loading...

thumbnail

Webデザイナーの年収の実態を徹底調査!フリーランスの平均年収は?年収1,000万円も可能?年収を上げる方法もチェック!

はじめに

現在会社員としてWebデザイナーの仕事をしていてフリーランスになることを検討している方も少なくないのではないでしょうか。

会社員であれば安定した給料を得られますがフリーランスになると収入が減るリスクもあるためよく調べて検討する必要があります。

そこで今回はWebデザイナーの年収の実態を徹底調査しました。

Webデザイナーとして年収1,000万円稼ぐことは可能なのか、年収を上げる方法も解説していきます。

会社員Webデザイナーの平均年収は?

スポーツジム お金の疑問

まずは会社員とフリーランスの平均年収についてみていきましょう。

会社員Webデザイナーの平均年収から確認していきます。

会社員Webデザイナーの平均年収は300万円~500万円

ラップトップコンピュータでタイピングするビジネスマン

会社員Webデザイナーの平均年収は300万円~500万円といわれています。

Webデザイナーはさまざまな業種で働くことができるため立ち位置により年収に大きく差が出る職業です。

年収の差は幅広く、300万円台の方もいれば1,000万円以上の方もいるのが現状です。

会社員Webデザイナーで高収入を得るには

Webデザイナーの仕事先はWeb制作会社やデザイン会社を始め広告代理店、派遣会社などさまざまな選択肢があります。

給料が高くなりやすい傾向にあるのは広告代理店や派遣会社といわれていますが会社の違いよりも立ち位置のほうが重要です。

技術が認められて上の立場になるほど年収は比例して上がっていきます。

そのためWebデザイナーよりもWebディレクターやWebプロデューサーのほうが年収が高くなっているのです。

今の年収に満足できなければフリーランスになることを検討する

正しいドアを選択するビジネスマン

会社員Webデザイナーの平均年収を参考にして自分の年収と比較した結果、今の年収に満足できなければフリーランスになるという選択肢も現実的になるかもしれません。

ただしフリーランスでは会社員のように安定した給料を得ることは難しいのが実態です。

フリーランスWebデザイナーの平均年収は?

次にフリーランスWebデザイナーの平均年収を確認していきましょう。

フリーランスにもさまざまな働き方がありますが今回は在宅の場合と独立の場合の2パターンを紹介します。

在宅の場合、平均年収は250万円ほど

在宅フリーランスの平均年収は250万円ほどであり、実際はさらに低いともいわれています。

月収20万円をもらえればいいほうで高い収入は期待できないのが現状です。

在宅フリーランスはクラウドソーシングサイトを通して仕事をしたり、自分から直接企業に営業をかけて仕事をもらったりして収入を得ています。

クラウドソーシングサイトを通すと手数料が差し引かれて単価が低くなるので稼ぐためには数多くの仕事をこなさなくてはなりません。

直接企業とやり取りをして仕事をしたほうが高い収入を得られますが営業力も必要となるため仕事を獲得するまでにも多大な労力を必要とする場合も珍しくないでしょう。

他にアプリ開発やWebサイト作成、オンラインプログラミングの講師など副業としてできる仕事も存在します。

独立の場合、平均年収は300万円~400万円ほど

在宅よりも独立して個人事業主として働いたほうが稼げる可能性があるといえます。

独立した場合の平均年収は300万円~400万円ほどですが独立を機に平均を超える年収を得るケースも少なくありません。

フリーランスを選択した方のおおよそ7割が個人経営で働くことを選択しているのが現状です。

100万円以下または1,000万円以上の年収を得ることもある

フリーランスWebデザイナーの平均年収はあくまでも目安であり、フリーランスは自分の力次第で年収が大きく変動します。

いくらスキルや経歴に自信があった場合でも、フリーランスになったばかりで慣れていない頃は収入が安くなってしまう傾向がみられます。

現在フリーランスとして成功し高収入を得ていてもはじめは安い収入からスタートしたという方がほとんどでしょう。

そのためフリーランスになった最初のうちは貯金を崩すなどして生活をしなければならない可能性もあります。

その後成功して1,000万円以上の年収を得ることができれば当初の損失はカバーできますがその後もうまくいかない場合、当然損失は膨らむ一方です。

1,000万円以上の年収を得ているフリーランスWebデザイナーは一握りだといっても過言ではありません。

しかしそこまで稼げなくても平均年収以上の収入を得て活躍しているフリーランスWebデザイナーはたくさんいます。

知識やスキル、人脈などで年収が変わる

フリーランスWebデザイナーとして高年収を得られるようになるには知識やスキルだけではなく人脈も重要です。

人脈を広げることができれば収入源となる仕事先を増やすことにつながります。

そのためには営業力やコミュニケーション力も大切です。

フリーランスとして仕事をするには自分から仕事をもらうために営業をしなくてはなりません。

またその後も継続的に仕事をもらえるようにクライアントと良い関係性を築くためのコミュニケーション力も求められます。

SIer系とWeb系、どちらの年収が高いのか

Webデザイナーとして働いてきた実績や技術があればその技術を活かし、フリーランスエンジニアとしてさまざまな仕事を選択できるようになるでしょう。

会社員として働いていると与えられた仕事をすることが基本ですがフリーランスになれば自由度は高くなります。

しかし仕事を選択する際にSIer系とWeb系のどちらを選ぶかで悩む方もいることでしょう。

判断材料のひとつとして参考にしていただくためにSIer系とWeb系の年収について紹介します。

SierとWeb系は業務内容が違いますが、この2つに関しては業態が違うだけで年収に差が出ることはほとんどありません

したがってどちらのほうが年収が高いという判断は一概には難しいのです。

ただし自分に向いている業務内容を選ぶかどうかで年収に差が出ることは大いにあります。

自分の実力やスキルに合う仕事を選び、そこで成果を出すことで年収アップにつながっていくでしょう。

年収アップを目指すなら自分の実力が発揮できることを基準に仕事を選ぶのが適切な判断といえます。

SIer系のフリーランスエンジニアで稼ぐために必要なスキルとは

Webデザイン・開発

SIer系のフリーランスエンジニアで稼ぐためにはプログラミングなどの基本的なスキルがあれば問題ないとされています。

会社員Webデザイナーとして働いた経歴があればプログラミングやデザイン系の技術がありSIer系のフリーランスエンジニアとして十分に働けるでしょう。

ここではSIer系のフリーランスエンジニアに求められるスキルを確認していきます。

求められる基本的なスキル

プログラムのコード

SIer系のフリーランスエンジニアで稼ぎたいならJavaScriptが使えるなどプログラミングの基本的な技術があれば問題ありません。

技術以外のスキルではマネジメントスキルやコミュニケーションスキルなども重要です。

開発の際にはクライアントの要望をしっかりと聞いて要望通りの仕事を提供できれば高収入にもつながります。

キャリアがあるほど稼ぎやすい

スキルももちろん大切ですがこれまでに積み重ねてきたキャリアはフリーランスになった際に名刺代わりになります。

そのためWebデザイン系のフリーランスエンジニアではキャリアがあるほど稼ぎやすいといえるのです。

例えば会社員時代にはプログラマーやシステムエンジニアではなくプロジェクトマネージャーとして活躍した経歴があるとします。

SIerではプロジェクトマネージャーの価値が高いという見方をすることが多いためその経歴はフリーランスになったときにも役立つのです。

クライアントからの信頼を得ることができ、そのまま仕事へとつながっていくでしょう。

Webデザイン系のフリーランスエンジニアで稼ぐために必要なスキルとは

Webデザイン系のフリーランスエンジニアはSIer系とはまた別のスキルが必要です。

Webデザイン系のフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはどのようなスキルを持っていると有利かを紹介します。

プログラミング以外のスキルが多数必要

Web系のフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはプログラミング以外の技術が多数必要となります。

具体的にはサーバサイドシステムの開発経験、アジャイル型開発への理解と経験などがあるとよいでしょう。

ただし受ける仕事により必要ない場合もあるため必須ということではありません。

またPHPの知識が深いほどフリーランスの仕事を充実させられるといえます。

それに加えてWeb系でもマネジメントスキルやコミュニケーションスキルは重要です。

Webデザイナーならデザイン系のスキルは必須

Webデザインとコーディング

WebデザイナーにはIllustratorの他にPhotoshopやFlash、Fireworksなどグラフィックデザインの技術は必須です。

Webデザイナーはクライアントが企画したサイト設計書を参考にデザインを行う仕事があります。

Webデザイナーにしかできない専門的な仕事のためデザイン技術はとても重要です。

技術を磨けば磨くほど好条件の仕事を依頼されるでしょう。

その他HTMLやCSS、JavaScriptの知識や技術も必要となってきます。

Webデザイナーで年収1,000万円以上稼ぐことは可能か

会社員のWebデザイナーの場合

Webデザイナーは年収の差が大きいことは前述した通りですが年収1,000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。

会社勤めをしていると長い年月をかけてデザイナーからディレクター、プロデューサーへと段階を踏んでキャリアアップしていきます。

高い立ち位置までキャリアアップできれば年収1,000万円以上になることもありますが、会社の需要や経営方針によりキャリアアップができない可能性もあるでしょう。

独立してフリーランスになった場合

会社勤めで経験を積み高いスキルを持っていれば独立してフリーランスWebデザイナーになることも可能です。

コミュニケーション力や営業力も持っていればさらにフリーランスとしての活躍が期待できます。

そのため独立してフリーランスになった場合、会社員時代よりも年収が上がることも少なくありません。

フリーランスのWebデザイナーでも年収1,000万円以上に達する可能性は十分あるのです。

フリーランスWebデザイナーの年収を上げる方法

フリーランスWebデザイナーとして年収を上げたいなら会社勤めをしている内に人脈を構築しておく方法をおすすめします。

フリーランスになったばかりの時期は人脈が広いほど仕事に繋がることが多いのがその理由です。

Webデザイナーに限らず他のWeb系エンジニアやSier系エンジニアでも人脈は重要となってきます。

技術ばかりにとらわれずに人脈やコミュニケーション力を意識することも大切といえるでしょう。

フリーランスは個人で仕事をしているようなイメージが一般的かもしれませんが、一個人の力だけで成功することは難しいのが現状です。

仕事につながる人脈や仕事の相談ができる同業者の存在があることでフリーランスとしての仕事がうまくまわっていき、最終的に年収アップにつながっていきます。

会社員からフリーランスWebデザイナーになる際の注意点

注意

会社員からフリーランスWebデザイナーに転身する際の注意点は主に次の4点です。

  • クライアントを探すために自分で営業活動をしなければならない
  • 仕事がないこともある
  • 収入が安定しない
  • フリーランスになったばかりの頃は低収入になることが多い

営業活動が苦手な方はフリーランスで成功することは難しいかもしれません。

また会社員と違って収入が安定しないことにも注意が必要です。

体調を崩して仕事ができなくなった場合には収入がゼロになる可能性もあります。

会社員のように有給休暇もありません。

不安定な収入に関してのデメリットが目立ちますがもちろん一般的な会社員よりも大幅に稼ぐ可能性もあります。

以上の内容を考慮してフリーランスWebデザイナーとしての道を選択するのがいいでしょう。

総括

チャートとグラフが出力されている近代コンピュータ

フリーランスのWebデザイナーの年収は個人の経歴やスキルなどにより差が出てきます

良い仕事をもらうためにはマネジメントスキルやコミュニケーションスキル、営業力も重要です。

技術面以外にも必要なスキルがあることを念頭に置いたほうがいいでしょう。

また会社勤めをしている間に人脈を広げておくことも大切です。

人脈を活かしてフリーランスとして活躍できれば年収アップに繋がる可能性も高くなります

後にフリーランスへの転向を検討している方は今のうちから人脈を広げておくことをおすすめします。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP