loading...

thumbnail

派遣エンジニアの業種と収入相場を徹底解説!抑えておくべきメリットとデメリットも紹介!高まる需要と活躍の場もチェック

派遣エンジニアを業種別に紹介

デザインのプロジェクトを行う男性
現在、需要の高まり続ける「IT」の場において、派遣社員として登録している方は多いことでしょう。

今回の記事では派遣エンジニアの方向けに、それぞれの業種による収入相場、メリットとデメリットを徹底解説いたします。

システム開発エンジニア

デスクトップでコーディングする若い男性
まずはエンジニアの花形であるシステム開発から確認していきましょう。

ここで扱うのは主にプログラミング言語によるアプリケーション開発、システム構築といった業務内容です。

システム開発エンジニアの収入相場

プログラムコードとキーボード

人月単価(派遣)

  • 初級エンジニア 30万円~(業務内容次第で下回る可能性もあり)
  • 上級エンジニア 60万円~(プロジェクト次第で200万円クラスもあり)

人月単価(フリーランス)

  • 初級エンジニア 50万円~
  • 上級エンジニア 100円万~

「開発」という仕事内容は多岐に渡るため、収入揺れ幅は非常に大きく、携わるプロジェクト次第ではありますが100万円の大台に乗った派遣も存在しています。

現在では単価100万円として扱われることも多いため、自身能力と仕事内容を照らし合わせて見ていかなければなりません。

またプロジェクトでの登用が多く、年収ではなく人月単価として算出されます。

システム開発のメリット

若い男性の仕事

システム開発は具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

仕事を選ぶことが出来る

自分に少しでも条件の良い職場を選ぶことが出来ます。これにより自身が望むワークライフバランスを叶えることが可能です。

また派遣形態の場合、案件が自分に合わないのであれば気軽に辞める事もできます。

働き方が自由である、というのは大きなメリットの一つでしょう。

様々な会社を知り、技術を吸収することが出来る

仕事先内部のシステムの根幹に関わることが出来るため、その会社がどういうところか見定めることが出来ます。

その会社にある技術を吸収していけば、より高いレベルのエンジニアとして活躍していけるでしょう。

やがてフリーランスとなれば派遣先にマージンが取られず、より高い収入を目指すことも可能になります。

システム開発のデメリット

システム開発はメリットがある一方で、デメリットがいくつか目立つ業種でもあります。

具体的に紹介していきましょう。

案件の取り合いが発生しているため、収入が不安定となる可能性がある

より良い案件には、それだけ多くのエンジニアが参画しようと考えています。

より高いレベルや経験を持ったエンジニアが登用されやすい事を考えると、上手に仕事を探せなかった場合は自分の能力よりも低い単価のプロジェクトに参加する事になるかもしれません。

業界の年齢に偏りがある

現在システム開発を求める会社は「より安く」という観点で雇おうとしているケースが多くみられます。

そのため若い世代でこの職を目指そうとしている人はそれほど多くありません。

メリットになりえますがその分顧客の要望が増えていくため、自然と負担が大きくなってしまう可能性があります。

システム開発エンジニアの職種需要

ビジネスマンの手元のクローズアップ
システム開発エンジニアの職種需要は高いです。

しかし当然ながら良い案件ほど高いスキルが求められており、競争が発生しているため、よりスムーズに仕事を斡旋してもらえる派遣への登録やツテが必要になります。

派遣とフリーランスのどちらが良いのか

派遣にはマージンという制度があるため、当然フリーランスで働くよりも給料が大きく下がってしまいます。

仕事内容も大差が無いため、圧倒的にフリーランスで働くほうが良いのです。

しかし必要な知識や経験は当然必要なため、まずは登用されやすい派遣で未経験者を脱し、ある程度の知識を得てきた段階でフリーランスに転向するのが良いでしょう。

需要は高いため、経験の浅いフリーランスでも十分に登用の可能性があります。

ネットワークエンジニア


システムの運営・保守や構築などが主となるエンジニアについても解説していきましょう。

ネットワークエンジニアの収入相場

ネットワークエンジニアの平均年収は、約450万円以上です。

初級の開発エンジニアと変わらないか、それよりも多くなる可能性があります。

ネットワークエンジニアのメリット

ノートパソコン
ネットワークエンジニアはメリットの多い業種です。どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

IT系の中でも高時給である

「時間あたりの給料が開発職に並んでいる」というのは大きなメリットでしょう。

こちらは未経験からでも採用される可能性の高い職種であるため、新たなキャリアとしてここを目指すことはメリットになります。

ただし大手企業のプロジェクトに携われる上級エンジニアとの比較であれば事情は異なるため、要注意です。

契約以外の事をしないでいい

監視だけが業務なら、モニターを見ているだけで仕事は完遂できます。雇用時の契約で実現可能なメリットです。

派遣形態だからこそ実現できる少ない残業時間

働く環境にもよりますが、正社員では残業が多い監視業務もあります。

ですが派遣という形を取ることで残業時間を抑えられるため、時間的に余裕のある生活を送ることが出来ます。

まだまだ未来のある仕事

機械化が進む中でも、その機械を監視する業務を機械に任せられるだけの技術はありません。

ですから必ず人が欲しい職場だとされているため需要が高く、人が足りていないとされています。

飛び込む先としては非常に間口が広いのです。

ネットワークエンジニアのデメリット

ネットワークエンジニアには向き不向きがあり、人によってはデメリットの部分が大きな負担となってしまうケースもあります。

単純に作業的である

仕事内容によっては、延々とモニターや機材を眺めているだけというのがネットワークエンジニアです。

その単純作業の中でやりがいを見つけられない・スキルアップが出来ない、となるとその先も見えてこない業種になってしまいます。

ですので既にある程度のITの知識があり、自分に合わなければ別の仕事を探せるような能力を持った状態であることが望ましいでしょう。

資格による給料差が大きい

インフラの構築や保守のみでは初任給ほどの給料設定の場合も多く、当然ではありますが資格を持ち、携われる範囲が広いほど高給になります。

どの職にもいえることですが、ネットワークエンジニアという業務範囲の広い仕事では、どれだけ手を広げられるかで給料も倍以上変わってきます。

職業需要

現在ネットワークエンジニアの需要は高いものの、今後少しずつ減少していく可能性があります。

ネットワークを運用する会社には必須の業務であり、機械化が進んでも結局必要になる職種の一つ。

まだまだ無くならない仕事形態の一つであるとされており、一定数以上の需要は常にあります。

しかし仕事はなくならないにせよ、一部工程の自動化が進むことで今後は需要が減少するでしょう。

ただ同時にまだ人手不足だともいわれており、業界では優秀な実務経験を持ったネットワークエンジニアを求めています。

派遣とフリーランス、どちらが良いのか

フリーランスSE

派遣であれば残業のリスクが大幅に減ります。

また責任の量も変動します。保守程度であれば派遣もフリーランスも作業内容は大して変わらないため、適度に稼ぎたければ派遣でも十分です。

一方フリーランスになるともらえるお金は当然増えます。

その分保守以上の仕事はもちろん、様々な知識を幅広く得ていく必要はあるでしょう。意欲旺盛であればフリーランスが最適です。

テスト・評価・QA


開発したものが実際に動作するのかを調べたり、その品質を高めるための改善提案を行うなどといった業務を行うのがこちらの職種。

スキルが無くても入っていけるという、IT業界の中でも間口の広い仕事です。

収入相場

フリーランス デスクトップ お金 ノートパッド

テスト・評価・QAの平均年収は、約300万円以上です。

プログラムが出来る度にテストをする人は必要になるため、こちらも需要の多い職種といえるでしょう。

基本的にITに関わる場所では必ず発生する業務の一つですが、他のエンジニアよりもやや給料は低めです。

テスト・評価・QAのメリット

ハッカー
テスト・評価・QAは、非常に魅力的なメリットがいくつかあります。

未経験からでも登用される

案件にもよりますが、単なるテストをする業種であればIT未経験からでもこの職種に挑戦することができます。

基本的にチェックリストなどのマニュアルに基づいて調べていき、それがどうであったか結果を記入するだけの単純な作業も多いです。

そのため、初心者でも挑戦しやすい業務であるといえます。

キャリアアップもあり

まずはテスターからはじめ、評価や進捗を管理することが可能になれば「スーパーバイザー」になることもできます。

気になったところを直すスキルを身につければ、エンジニアのような上位職に変わっていくことも可能です。

入り口が広く、伸びしろもあるためIT業界の入り口としてもメリットの大きい職種になっています。

テスト・評価・QAのデメリット

考える男性

入り口が広いテスト・評価・QAですが、一方でデメリットもいくつか存在します。

給料は控えめ

資格を持っている・見つけたバグを即座に直すことが出来るといったスキルが無い限り、他のITエンジニアの職種に比べると給料は低めです。

入り口は広いとはいえ、より高みを目指すのであれば相応の勉強と根気強さが必要になり、ここから関連したさまざまな資格認定を受けることが必要になります。

コミュニケーション能力が必須

テストをするという立場である以上、報告や連絡・相談業務は他のIT職に比べて必要不可欠です。

また問題の明確な言語化も必要になってくるため、テスト対象を理解する能力も求められます。

黙々と作業できるソフトウェア開発やネットワークエンジニア業務と違い、コミュニケーション能力は必須だといえるでしょう。

職業需要

仕事探し

テスト・評価・QAの需要は、非常に高いです。

社内向け・社外向けに関わらずプログラムのテスト人材は必須にも関わらず、知識や経験を必要としない業務でもあります。

常に生まれ続けるアプリやシステムを不具合なく運営するために絶対必要な職業です。

派遣とフリーランス、どちらが良いのか

飲み物を飲む若い女性ハッカー

派遣であれば契約した内容以外の仕事をせずに済みます。

フリーランスは派遣に比べて要求する内容が広いことが多く、テストだけではなく資料の制作なども必要になってきます。

給料面では当然フリーランスの方が高いですが、同時に幅広い業務が求められます。

サーバーエンジニア

PC 検索 男
サーバー機器の設計や運用を行い、セキュリティ面の保守や点検なども担当するネットワークエンジニアとは少し異なります。

収入相場

サーバーエンジニアの平均年収は、約420万円です。

ネットワークエンジニアとさほど年収は変わりません。

派遣サーバーエンジニアのメリット


派遣サーバーエンジニアもメリットの多い業種といえます。

実績を明瞭に出来るため、アピールポイントを作りやすい

企業のインフラの構築という、わかりやすい実績を得ることが出来ます。

例えば大企業の、何万人もの人が使うサービスを一つ構築すれば、それだけでサーバーエンジニアとして大成功した事になります。

またセキュリティ面での対策にも精通しているとなれば、より強固なセキュリティを作りたい大企業からは引く手数多になるでしょう。

仕事がない時間もある

サーバーの構築がうまくいき、配線もきっちり決めたらあとは待機となります。

四六時中セキュリティ問題が起こるようなことがあれば話は別です。

しかし障害がない時には保守運用はもちろん、より多様な仕事が出来るように勉強に時間を割き、より広い範囲へのスキルアップが可能になります。

将来性がある

ネットワークエンジニア同様、人々の日常に直結するインターネットに携わるため、仕事がなくなることはありません。

そして問題は常に起こる可能性があるため、トラブル解決の知識を取り込んでいくことでスキルの需要は高まっていきます。

派遣サーバーエンジニアのデメリット


サーバーエンジニアはメリットがある一方で、どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

工程が多い

ネットワークエンジニアに比べ、仕事の内容が多いです。

PC作業はもちろん、インフラの構築となると現実での配線整備などを任されることもあります。

場合によっては必要なソフトウェアのインストールやスペックの調整など、パソコンやネットワーク全体への理解が必要になります。

インフラに関わる以上、時間外労働や長期勤務が発生しやすい

ネットワークトラブルに対応するのはネットワークエンジニアも同じですが、サーバーエンジニアが直面する問題はより深刻なものが多いです。

そのため迅速な解決が必要になり、時間を押しての労働が発生する可能性があります。

またその維持のために企業に長く雇用されることも多いです。

他のエンジニアと違って何年も同じ場所に勤務することもしばしばあるため、人脈を作りにくいという点も挙げられます。

職業需要

コーディング作業する男性
サーバーエンジニアの需要も高いといえるでしょう。

作業工程が自動化する可能性のあるネットワークエンジニアよりも、人の手で整えなければならない面が多いからです。

そのためネットワークエンジニアに比べれば需要は高いといえます。

しかしネットワークエンジニアよりも要求される知識量は多く、相応のスキルを取り込む必要があるのです。

派遣とフリーランス、どちらが良いのか

考える男性

派遣もフリーランスも作業内容に大差はなく、どちらも残業の可能性はあります。

そのためフリーランスが可能ならフリーランスで登用されたほうがマージンの差し引かれない給料で働くことが出来るのです。

しかしそうなるためには実績が必要であるため、まずは派遣から始め、ゆくゆくはフリーランス形態で働くのが理想的です。

自分に合った業界を見つけよう

プログラミングする女性
IT業界のエンジニアには様々な仕事があるため、そのメリット・デメリットは多岐にわたります。

自分自身に見合った業界・環境を見つけられるよう、常にアンテナの感度を良好にしておくことが重要です。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP