

しかし「RaiseTech(レイズテック)」といったオンラインのエンジニアリングスクールでAWSについて学習することが可能です。

また、AWS認定資格の勉強をしてみるのも選択肢の1つです。

高いモチベーションを持ってしっかりと学習できれば、未経験の方でもAWSエンジニアになることは十分に可能です。

AWSエンジニアに必要なスキル

最新技術を見せるビジネスマン

それでは、実際にAWSエンジニアに求められるスキルを解説していきます。

基本的に以下のスキルが必要です。

  • クラウドサービスに関する知識
  • AWSについての知識や理解
  • ネットワーク構築
  • 仮想化に関する知識
  • インフラエンジニアとしての経験

1つずつ簡単に解説していきます。

クラウドサービスに関する知識

AWSはクラウドサービスです。

そのため、クラウドサービスについてしっかりとした知識や理解を持っておく必要があります。

近年のIT業界でクラウドサービスはトレンドともいえる分野ですので、AWSエンジニアではなかったとしても重要な知識だといえるでしょう。

AWSについての知識や理解

そして当然、AWSについて深い知識や理解をしておく必要があります。

この記事でも少し触れましたが、AWSは数々のサービスを提供しているので「どのサービスが最適か」を見極める必要もあるでしょう。

そしてAWSで特に利用シーンの多いのは以下のサービスです。

  • EC2
  • S3
  • RDS
  • Lambda

AWSの中でも特にこれらのサービスに関しては、深く理解をしておくと役立ちます。

ネットワーク構築

ビルの屋上でスマホを使うビジネスマン

AWSでEC2インスタンスなどを構築する際には、ネットワーク構築に関する知識が必要になってきます。

環境構築はクライアントや状況に応じて最適なものを作らなければなりませんので、適切な判断を下す必要があります。

経験も必要となってくる部分でしょう。

仮想化に関する知識

AWSは仮想サーバやストレージなど、様々なサービスを提供しています。

そのため、そもそも仮想化とはどういうものなのかについて理解しておくことは重要です。

今後さらに仮想化という分野の需要は拡大していくであろうことが予想されますので、こちらに関してもしっかり理解を深めておくとAWS関連の業務以外でも役に立つでしょう。

インフラエンジニアとしての経験

AWSエンジニアは、大きく分けると基本的にインフラエンジニアに該当します。

そのため、インフラエンジニアとして経験を持っている方は非常に有利です。

ITインフラのサーバや基盤の構築や運用に関する知識、実務経験があると必ず役に立つでしょう。

また、サーバのセキュリティ関連についても深く理解しておくことが重要です。

IT業界はますますセキュリティ意識が高くなり始めており、特にネットワーク関連はセキュリティについて非常にシビアになっています。

そのため、インフラエンジニアとして実務経験があると経験でカバーできる部分も多く出てくるはずです。

スキルを証明するためにはAWS認定資格取得を目指すべき

マークシートに記入する女性

記事中でも名前だけ登場しましたが、AWSは「AWS認定資格」という試験がベンダー資格として実施されています。

AWS認定資格は3レベル+1レベルという少し特殊な形式。

こちらの試験を取得しておけば、AWSエンジニアとして持つ自分のスキルを簡単に証明可能です。

今回はレベルや種類を簡単に解説いたします。

AWS認定資格のレベル

まず基本となる3レベルは以下の3つです。

  • 基礎(Foundational)
  • アソシエイト(Associate)
  • プロフェッショナル(Professional)

そして、これとは別カテゴリとして「Specialty」という専門科目が実施されており、先ほどのレベルと加えて試験がレベルに応じて全11種類実施中です。

AWSの試験の種類

本で勉強する女子生徒

AWS認定試験は、スキルごとに細かく試験が分けられています。

基礎レベルは1つだけで、クラウドプラクティショナー(Cloud Practitioner)というもの。

こちらは基礎とはいえど、6か月程度のAWS使用経験がある方が対象とされている内容が出題されます。

AWSに関して全体的な理解や知識を問われる試験です。

アソシエイトレベルはソリューションアーキテクト、デベロッパー、SysOpsアドミニストレータの3つが実施されています。

ソリューションアーキテクトはAWSを利用したアプリケーションの構築やデプロイに関して、デベロッパーはAWSの主要サービスの使用方法などについて出題されます。

SysOpsアドミニストレータはシステム構築などの自動化についてなどについて問われる試験です。

プロフェッショナルレベルでは、先ほども登場したソリューションアーキテクトとDevOpsエンジニアの2つが実施。

DevOpsエンジニアは分散アプリケーションシステムの運用や管理などが問われます。

レベルの高い試験です。

Specialty

AWS認定試験には、上記に加えて5つの専門知識資格があります。

それが「Security」、「Big Data」、「Advanced Networking」、「Alexa Skill Builder」、「Machine Learning」の5つです。

それぞれ試験タイトル通りの知識を問われるハイレベルな試験になっています。

Alexa Skill BuilderはベンダーがAmazonだからこそのユニークな資格試験ですね。

AWS認定試験は合計で11種類の試験が実施されています。

複数科目の取得を目指してAWSについて更に深く学習すれば、エンジニアとしてより力を付けられるでしょう。

AWSエンジニアの将来は明るい

ドアに入るビジネスマン

今回紹介してきたAWSエンジニアですが、将来性という意味では期待できるのでしょうか。

この記事でも何度か触れている通り、AWSは注目が高まり、需要もどんどんと高まっている段階にあります。

クラウドコンピューティングに興味を持つ企業も多く、その代表格であるAWSを導入したいという意向を持つ非IT企業も全く珍しくありません。

そのためAWSエンジニアは今後もまだまだ必要となってきます。

需要は拡大しており、将来も明るい業種です。

フリーランスにとってもその傾向は追い風となります。

AWSに関する案件数は多く、スキルや知識さえ持っていれば仕事を獲得しやすい状況が生まれているからです。

そのためにも、スキルを証明できるAWS認定資格の取得に挑戦してみるのは賢い手段だといえます。

「仕事に困らないフリーランスAWSエンジニア」を目指し、努力してみてはいかがでしょうか。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP