loading...

thumbnail

DTPデザイナーとは?仕事内容と年収を徹底解説!なるために必要な資格は?需要と将来性も確認。Webデザインとの違いも紹介


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/astarcojp/agency-star.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/agency-star/single-column.php on line 36

デザイン業界に興味がある人は、DTPオペレーターと並んで目にしたり耳にしたりすることが多い職種・DTPデザイナー

この記事ではDTPデザイナーについて詳しく紹介します。

  • DTPデザイナーに興味がある
  • DTPデザインとは何か
  • DTPデザイナーとwebデザイナーは同じ仕事内容なのか
  • DTPデザイナーの仕事内容について詳細が知りたい
  • DTPデザイナーになるための条件とは何か
  • DTPデザイナーにおすすめの資格はどういうものがあるのか
  • DTPデザイナーのキャリアパスについて調べている

当記事は、DTPデザイナーという職種について詳しく知りたい人にマッチする内容をご提供します。

DTPデザイナーとは

アプリケーション イメージ

DTPデザイナーとは、印刷物を制作する現場で必要とされる職種です。

この項目では、DTPデザイナーについて他面的に見ていきましょう。

正式名称

DTPデザイナーは「Desk Top Publishingデザイナー」の略称です。

デザインから印刷用の入稿データまでの制作を担います。

対象は印刷物

DTPデザイナーが担当する対象は「広告」「本・雑誌」「ポスター」「DM」など紙媒体の印刷物です。

Adobeのソフト「Photoshop」や「Illustrator」などのグラフィックソフトを使用してデザインし、「InDesign」のよう

な編集ソフトで写真やイラストなどの素材をベストバランスでレイアウトします。

DTPデザイナーの使命は、クライアントが求めている印刷物を作り上げること

最近はデジタル作業が多いことから、グラフィックデザイナーDTPオペレーターなどの職種と同じ仕事内容になることも多いです。

DTPデザインとwebデザインの違い

PC 男女 フリーランスエンジニア

DTPデザインwebデザインはどう違うのでしょうか。

この項目では、一緒にされがちなDTPデザインとwebデザインの違いについて解説します。

webデザインはwebサイトをデザインすること

webデザインとDTPデザインの大きな違いは、デザインする対象物が「web」か「紙媒体」かということです。

webデザインはパソコンやスマートフォンを利用して閲覧するwebサイトのデザインです。

webデザイナーは全体のレイアウトを決め、配色やロゴ、文字などの配置場所を決めます。

中にはコーディングも自分でやるというwebデザイナーも。

webデザイナーは見た目を美しく飾るだけが仕事ではありません。

webサイトの使用感の良さも重視しています。

使い心地の良さはユーザーの満足度に直結し、クライアントの売上・問い合わせを増加させるプラスのリアクションを獲得することができます。

紙媒体とweb媒体の大きな差

ビジネスマン、契約

DTPデザイナーは印刷物を取り扱います。

紙の制作物を修正するとなると大きな負担が生じます。

そのため、印刷する前に「完璧な状態」にさせなければなりません。

紙の質や色の出方1つとってもこだわり抜く必要があるでしょう。

その点、web媒体の修正は紙媒体に比べて容易です。

何度修正を積み重ねたとしても、「これ以上修正を入れることはできません」ということにはなりません。

DTPデザインは必要ない部分を切り捨てる引き算、webデザインは中身をより充実したものとする足し算というイメージです。

同じソフトでも使い方が違う

DTPデザインもwebデザインも、「Photoshop」や「Illustrator」などのグラフィックソフトを使用します。

しかし、同じソフトでもそれぞれ使い方が違ってきます

DTPデザインの場合、デザインに使用するのはIllustratorやInDesign。

写真加工にPhotoshopを使うことが多いです。

対するwebデザインの場合、データ制作(ロゴやイラストなど)の時に使用するのはIllustrator。

デザインにはPhotoshopなど使い方が違ってきます。

DTPデザイナーとDTPオペレーターの違い

パソコンでビデオ会議するフリーランス女性

DTPデザイナーとDTPオペレーターの違いについて説明できますか?

DTPオペレーターはDTPデザイナーの担っている業務内容に似た業務に従事する職種です。

しかし、「似た業務」とは書きましたがDTPデザイナーとDTPオペレーターの仕事内容には明確な違いがあります

この項目では、そんな2つの職種の違いについて紹介します。

DTPオペレーターとは

DTPデザイナーとは「Desk Top Publishingオペレーター」の略称です。

印刷用の入稿データをパソコンで制作する役目を持っています。

DTPデザイナーが作ったデザインに修正や加工をおこなう仕事

DTPオペレーターはデザインする仕事ではなく、パソコンを使ってDTPデザイナーの作ったものをより良くするために調整する任務を担っています。

ただ、職場によってはDTPオペレーターというポジションを設けていないことも。

その場合は、DTPデザイナーがDTPオペレーターの役割も担うことになります。

DTPデザイナーの仕事内容

考える男性

「DTPデザイナーとは」でも少し説明しましたが、DTPデザイナーの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

クライアントの要望に沿った紙面をデザインする

DTPデザイナーとしてメインの仕事。

それは、クライアントが求める「コンセプト」をユーザー(制作物を見る人)にデザインを通して伝えることです。

素材を駆使してデザインする

クライアントから指定されたイラストや写真、文字などの素材。

自身やプロジェクトメンバーが見つけた制作物に合う素材を活用し、デザインします。

デザインしたものを印刷データにする

PhotoshopやIllustratorなどのビジュアルソフトを使って作成した制作物を印刷できる状態……データにします。

どこに何を配置するか、どんな色の文字にするかなど、自分のセンス1つで制作物は様変わりします

DTPデザイナーのセンスやスキルによって、制作物の仕上がりは変わると言っても過言ではないでしょう。

仕事の流れ

プロジェクトが立ち上がる

ミーティング:プロジェクトメンバーと進捗状況やコンセプトの確認などを行う。

デザインする:プロジェクトのコンセプトに合致する制作物を作るべく、デザインに取り組む。

制作物の提出・修正:出来上がった制作物をディレクターに提出。

修正が必要であれば、OKが出るまで何度も手直しする作業が必要です。

休みについて

DTPデザイナーの休みは人によってまばらです。

広告業界というのは色んなプロジェクトを抱えています。

そのため、いつも締め切りに追い立てられて残業や徹夜が発生したりします。

休日出勤することもあるでしょう。

最近は出社時間を調整したり、代休を確保するなどして激務になりすぎないようにしている企業が多いようです。

なお、フリーランスの場合は自分の裁量で仕事量や休みを決めることができます。

休みも仕事

休日出勤でもないのに仕事をする、というわけではありません。

出かけた先で良いデザインの広告を見かけたりした時「自分はこういう工夫をする」などイメージを膨らませることが多いです。

休みの日でも息をするようにDTPデザインのことを考えているDTPデザイナーは多数存在します。

DTPデザイナーの魅力

パソコンの前で微笑む男性

達成感を得られる

印刷物を作り上げるのに携わるので、制作物が完成した時の「やり切った」という気持ちはとても大きいです。

自分が作ったものを、ふとした拍子に見かけたら思わず笑顔が浮かんでしまいそうです。

「たくさんダメ出しされたな」

「修正後の制作物を、クライアントがいたく気に入ってくれたな」

制作物を作る過程で感じた様々な思いが脳裏をよぎるのではないでしょうか。

多くの人の目に触れることとなる制作物を作った自分。

DTPデザイナーとして全力を出し切った自分を誇らしく思うような達成感を味わえます。

無から有を創り出す楽しさ

DTPデザイナーは色んな素材をつなぎ合わせて無から有を作り出す仕事です。

それぞれ別の色を持っていた素材をうまく配置し、ベストな状態にする……。

その工程は大きなやりがいに繋がります。

独立を視野に入れることができる

DTPデザイナーとして実力をつければ、フリーランスとして仕事を受注することもできるようになります。

色んな経験をすればするだけ自分の力となり、キャリアアップを望めるでしょう。

DTPデザイナーに必要な素質

考える女性

DTPデザイナーになるために必要な素質についてお伝えします。

デザインに対する情熱がある

デザインが好きという気持ちはDTPデザイナーにとって非常に大切なものです。

魅力的なデザインとは何か。

人の心に残るデザインとは何か。

そういったことを考えて真摯にデザインに対して向き合うことができる人は、DTPデザイナーに向いています。

特に紙媒体のデザインに対する興味があると良いでしょう。

デザインセンス

デザインへの情熱と通じるところがありますが、デザインセンスを持っていることもDTPデザイナーにとって欠かせない素質といえます。

センスがなければ、クライアントやユーザーの心に刺さる制作物を作り出すことは難しいでしょう。

諦めない気持ち

時には挫けてしまいそうなくらいの修正の嵐と遭遇することもあるでしょう。

そんな時でも挫けることなく、コツコツとデザインの修正や調整をおこなえるのは大切なことです。

責任感があり細かい作業が得意

1ミリ以下の単位で素材の配置を決める作業。

そんな緻密な作業が得意という人もDTPデザイナーに向いています。

最後まで投げ出すことなくやり遂げる責任感を持っている人もDTPデザイナーとしての素質があるといえるでしょう。

DTPデザイナーが持っておきたい知識・スキル

サポートエンジニア

DTPデザイナーになりたいなら、何はともあれ「グラフィックソフト」や「編集ソフト」を使いこなせることが重要です。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • InDesign

上記3つのソフトに関する知識・スキルがあると良いでしょう。

DTPデザイナーの年収

この項目では、DTPデザイナーの年収についてご紹介します。

DTPデザイナーの年収は経験年数やスキルなどによって変化します。

新卒の場合は300~400万円程度が平均年収です。

経験を積んでスキルがある状態で転職した場合はもう少し年収は上がります。

勤務先が大手かそうでないか、勤務先の種類によって年収に差が出て来ることになるでしょう。

ただ、最近は業界全体で低年収傾向が見られます。

長年同じところに勤めていても収入が大幅にアップする可能性は低いといえるでしょう。

そのため、スキルを積んでもっと良い会社に転職するという人もいます。

フリーランスの場合は先に挙げた年収の数倍得る人もいます。

しかし、フリーランスは仕事を自身で獲得しなければなりません。

中には、営業が苦手で思うように稼げない人も……。

このように、DTPデザイナーの年収は「所属する場所」「経験年数」「スキル」「営業力(フリーランスの場合)」などによって変わってきます。

DTPデザイナーの働き方

DTPデザイナーの働き方としては、下記の2つがあります。

  • 企業(広告代理店・印刷会社・出版社など)への就職
  • 独立してフリーランスとして活動する

学生時代にデザインの基礎を勉強してから企業へ就職する人もいますが、未経験でも採用する企業もあるようです。

DTPデザイナーになるための条件

エンジニア

DTPデザイナーになるための条件についてご説明します。

学歴が必要になる・特定の学校を卒業しなければならないなどといった決まりはありません。

ですが、「DTPデザイナーが持っておきたい知識・スキル」でも述べたように、グラフィック・編集ソフトに関する知識・スキル

そして印刷に関する知識が求められる職種ではあります。

DTPデザイナーにおすすめの資格

ビジネスマンの手のズーム

DTPデザイナーとして働きたい人は、下記の資格を取得するのがおすすめです。

  • アドビ認定エキスパート(ACE)
  • DTP検定
  • DTPエキスパート認証試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験

DTPデザイナーが使用するソフトについての知識を深めることができます

DTPデザイナーの求人は多いのか?需要について

DTPデザイナーを募集しているのは「広告代理店」や「広告制作会社」、「印刷会社」に「デザインプロダクション」など多岐にわたります。

入れ替わりの激しい職種なのでたくさん人を募集していてもおかしくありませんが、DTPデザイナーの求人は減少傾向にあるようです。

その理由の1つとして、web媒体の台頭が挙げられます。

紙媒体よりもweb媒体で広告を出す企業が増加しているため、DTPデザイナーの求人が減ってきています

全く求人がないわけではありませんが、需要はさほど……というのが現実です。

DTPデザイナーの将来性

web媒体に飛び込む企業が増加する中、web業界のデザイナー求人は増加傾向にあります。

DTPデザイナーとして働いていたけれど、webデザイナーに転身する人も多くいます。

その他、経験を活かしてアートディレクタープロデューサーとして活躍する道も考えられるでしょう。

まとめ

DTPデザイナーについて詳しくご紹介しましたが、求めていた疑問に対する答えは見つかったでしょうか。

記事内で「DTPデザイナーは、紙媒体の制作物が減少傾向なので先細りが心配だ」という主旨の説明をしました。

ですが、DTPデザインを極めてスペシャリストとして活躍したいのなら話は大きく変わってきます。

DTPデザインについて専門的に学び、フリーランスへの道を切り拓いても良いでしょう。

DTPデザイナーだけでなくweb知識も身につけて「DTPデザイナー」と「webデザイナー」の肩書きを持つのも良いでしょう。

「自分はDTPデザイナーとして経験を積んだあとに他の職種に就きたい」という考えもありです。

DTPデザイナーになった先に待っているのは、十人十色の未来。

今、DTPデザイナーになりたいという夢を持っているのなら、その夢を実現するための一歩を踏み出してみましょう。

この記事が行動を起こす1つのキッカケとなれることを願っています。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP