loading...

thumbnail

クラウドテックの評判と特徴を徹底調査!マージン(手数料)や単価相場は?フリーランス向けや未経験者向けの案件内容もご紹介

フリーランスにとってエージェントサイト選びはとても重要です。

そこで今回は、クラウドテックについて徹底的にご紹介していきましょう。

クラウドテックとは

フリーランス協会

クラウドテックは、2015年にリリースされた企業とフリーランスを繋いでくれるサービスです。

クラウドソーシングサイトで最大級といわれているクラウドワークスを運営している会社でもあります。

2017年にはクラウドテックをプロフェッショナルなフリーランス向けのサービスにリニューアルしました。

フリーランス業界に長く携わっている企業なので、フリーランスへの理解度が高いことでも人気のサービスです。

クラウドワークとの違い

フリーランスSE

クラウドテックとクラウドワークスの違いはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

長期案件

会社 会議 契約 仕事 

クラウドワークスでは単発の仕事が中心に掲載されていました。

しかし、クラウドテックでは長期契約が中心となっており、常駐案件も多く掲載しています。

最近では在宅案件にも力を入れており、常駐とリモートの組み合わせ完全リモートの案件も増えているようです。

フリーランスとしてより自由な働き方を選択しやすいように、週3や週4の案件を豊富に扱っているのも特徴といえます。

案件の種類

IT企業 会社 

クラウドテックでは長期案件を扱っていることもあり、エンジニアやプログラマ案件が中心の状態です。

クラウドワークスのように幅広い案件を扱っていく予定ではあるものの、まだ案件に偏りがあります。

ライターや翻訳の案件をお探しの場合であれば、クラウドワークスを利用した方が断然早く見つかるでしょう。

これからはエンジニア以外の案件も取り扱っていくことが期待されています。

そのため、フリーランスとしてより幅広い仕事に携わっていけるのではないでしょうか。

エージェント

握手するビジネスマン

クラウドワークスでは自分で案件を見つけて応募し、質問や条件交渉についても自ら行う必要がありました。

しかし、クラウドテックでは専任のキャリアサポーターが担当してくれるのが特徴です。

まずはキャリアサポーターと面談を行い、希望の法主や勤務日数などのヒアリングが行われます。

その後、希望に沿った案件を複数紹介してもらうことができるのです。

自ら案件を探す必要がないので、すぐに仕事を始めやすいのもクラウドワークスとの違いといえるでしょう。

クラウドテックで面談を行い、最短で面談から3日後には仕事をスタートできたという口コミもあります。

面談はテレビ電話でも可能なので、自宅などから都合の良い日時に相談や仕事探しを行うことが可能です。

クラウドテックの特徴

会議

ここからはクラウドテックの特徴をご紹介していきます。

関西エリア案件も豊富

ビルの屋上でスマホを使うビジネスマン

フリーランスエンジニアの案件には、まだまだ東京都心の案件が多いのが実情です。

しかし、クラウドテックでは登録社数14万社以上の中に上場企業や大手企業が豊富にラインナップ

そのため企業の支社との繋がりがあり、地方案件も充実してきています。

2016年にはクラウドテックの会社であるクラウドワークスの大阪営業所ができました。

大阪を中心に名古屋や兵庫などの関西エリアの案件も強化しています。

地方でも大手や大企業の案件も多いので、東京の案件でなくても高収入が目指せるのも特徴です。

2017年には福岡営業所もでき、今後もエリアの拡大が期待されています。

高単価

起業家のオフィスでデスクトップで詰め物をした封筒を開く

クラウドテックの案件には、高収入案件が多いのも特徴といえるでしょう。

月額報酬が100万円を超える案件もあり、他のフリーランス向けサービスと比べても目を惹きます。

クラウドワークとしての活動や企業としての信頼度も高いため、求人掲載企業からも信頼されやすいのでしょう。

また、クラウドテックの高収入案件には一部常駐型や常駐型が多く、勤務先への出勤が求められるものが多いようです。

プロフェッショナル向け案件が多いため、責任感の大きいもの時間の拘束があるものが高単価の理由といえるかもしれません。

しかし、高単価だとしてもフリーランスの場合は、ボーナスを支払われないことや社会保障費も考慮して判断しましょう。

高単価だとしても、冷静に単価を見極めることが必要です。

長期契約

クラウドテックの案件には契約終了時期が明記されていない超長期案件が多いのも特徴です。

フリーランスでも安定した仕事を獲得したいという方にとっては嬉しい案件といえるでしょう。

煩わしい人間関係に深く立ち入ることなく長く働くことが可能なので、仕事へのストレスも軽減することができるかもしれません。

フリーランスで働きたいけれど安定した仕事は確保しておきたいという方に、賢く利用できるサービスになっています。

クラウドテックのサポート

達成した

フリーランス向けサービスではサポートも重視したいところ。そこでクラウドテックのサポートについて詳しくご紹介しましょう。

キャリアサポーター

ステップアップ

クラウドテックでは専属のキャリアサポーターが担当してくれます。

スキルや働き方に合わせた仕事を選んでくれるだけではなく、社風や拘束時間なども検討して紹介してくれるでしょう。

そのため、企業とフリーランスのマッチング率が高く長期案件でも安心して働き始められると好評価を得ています。

フリーランスサービスでは仕事のマッチングが何より大切なので、安心して利用できるサービスではないでしょうか。

福利厚生

福利厚生

クラウドテックは長くフリーランス業界に携わっているので、フリーランスのデメリットを上手くカバーしてくれます。

それが福利厚生のサポートです。クラウドテックの福利厚生には、医療から保険・娯楽・育児など幅広い福利厚生が整っています。

とくに家庭を持つフリーランスに人気なのが「クラウドワーカーあんしん保険」です。

万が一病気やケガで仕事ができなくなってしまったときのために最長10年間、毎月5万円ずつ支給してもらえます。

加入には条件がありますが、万が一のために加入する方が多いようです。

クラウドテックのお金について

仕事 収入

クラウドテックのマージン(手数料)や単価相場はどうなっているのでしょうか。

クラウドテックのお金について詳しく解説していきましょう。

マージン(手数料)

お金

クラウドテックのマージン(手数料)は、案件ごとに異なり一律の金額ではないようです。

しかし、ほとんどが他のサービスと同じ発注金額の20%に設定されていることが多いとされています。

報酬が多い案件はマージン率も高い場合もあるかもしれないので、案件ごとにマージン率のチェックが必要です。

マージン率に関しては他のフリーランス向けサービスと変わらないので、特徴やサービス内容で見比べるべきでしょう。

単価相場

給料ランキング

クラウドテックは単価相場が高い案件が豊富にあることが魅力の1つです。

月額130万円といった100万円を超える案件も豊富なので、高単価案件を探したい方におすすめといえるでしょう。

また、完全常駐だけではなく一部在宅可能な案件もあるので、フリーランスのメリットも活かすことができそうです。

しかし、高単価案件には週5日のものが多いのも特徴といえるでしょう。

週3や週4案件でも仕事の組み合わせ次第で高収入を目指すことも可能です。

クラウドテックの案件

仕事探し

ここからはクラウドテックの案件内容について詳しくご紹介していきます。

クラウドテックのフリーランス向け案件

会社 エンジニア

クラウドテックのフリーランス向け案件は、全体の90%が非公開案件とされているようです。

クラウドテックは登録費用がかからないため、実際に登録してキャリアサポーターに相談するのがおすすめといえるでしょう。

特に非公開案件には上場企業や大手企業が豊富です。

そのため、安定した案件を獲得したい場合には非公開案件の獲得を目指すべきでしょう。

上場企業や大手企業の案件を受け持つことで、今後のフリーランスの経歴としてもキャリアアップに繋がるはずです。

クラウドテックの未経験者向け案件

仕事探し

クラウドテックの案件は高収入案件が多いこともあり、高度なスキルが求められるものが多い傾向にあります。

また、2017年にプロフェッショナル向けサービスへ転向したため、未経験案件は少ない傾向にあるでしょう。

経験者にはおすすめの案件が多いですが、未経験や新卒フリーランスには獲得が難しい案件が多いのが特徴です。

もし未経験からフリーランスになるのであれば、クラウドワークで経験を積んでみるのもいいでしょう。

スキルによっては紹介可能な案件もあるかもしれないので、キャリアサポーターに相談してみるのがおすすめです。

クラウドテックのメリット

目標

クラウドテックにはどのようなメリットがあるのでしょうか。クラウドテックのメリットについてご紹介します。

安定が得られる

保険、カスタマーケア、サポート

クラウドテックの案件の特徴には、長期契約と常駐の組み合わせが多いです。

フリーランスのデメリットは不安定であることなので、長期契約でフリーランスのデメリットを軽減させることができます。

クライアント側の信頼できる人に仕事を継続して依頼したいという意見も反映されています。

そのためクライアントとフリーランスのwin-winの関係といえるでしょう。

今まではフリーランス案件には単発のものが多い傾向がありましたが、現在は長期契約案件が増えている傾向です。

これからよりフリーランスが働きやすい環境になっていくことが考えれられるでしょう。

支払いサイト

フリーランス支払

クラウドテックのメリットには、支払いサイトの短さが挙げられます。

給与支払いは最短15日で出金可能になりました。これは2016年のリニューアル新たに追加されています。

「当月末締め、翌月15日払い」の支払いサイトは、業界でも最短クラスといわれているのも特徴です。

通常フリーランスの支払いサイトは翌々月末払いと長く期間が開いてしまうことが多いので、嬉しいサービスといえるでしょう。

フリーランスになりたての人や報酬をなるべく早く受け取りたい方にもおすすめです。

クラウドテックのおすすめの利用方法

フリーランス 悩み

クラウドテックはどのように利用すれば賢く使えるのでしょうか。おすすめの利用方法をご紹介します。

2つの案件を組み合わせる

コミュニケーション

クラウドテックの案件には週3や週4の案件が多く揃っているようです。

そのため月水木はA社で、火金はB社というように2つの案件を組み合わせる働き方が主流となっています。

また、違う案件を受け持つことで気分転換になったり、フリーランスとしてのスキルアップに繋げることも可能です。

フリーランスの様々な案件を受け持つことができるメリットを有効活用できるのもクラウドテックの上手な使い方といえそう。

収入の柱を複数持っておくことで、会社員より安定した働き方を実現させることもできるでしょう。

長期案件と単発案件を組み合わせる

考える男性

クラウドテックで安定した長期案件を継続しつつ、単発案件でスキルを磨くこともできます。

フリーランスでも長期案件があることで、空いた時間でスキルアップや起業をすることも可能です。

起業するとなると貯蓄を切り崩してというイメージがありました。

しかし、フリーランスとして働くことで起業へのハードルも低くなったといえるでしょう。

起業しながら安定した収入を得る手段として使うのもおすすめです。

また、エンジニアとして市場価値を上げるためにスキルアップとして単発案件と組み合わせることも賢い使い方といえます。

クラウドテックの評判

仕事探し ニュース

クラウドテックの評判は総じて良い評判が多い傾向にあるようです。

「希望に合った案件を紹介してもらえた」という口コミや評判が最も多く、キャリアサポーターのフォローは信頼できるでしょう。

また、契約終了後もすぐに次の仕事を紹介してもらえることでも評判で、仕事への不安もなくなるかもしれません。

なんといっても仕事をすぐに紹介してもらい、働き始めるまでの期間が短いことはフリーランスにとって重要なことです。

クラウドテックはフリーランスにとってもいい環境を定休してくれるでしょう。

クラウドテックを上手に利用するべき

Web系エンジニア

クラウドテックは、フリーランスとして働く上でも安定した仕事が欲しい方向けのサービスということがわかりました。

しかし、正社員とは違うので報酬などを考慮して仕事を選ぶべきでしょう。

上手に利用すれば、長期雇用案件もメリットのある働き方が実現できるはずです。

フリーランスのデメリットをメリットに変えてくれるクラウドテックを上手に利用していきましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP