loading...

thumbnail

AWSの認定資格を徹底解説!資格の種類や取得のメリットを紹介!難易度の比較や年収に与える影響もチェックしよう


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/astarcojp/agency-star.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/agency-star/single-column.php on line 36

Amazon社のクラウドサービス・AWS(Amazon Web Services)。そのAWSについての豊富な知識を有する証拠となるAWS認定資格をご存じでしょうか。

AWSの認定資格はエンジニアにとって注目すべき資格の1つです。

ただ、AWS認定資格には現在11個ものコースがあるため「どの資格を取れば良いのかわからない」という人もいるはず。

そこで今回は、AWS認定資格についての詳細を解説します。

  • AWS認定資格を取得したい
  • AWSのサービスをより深く理解したい
  • AWS認定資格のコース別攻略方法が知りたい

上記のような考えを持つ人に適した内容となっています。

AWS認定資格とは

キーボード

AWS認定資格とは、AWS(Amazon Web Services)について一定水準以上のスキルを持っていることを証明する資格です。

最近はAWSを導入する企業が増えており、AWSスキルの必要性が上昇傾向。

それもあって、AWS認定資格を受験する人が増加しています。

レベル

AWS認定資格には3つのレベルが存在します。

基礎

AWS経験6ヶ月程度のクラウド・業界知識が問われます。

初めてAWSに触れる人はここから始めると、AWSの基本知識を得ることができるでしょう。

アソシエイト

AWS経験1年程度のクラウド・業界知識が問われます。

主なサービスの知識やクラウドを使う際に起こるトラブルを解決する力が試されます。

プロフェッショナル

2年程度のAWS経験レベルの問題が出題される資格です。

AWSクラウドを使ったソリューションの設計や運用、そしてトラブルシューティングなどの知識・スキルがある人向けの資格です。

その他、専門知識分野の資格もあります。

コース

AWSを使用する人には「設計者」「開発者」「運用者」など色んな立場の人がいます。

AWSは立場に合ったコースの資格が用意されています。

資格は分野別に分かれており、現在は11種類のコースが用意されています。

11コースの詳細については後述します。

AWS認定資格のメリット①AWSについての理解度が深まる

www

これから先、AWSを活用する企業はどんどん増えていくと予想されます。

そんなAWSを学ぶためにAWS認定資格を勉強するのは、とても良い方法といえるでしょう。

AWS認定資格のメリット②年収に与える影響

ノートパソコンに置いた木のブロック

AWSエンジニアという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

まだ耳馴染みのない職業ですが、要は「AWSに特化したエンジニア」のことを指します。

企業はAWSスキルを持つ人材を求めている

最近は求人で「AWSエンジニア」という名称が使われる機会も多くなってきました。

それだけ、企業にとってAWSを扱える人材は重要な意味を持つ存在となってきているといえます。

AWSを扱えるエンジニアの年収

そんなAWSエンジニアの年収ですが、大体600万円程度とインフラエンジニアの平均よりも少し高めです。

「AWSが扱える」ということは、それだけ価値があるということ。

これから先、エンジニアとしてもっと収入を増やしたいという考えがあるならAWS認定資格を取得し「AWS認定資格を保有しています」とアピールするのも良いでしょう。

他インフラエンジニアよりも稼ぎたいという思いを持っている人はAWS認定資格の取得を目指すことを強くおすすめします。

AWS認定資格の種類①基礎コース

タブレットを持つビジネスマン

この項目では、AWSの基礎的な知識を問われる「クラウドプラクティショナー」について解説します。

この資格は2018年に新しく設置された資格です。

AWSクラウドの基礎、セキュリティ、請求、料金の4つの分野の知識が必要となります。

問われるスキル

AWS クラウドとは何かということ、およびベーシックなグローバルインフラストラクチャについて定義できる

AWS クラウドのベーシックなアーキテクチャ原理を説明できる

AWS クラウドの価値提案について説明できる

AWS プラットフォームの主なサービスと一般的なユースケース (例: コンピューティング、分析など) について説明できる

AWS プラットフォームのセキュリティとコンプライアンスのベーシックな側面、および共有セキュリティモデルについて説明できる

請求、アカウントマネジメント、料金モデルを明確に理解している

ドキュメントや技術サポートのソースを特定できる (例: ホワイトペーパー、サポートチケットなど)

AWS クラウドにおけるデプロイと運用のベーシックで重要な特徴を説明できる

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-cloud-practitioner/

具体的に、このようなスキルが求められる試験となっています。

問題数と制限時間

90分間の制限があります。

合格ライン

1000点満点中720点以上が合格ラインになります。

受験費用

税別11,000円です。

対応言語

英語や日本語、中国語(簡体字)と韓国語にも対応しています。

難易度

まだAWSをスタートさせたばかり、もしくは始めようとしている人でも気軽に受験できる程度の難易度です。

AWS認定資格の種類②ソリューションアーキテクト(アソシエイト)

オフィスで開発するプログラマ

AWS認定資格の「アソシエイト」レベルの1つ「ソリューションアーキテクト」の詳細情報をお伝えします。

「ソリューションアーキテクト」で問われるのは、名称でわかるとおりアーキテクト(設計)の知識です。

問われるスキル

AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明すること

顧客の要件に基づき、アーキテクチャ設計原則に沿ってソリューションを定義できること

プロジェクトのライフサイクルを通して、ベストプラクティスに基づく実装ガイダンスを組織に提供できること

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-associate/

上記のスキルが必要となります。

制限時間

130分の制限があります。

合格ライン

1000点満点中720点以上。

受験費用

税別15,000円がかかります。

対応言語

英語と日本語、中国語(簡体字)と韓国語に対応しています。

難易度

AWSクラウドやネットワークの基本的な知識・スキル。そしてメインのAWSサービスに精通していれば合格するレベルです。

難しい資格とは言えませんが、まだAWSのことをよく知らない状態で受験するのは避けたほうが良いでしょう。

アソシエイトレベルの中では広範囲の知識が問われる資格です。

AWS認定資格の種類③SysOpsアドミニストレーター

パソコンでビデオ会議するフリーランス女性

「アソシエイト」レベルの「SysOpsアドミニストレーター」試験についての詳細情報です。

「SysOpsアドミニストレーター」で問われるのは「運用」の知識です。

問われるスキル

スケーラブルで、高可用性および高耐障害性を備えたシステムを AWS でデプロイ、管理、運用する

AWS との間のデータフローを実装および制御する

コンピューティング、データ、セキュリティ要件に基づく適切な AWS のサービスを選択する

AWS 運用のベストプラクティスの適切な使用方法を識別する

AWS の使用コストを予測し、運用コストコントロールメカニズムを識別する

オンプレミスワークロードを AWS に移行する

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-sysops-admin-associate/

制限時間

130分の制限時間内でテストを実施します。

合格ライン

1000点中720点以上。

受験費用

税別15,000円です。

対応言語

英語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語に対応。

難易度

先に述べたSysOpsアドミニストレーター(SSA)とテスト範囲がやや被ります。

「運用」の知識を重点的に学習しておくと突破できるでしょう。

そこそこの難易度があります。

AWS認定資格の種類④開発者(デベロッパー)

プログラミングしているアジア人エンジニア

「アソシエイト」レベルの「開発者(デベロッパー)」試験についての詳細情報です。

「開発者(デベロッパー)」で問われるのは「開発者」の知識です。

問われるスキル

AWS の主要なサービス、使用方法、AWS の基本アーキテクチャのベストプラクティスについて理解していること

AWS を使用するクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグについて習熟していること

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-developer-associate/

問題数と制限時間

全65問で130分の制限時間となっています。

合格ライン

1000点中720点以上の獲得が条件です。

受験費用

税別15,000円。

対応言語

英語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語に対応。

難易度

開発者として必要な知識とスキルが必要な試験です。

試験範囲は、他のアソシエイトレベルの試験に比べて狭いですが、平均並みの難易度といえるでしょう。

AWS認定資格の種類⑤ソリューションアーキテクト(プロフェッショナル)

PCと男性 スクール

「プロフェッショナル」レベルの「ソリューションアーキテクト(プロフェッショナル)」試験についての詳細情報です。

「ソリューションアーキテクト(プロフェッショナル)」で問われるのは「アーキテクト」の知識です。

問われるスキル

AWS で、動的なスケーラビリティ、高可用性、耐障害性、信頼性を備えたアプリケーションを設計し、デプロイする

提示された要件に基づくアプリケーションの設計とデプロイに適した AWS のサービスを選択する

AWS で複雑な多層アプリケーションを移行する

AWS でエンタープライズ規模のスケーラブルな運用を設計し、デプロイする

コストコントロール戦略を導入する

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-professional/

問題数と制限時間

全75問、170分間のテストとなっています。

合格ライン

75%以上の正答率が必要です。

受験費用

税別30,000円です。アソシエイトレベルと比べて2倍の費用がかかります。

対応言語

英語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語に対応しています。

難易度

プロフェッショナルレベルということで、難易度はかなり高めです。AWS認定資格の中で最も難しい資格といっても過言ではないでしょう。

AWS認定資格の種類⑥DevOpsエンジニア

機械の前にいる男性エンジニア

「プロフェッショナル」レベルの「DevOpsエンジニア」試験についての詳細情報です。

「DevOpsエンジニア」で問われるのは「運用」と「開発者」の知識です。

問われるスキル

AWS で継続的デリバリーのシステムと手法を実装して管理する

セキュリティコントロール、ガバナンスプロセス、コンプライアンス検証を実装し、自動化する

AWS でのモニタリング、メトリクス、ログ記録システムを定義し、デプロイする

高可用性、スケーラビリティ、自己修復機能を備えたシステムを AWS プラットフォームで実装する

運用プロセスを自動化するためのツールの設計、管理、維持を行う

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-devops-engineer-professional/

問題数と制限時間

全80問、180分の制限時間があります。

合格ライン

正答率75%以上。

受験費用

税別30,000円です。

対応言語

英語と日本語、中国語(簡体字)、韓国語に対応。

難易度

問題数を見てわかるとおり、この試験はとてもボリュームがあります。

カバー範囲も広いので難易度は高めです。

AWS認定資格の種類⑦高度なネットワーキング

アメリカ人プログラマー

「専門知識」の1つ「高度なネットワーキング」についてです。

問われるスキル

AWS を使用してクラウドベースのソリューションを設計、開発、デプロイできる

アーキテクチャの基本的なベストプラクティスに従ってコアとなる AWS のサービスを実装できる

AWS のすべてのサービスで使用するネットワークアーキテクチャを設計および管理できる

ツールを活用して AWS のネットワークタスクを自動化できる

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-advanced-networking-specialty/

問題数と制限時間

全65問、170分の制限時間があります。

合格ライン

1000点満点中、750点以上の獲得が合格条件です。

受験費用

税別30,000円。

対応言語

英語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語。

難易度

試験では難しいネットワーク処理を取り扱います。

そのため、ネットワーク技術に関してあまり知らないという場合は突破するのは難しい試験といえるでしょう。

難易度は高いです。

AWS認定資格の種類⑧ビッグデータ

「専門知識」の「ビッグデータ」についてご紹介します。

問われるスキル

基本アーキテクチャのベストプラクティスに従ってコアとなる AWS ビッグデータ関連サービスを実装できる

ビッグデータを設計および管理できる

ツールを活用してデータ分析を自動化できる

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-big-data-specialty/

問題数と制限時間

全65問、170分の制限時間。

合格ライン

1000点満点中、750点以上。

受験費用

税別30,000円。

対応言語

英語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語。

難易度

難しいレベルの資格です。

AWS認定資格の種類⑨セキュリティ

「専門知識」の「セキュリティ」についてご紹介します。

問われるスキル

専門的なデータ分類と AWS におけるデータ保護メカニズムについての理解

データ暗号化メソッドと、AWS におけるその実装メカニズムについての理解
安全なインターネットプロトコルと、AWS におけるその実装メカニズムについての理解

安全な本番環境を実現するための、AWS のセキュリティサービスと機能についての実務知識

AWS のセキュリティ関連のサービスと機能の使用に関する、2 年以上の本番デプロイ経験から得るコンピテンシー

一連のアプリケーション要件が指定された状況で、コスト、セキュリティ、デプロイの煩雑さについてトレードオフを

考慮した決定を下せる能力

セキュリティの運用とリスクについての理解

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-security-specialty/

制限時間

170分。

合格ライン

1000点満点中、750点以上。

受験費用

税別30,000円。

対応言語

英語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語。

難易度

難易度は平均的です。

AWS認定資格の種類⑩機械学習

チームで開発

ここでは「専門知識」の「機械学習」についての詳細をご紹介します。

問われるスキル

与えられたビジネスの問題に対し、適切な ML アプローチを選び、その理由を説明できる

ML ソリューションの実装に適した AWS のサービスを選択する

スケーラビリティ、コスト効率、信頼性、安全性に優れた ML ソリューションを設計し、実装する

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-machine-learning-specialty/

制限時間

170分。

合格ライン

1000点満点中750点以上の点数を獲得すれば合格です。

受験費用

税別30,000円。

対応言語

英語、日本語、中国語(簡体字)、韓国語。

難易度

機械学習は新技術なので、これから試験内容も更新されていくことでしょう。

現時点の難易度は上級レベルです。

AWS認定資格の種類⑪Alexaスキルビルダー

案件 検索 PC 男性

この項目では、「スペシャリティ」の「Alexaスキルビルダー」についての詳細をご紹介します。

問われるスキル

音声の価値を説明する能力

ユーザーエクスペリエンスを設計する能力

スキルを構築するためのアーキテクチャを設計する能力

スキルにおいて AWS と Alexa のセキュリティのベストプラクティスを追及する能力

スキルの開発、テスト、検証、およびトラブルシューティングの能力

スキル公開プロセスを管理し、Alexa 開発者コンソールを使用する能力

スキルの運用とライフサイクルを管理する能力

引用元:https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-alexa-skill-builder-specialty/

問題数と制限時間

制限時間は170分です。

合格ライン

1000点満点中、750点以上が必要です。

受験費用

300USDです。

対応言語

英語、日本語で受験できます。

難易度

難易度はそんなに高くありません。平均的な難しさといえるでしょう。

AWS認定資格を合格するための勉強方法①サンプル問題や模擬試験を繰り返し解く

ビジネスマンと本

AWSが公開している「サンプル問題」や「模擬試験」を使った勉強方法です。

模擬試験にかかる費用は各コースによって違います(AWS認定資格を1つでも所有している人は無料)。

「サンプル問題」も「模擬試験」も、まずは自力で問題を解いてみるところから始まります。

「模擬試験」の場合は、問題文をキャプチャしておくと良いでしょう。

正解した答えに関しても、まだ自分が理解していない用語・知識がある可能性があります。

あとで見返したい知識やポイントなどがあれば、メモ帳などに貼り付けておくことをおすすめします。

全ての問題分、丁寧に辿っていきましょう。

AWS認定資格を合格するための勉強方法②AWS Cloud Practitioner Essentials

ティーンエイジはテスト中

AWS Cloud Practitioner Essentials」は無料で視聴できる動画です。

AWSの基礎知識を得るのに良いでしょう。

AWS認定資格を合格するための勉強方法③公式の技術仕様を確認する

アジャイルソフトウェア開発のコンセプト

AWSの技術は日々進化しています。それ故、すぐに情報が古くなってしまいがちです。

AWSクラウドサービス活用資料集」や「AWSホワイトペーパー」、「AWSドキュメント」などで最新情報を得るようにしましょう。

「英語だと読めない」と思う人もいるかもしれませんが、PDFであればGoogle翻訳で訳すことができるので活用してみてください。

AWS認定資格には有効期限がある

保険、カスタマーケア、サポート

ここまでAWSでも認定資格について解説してきましたが、この資格には1つ注意しておきたいポイントがあります。

それは「3年ごとに再度認定を受ける必要がある」ということです。

再認定を受けないと、認定資格が失効してしまうので注意しましょう。

まとめ

ビジネスマン 晴と雨 違い

AWS認定資格について、深く掘り下げてみましたがいかがだったでしょうか。

エンジニアとして活躍したい人ならぜひ取っておきたい資格・AWS認定資格。

AWS認定資格は、自身の知識を強化できることはもちろん、収入アップも見込める資格です。

今回の記事で解説したAWS認定資格の種類やメリット、勉強方法などを参考に、ぜひAWS認定資格に挑戦してみてください。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP