デジハリ・オンラインスクールとは

IT会社で働く人々


デジハリ・オンラインスクールは自宅で学べる通信講座です。

仕事が忙しい人でも、空いた時間を利用して効率的に学習することができます。


オンライン環境があれば受講可能

Young designer at work


ネットに接続することができるパソコンがあれば受講可能なのは、日々時間に追われている人にも有り難いメリットです。

動画授業は何度も閲覧することができるので、「わかった」と自身が納得するまで反復学習できます。

動画を見るのはスマホやタブレット端末にも対応しているため、出先で勉強するのにも適しています。


充実のサポート制度あり

オンライン授業を受講し、動画を見てテキストを読む。

それだけだと、わからない箇所を放置してしまう恐れがあります。

デジハリ・オンラインスクールは実習中の疑問・質問をすぐに投げかけられる「質問BOX」を設置しており、質問BOXに投げた問いにはプロデザイナーが回答してくれます。

質問回数が無制限なのも見逃せません。

その他、学習の進捗や課題提出・添削などのサポートもおこなってくれます。


仲間ができる

オンラインスクールは孤独との戦い……と思われがちですが、デジハリ・オンラインスクールは違います。

デジハリ・オンラインスクールはクラス制を採用しており、自宅で学習しつつも共に目標に向かって進む仲間ができます。

受講生オンリーのSNSもあり、良い刺激を受けることができるでしょう。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座について

エージェント


デジハリ・オンラインスクールが開講しているAdobeマスター講座とはどんなものなのかについてご紹介します。


基本情報

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)の基礎をマスターするための知識が詰まった講座です。

デジタルハリウッドが蓄積してきた20年の教育ノウハウ。

それを基盤にして作成された「63時間の基礎動画教材」と「1年間使えるAdobe Creative Cloud」。

この2つがセットになった講座――それがデジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座です。


特徴①オンライン動画教材

先にも述べたとおり、Adobeマスター講座には「オンライン動画教材」がついています。

教材で学べるのは以下の4つです。

  • Illustrator/Photoshop実習
  • HTML/CSS/Dreamweaver実習
  • After Effects/Premiere実習
  • Flash/ActionScript実習

実習ごとの詳細についてはこちらにあるPDFで確認できます。

クオリティが高い上に2倍速で再生することもできるため、時間がない人も取り組みやすいでしょう。


特徴②課題の添削をしてもらえる(2ヶ月)

授業を通して作成した課題は、プロのクリエイターとして活躍している講師が添削してくれます。

ただ、課題を提出するかどうかは任意です。「課題とかはちょっと……」という人も安心して受講できます。


特徴③Adobeソフトの基礎教材が見られる

1ヶ月間限定ではありますが、Adobeソフトの基礎教材の動画を視聴できます。

知識を得られるソフトは以下です。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • After Effects
  • Premiere
  • Animate CC


特徴④Adobe CCの学生・教職員版ライセンス1年分

これがこの講座最大の目玉といっても過言ではありません。

どのくらいお得にAdobe CC(Adobe Creative Cloud)をゲットできるかについては後述します。


デジハリ・オンラインスクールでAdobe CCをお得に買う方法

勉強机


デジハリ・オンラインスクールの「Adobeマスター講座」を受講しさえすれば、Adobe CCを格安で手に入れることができます。


気になる価格

Adobeマスター講座の受講料のみ。ソフトの料金は必要ありません。

デジハリ・オンラインスクールは、1994年創立から今に至るまで、デジタルクリエイティブ教育に大きく貢献してきました。

その実績を評価したアドビ社から「プラチナスクールパートナー」として認定を受けたのです。

そういった経緯から、特別価格でAdobe CC付きの講座を提供できるというわけです。

公式で購入できる通常版と比較するとわかりやすいのですが、明らかに安いです。


通常版との違い

値段が安いので不安になる人もいるかもしれませんが、違いはありません。同じようにソフトを使うことができます。

一部機能が制限されるなどということはありません。

PhotoshopIllustrator、Webサービス(Adobe Fontsなど)も使用可能です。


Adobe CCはライセンスカードで入手する

以前はパッケージカード版があったAdobeマスター講座ですが、現在はシリアルコード版のみの対応となっています。


インストールできる台数

1ライセンスで2台までインストール可能。

なお、2台同時に動かしたりはできないのでご注意ください。


受講が終わってもソフトを使えるかどうか

Adobeマスター講座の受講が終了しても、Adobe CCは1年間(シリアルコード登録時点から)利用することが可能です。


デジハリ・オンラインスクールでAdobe CCを購入する時の注意点

コンピューターを操作する人


Adobeマスター講座でもらえるのは、Adobe CCのライセンス1年分です。

ですから、2年目以降は使えなくなってしまいます。

もし2年目以降もお得にAdobe CCを購入したいなら、再度Adobeマスター講座に申し込むのも1つの手でしょう。

ですが、教材やその他の特典に変更はないためお得だと思えないかも。

かといって、Adobeサイトで更新手続きをすると通常版で更新することになるので要注意です。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座①価格・支払い方法

ノートパソコンに置いた木のブロック


ここからは、Adobeマスター講座の細かい情報を紹介していきます。まずは価格と支払い方法について見ていきましょう。

Adobeマスター講座の価格は税込39980円です。

支払い方法は、クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済の中から好きなものが選べます。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座②期間

男性 フリーランスエンジニア


3ヶ月間となっています。

Adobeマスター講座は入門講座に位置づけられています。

色んなAdobeソフトを使ってみて「これだ」と思うソフトを見つけるのに最適な講座です。

ですから3ヶ月以内に全ての学習を終えることを目的としておらず、各ソフトのさわりを提供する内容になっています。

より専門的に学びたいと思うなら、本格的な学習ができる講座を受講するのが良いでしょう。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座③勉強方法

議論するグラフィックデザイナー


付属の「基礎動画教材」でAdobeソフトの魅力を学びましょう。

各ソフトの基本操作や使い方などを丁寧に説明しているので、動画を視聴したあとAdobe CCで実際に動かしてみると理解しやすいです。

知識を得たらすぐに手を動かしてみると、覚えが早くなります。

HTMLについて学べるのも嬉しいところ。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座④学習時間

PC デスク


基礎動画教材」を全て視聴するとなると、63時間かかります。

3ヶ月の猶予があるので、じっくりと自分のペースで進めていくと良いでしょう。

ただ、動画教材はオンデマンド配信となっているため、受講が終了すると視聴できなくなってしまいます。

なので「あとで閲覧する」と後回しにしていると、結局視聴できないまま3ヶ月経過……という事態にならないとも限りませんのでご注意ください。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座⑤サポート・特典

PC デスク


「デジハリ・オンラインスクールとは」で、デジハリ・オンラインスクールはサポートが手厚いと述べました。

ですが、Adobeマスター講座は「Adobeソフトの入門」というポジションに立っていることもあり、サポート・特典が限定されます。

Adobeマスター講座のサポート・特典は下記3つです。

  • 基礎教材の閲覧(1ヶ月間)
  • 課題添削(2ヶ月間)
  • Adobe CC(1年間)

どれも期間限定のサポート・特典となっています。

Adobeマスター講座をくまなく利用したいなら、最初の1ヶ月は特典として視聴可能な「Adobeソフトの基礎教材」から学ぶと良いでしょう。

2ヶ月目に入ったら動画教材を視聴しながら課題をこなしましょう。

課題の内容は「グラフィック」「Webデザイン」「Flash」の3つ。

それぞれの課題にテーマが2~3個あるので、それに沿って制作を進めてください(それぞれ3回までの添削・再提出ができます)。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座⑥評判



Adobeマスター講座の評判は高いです。

教材の質が良いところもですが、Adobe CCを安く手に入れることができることが、評判の高い大きな理由の1つとなっています。

そもそも、Adobe CCを安く買えるから、ということでAdobeマスター講座を選ぶ人もいるくらいです。

Adobe CCを使いたいけど、どうにかして安く手に入れたいと思う人はとても多いです。

そういう人にとってAdobeマスター講座は、飛びつきたくなるほど好条件な講座といえるでしょう。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座⑦向いている人



Adobeマスター講座の受講に向いている人の特徴についてご覧ください。

  • とにかくAdobe CCを安く手に入れたい
  • Adobeソフトを実際に触ってみたい
  • Adobeマスター講座のテキストで学びたい
  • プロに添削してほしい

「当てはまっている」と思ったら、公式サイトにアクセスしてAdobeマスター講座の中身をじっくりチェックしてみましょう。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座⑧受講までの流れ



Adobeマスター講座を受講するまでの流れについて解説します。


講座を受講するまでにかかる時間

Adobeマスター講座は、申し込んで支払い確認ができたらすぐに受講がスタート。

受講者ID」と「ライセンス」がメールで送られてきます。

年中無休・24時間講座に申し込むことが可能なので「早くAdobeソフトを学びたい!」という気持ちが萎まないうちに始められます。

ただし、受講をスタートさせると受講期間を変更したり休学したりはできません。

「◎日から受講をスタートさせたい」という明確な日にちが決まっているのであれば、受講をスタートさせたい日に申し込むようにしましょう。


公式サイトから申し込む

公式サイトから申し込みましょう。

この講座にお申し込み」をクリックし、受講環境や約款を確認します。

確認が終わったら「Adobeマスター講座にお申し込み」を押下。


ポップアップの内容を確認

手続きが完了したらキャンセル不可の旨がポップアップで表示されます。

「OK」ボタンを押して先に進みましょう。


次へ進む

ショッピングカート内は空っぽの状態です。

お客様情報入力画面に進む」を押しましょう。


申込者情報を入力する

名前や住所、電話番号・メールアドレスなどの個人情報を入力します。

パスワード入力欄もあり。

支払い方法やアンケートを入力して次へ進みます。

画面の指示に沿って進んでいけば申し込みは完了です。

すぐに送られてくる「受講者ID」と「シリアルコード」を確認し、Adobe CCを使ってみましょう。


まとめ

議論するグラフィックデザイナー


デジハリ・オンラインのAdobeマスター講座について解説しましたが、いかがでしたか。

Adobeマスター講座は専門的なことを学ぶ前段階の講座。

デジハリ・オンラインスクールの特徴を掴むため、Adobeソフトの入門講座として利用することができます。

Adobe CCを安く購入することができるのも見逃せないポイントです。

Adobe CCを使ってみたいならぜひ、安い上に色んなサポート・特典がついているAdobeマスター講座の受講を考えてみてください。