loading...

thumbnail

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容や年収・需要を徹底解説!未経験で独学可能な言語と勉強法は?フリーランスの将来性も検証

時代の最先端を担うエンジニア

ノートパソコン

BitcoinやMoneroなど仮想通貨が注目されたこともあり、ブロックチェーンという技術が注目されるようになってきました。

仮想通貨の取引などに行われるブロックチェーンは「分散型台帳技術」や「分散型ネットワーク」と呼ばれ、匿名性の高さが特徴といわれています。

IT業界におけるトレンドといえるまでに注目される技術です。

しかし、それと同時にそのブロックチェーンを扱えるエンジニアがまだまだ少ないという現実に直面している段階にあるともいえ、需要が高まっています。

ブロックチェーンエンジニアに注目

プログラミングする女性

今回の記事では、そんな時代の最先端を担い未来を創ることになる「ブロックチェーンエンジニア」について解説していきます。

具体的な仕事の内容や、年収・需要と将来性まで、気になるポイントを一気にチェックしていきましょう。

IT業界一切未経験だったとしてもブロックチェーンエンジニアになれるのか?という疑問についても解説します。

ブロックチェーンエンジニアとは

Developing programming and coding technologies. Website design. Programmer working in a software develop company office.

まず最初にブロックチェーンエンジニアが一体何者なのかという点を解説します。

ブロックチェーンエンジニアは厳密に「○○をするエンジニア」という定義のようなものがあるわけではありません。

単純に「ブロックチェーン技術に携わる開発者」のような扱いを受けています。

ここも、まだまだブロックチェーンエンジニアという存在が一般的ではないということの裏付けだといえるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの仕事

知性的なビジネス分析

では早速、ブロックチェーンエンジニアが担当する主な業務について紹介いたします。

ブロックチェーンに関する開発業務全般を担当しているということもあり、様々な技術を扱う仕事です。

仮想通貨関連の業務

Bitcoinで一躍有名になり、すっかり一般層にまで知れ渡っている「仮想通貨」および「暗号通貨」。

Bitcoinをはじめとして、仮想通貨はブロックチェーン技術を使って取引などを行っています。

度重なる仮想通貨盗難事件や問題、リスクなどの対策をするためにも、仮想通貨に携わるブロックチェーンエンジニアが急激に求められています

国内外問わず多くの仮想通貨取引所が募集している分野です。

ブロックチェーン技術を用いた新たなシステムの開発

たくさんのモニタがあるシステム制御室

仮想通貨は既存のサービス・考え方ですが、当然ブロックチェーン技術を用いて新たなサービスを開発する場合もブロックチェーンエンジニアが担当することになります。

ブロックチェーンという技術は基本的にデータの改ざんが不可能とされていますので、今後アイディアや技術の進歩と共に更に普及していくでしょう。

全く違ったサービスやアプリケーションにブロックチェーン技術を用いることで、信頼性の高いシステムなどを提供できる可能性も秘めています。

既に美術作品の真贋を明らかにするための証明に使われていたりと、ブロックチェーン技術の新たな活用方法が見出される過程にあるのが現実です。

仮想通貨のように一般層にまで届くような新たな製品などを開発するチャンスが眠っているともいえるかもしれません。

もし仮にそのような何かを作り出すことができれば、一躍時代の最先端で輝くエンジニアになれる可能性が眠っています。

Ethereum

仮想通貨として有名なEthereumですが、実は仮想通貨以外の顔を持っています。

「スマートコントラクト」という機能をブロックチェーンに組み込んだプラットフォームがEthereumです。

このスマートコントラクトという技術が注目を集めており、今後さらに注目を集めていくであろうことが予想されています。

今後のブロックチェーンエンジニアにとって外せない仕事の1つともいえるでしょう。

DApps関連

と可視化されたネットワーク

ブロックチェーン技術に関連して注目されているのがDAppsと呼ばれるP2Pネットワークを用いた分散型ネットワークを利用した技術

こちらは概念がまだ新しく、底知れぬ可能性を秘めているともいわれています。

先ほど触れたプラットフォーム、Ethereumと関連が深いためこちらの2つをセットで仕事に取り掛かる可能性も高いです。

こういった最新技術に携わり開発を担当していくのがブロックチェーンエンジニアの魅力の1つといえるでしょう。

Hyperledger関連

ブロックチェーンをもっと利用しやすい形で提供することを目指しているコミュニティ「Hyperledger」というものがあります。

その中にはオープンソースで開発されているブロックチェーン基盤「Hyperledger Fabric」があり、ビジネスにおけるブロックチェーン技術の活用に長けているといわれています。

今後活用される場が増えていくであろうHyperledger Fabricを扱うことになるのもブロックチェーンエンジニアです。

高額な年収を得るブロックチェーンエンジニア

ドル

まさに時代の最先端技術を専門に扱っているブロックチェーンエンジニアですが、年収という観点ではどうでしょうか。

ブロックチェーンエンジニアの平均年収では、およそ930万円だといわれています。

エンジニア全体と比較すると圧倒的に高額な平均年収

IT業界のエンジニア全体の平均年収は、およそ461万円といわれており、その差は倍以上。

ブロックチェーンエンジニアの需要が高いという現実を物語っています。

平均ではなく年収の幅を見てみると、500万円〜1,200万円とかなり広いです。

しかし、どちらにせよIT業界で働くエンジニアたちの平均年収を上回っています。

年収から分かるブロックチェーンエンジニアの需要

やはりブロックチェーンエンジニアという存在がどれだけ貴重なのか、そして各企業が強く求めているということが分かるデータです。

有名な大手企業のブロックチェーンエンジニアの求人では、1,000万円を超える年収を提示している企業もあります。

持っている技術次第では1,000万円を超える年収を手にすることも十分に考えられる職種です。

ブロックチェーンエンジニアが用いる言語

プログラミングコンセプト

IT業界において必ず付きまとってくるプログラミングという分野。

ブロックチェーンエンジニアにも当然関連します。

ブロックチェーン技術を用いて作るサービスによっても異なるため、多岐に渡るプログラミング言語を習得する必要があるかもしれません

一例を紹介していきます。

BitcoinはC++

まず、ブロックチェーンを一躍有名にしたBitcoinで使われている言語はC++です。

C++は非常に馴染みが深く、一般的にIT業界全体を見ても広く採用されている言語。

一気に親しみが湧いたという方もいらっしゃるかもしれません。

ブロックチェーン自体の開発は難しくハードルが高いと感じる方であったとしても、Bitcoin関連の業務であれば携われる可能性があります。

EthereumはGo言語

こちらの記事で少し触れたEthereumを扱うためにはGo言語が必要です。

「Go Ethereum」というクライアントソフトが普及しており、こちらを使用するために必要な言語です。

あまり馴染みはない言語ですが、注目の言語として話題を集めることも少なくないGo言語。

ブロックチェーンエンジニアになりたいという方は、Go言語を学習してみるのも1つの手です。

DAppsはSolidityという言語

プログラムのコード

スマートコントラクトの開発に用いるのはSolidityというプログラミング言語です。

こちらの言語をコンパイルした後、上記のEthereum上で実行可能になります。

聞き馴染みの薄い言語ではありますが、文法自体はJavaScriptに似ている言語です。

そのため、JavaScriptを習得している方や、勉強していたことがあるという方は比較的取り組みやすいプログラミング言語かもしれません。

また、JavaScript自体も習得しやすい言語なので比較的学習しやすい言語といえるでしょう。

仮想通貨取引所などの場合はJavaScript

記事で仕事内容を扱った際、仮想通貨関連の業務という仕事を紹介しました。

その仮想通貨を扱う、取引所のWebサービスにはJavaScriptが使用されています。

BitcoinやEthereumなどがJavaScriptに対応しており、取引をする様々な処理をJavaScriptで実装可能です。

また、JavaScriptにはブロックチェーン関連のライブラリが多数用意されているという特徴もあります。

今後仮想通貨取引所関連のみならず、ブロックチェーン技術を活用したWebアプリ開発にはJavaScriptが使用される可能性が高いでしょう。

未経験のブロックチェーンエンジニア

本で勉強する女子生徒

さて、ブロックチェーンエンジニアについていろいろ注目してきましたが、全くの未経験の方がブロックチェーンエンジニアを目指すというのは無謀なことでしょうか。

結論からいえば、決して無謀なことではありません

ブロックチェーンエンジニアはまだ人数が少ないですが、需要は高い状態にあるからです。

とはいえ、いきなり未経験で飛び込むのはさすがに厳しい世界といえます。

そのため、まずはブロックチェーン技術についてしっかり勉強しましょう。

日常生活ではまず聞かない単語ばかりが登場するため、身を入れて学習に臨まなければまず頭に入りません。

そしてその後、実際にプログラミング言語を学習してみましょう。

独学で習得しやすい言語

Pythonワードクラウド

先ほどブロックチェーンエンジニアが用いるプログラミング言語を紹介しました。

では、未経験の方などが独学で習得しやすい言語はどれなのでしょうか。

オススメはJavaScript

最も取り組みやすいといえるのはJavaScriptです。

JavaScriptはブラウザさえあれば学習できるため、手を出しやすい言語という特徴があります。

学習コストも低いといわれており、ブロックチェーンエンジニアとして以外でも活用できる言語です。

また、JavaScriptを習得できれば文法が似ているSolidityにも手を出せる可能性が考えられるのでオススメできます。

Go言語も学習コストが低い

そして、初心者の方でもシンプルなコードが取っ付きやすいと考えられるのがGo言語です。

複雑な機能を排除したGo言語は、プログラミング未経験という方でも理解しやすい言語といえます。

Go言語は特に注目を集め始めている言語ということもあり、将来性も抜群

エンジニアとして生きていくのであれば、学習しておいて損になることはないでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの未来

ビジネスマン 晴と雨 違い

ブロックチェーン技術は注目を集めている最新技術です。

そのブロックチェーン技術を扱うブロックチェーンエンジニアの需要が一気に高まっています

まだまだ発展途上で、相当な可能性が眠っている分野でもあるブロックチェーン技術という分野。

ブロックチェーンエンジニアは今後ますます需要が拡大し、IT業界で求められることになるでしょう。

仮想通貨のイメージが強いかもしれませんが、応用・活用できる可能性は幅広いです。

様々な分野にブロックチェーン技術を導入していくだろうと見られており、今以上にブロックチェーンエンジニアの需要は増していくはずです。

この記事で平均年収もチェックしてみましたが、IT業界のエンジニア全体と比較して倍以上の差がありました

このデータからも、いかにブロックチェーンエンジニアが業界で求められている存在なのかということが分かります。

時代の最先端で輝く未来を掴む

ビジネスマンの手の働き

今回の記事では、ブロックチェーンエンジニアについて注目してきました。

ブロックチェーンエンジニアは、最先端技術を担っている存在です。

将来性もある業種であり、便利な世の中にしていくために未来を自らの手で作っていくことができるエンジニアともいえるでしょう。

まだまだ定着しているとは言い難いブロックチェーン技術ですが、需要が高まっているのは間違いありません。

ブロックチェーンエンジニアは、まだ見ぬ新たな製品・サービスを作り出すチャンスに溢れています。

未経験でも高いモチベーションを持って、今回の記事で紹介したプログラミング言語などを習得すればブロックチェーンエンジニアになれる可能性は十分にあります。

世の中に、今までにない新たなサービスなどを提供したい、便利な世の中にしたいという志を持っている人は、ブロックチェーンエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP