loading...

thumbnail

FFFTPの基本的な使い方を徹底解説!ダウンロードの保存場所や設定手順は?設定の移行方法と接続できない場合の対処法も紹介

FFFTPは、HP作成やWordPressを使ったことがあるなら一度は使った経験があるかもしれません。

パソコンからファイルをサーバーに転送する際にFTPソフトが必要になりますが、FFFTPは、世界的に普及している有名なFTPソフトの一つです。

FFFTPは、Windowsユーザーには、比較的馴染みがありますが、MacユーザーやLinuxユーザーにはあまり馴染みがありません。

今回は、FFFTPがどういうものかやどういうメリットがあって何ができるのかなどについての紹介です。

FFFTPとは

FFFTPとは、Windows専用の日本人が開発したFTPクライアントソフトです。

HP作成やWordPressを利用したことがあるなら一度は利用したことがあるかもしれません。

FFFTPは、ファイルとサーバーの2画面でファイルをサーバーへ転送するためのソフトです。FFFTPを使えば、ファイルを簡単にサーバーへ転送できます。

FFFTPは、ソフトの構造が非常にシンプルなため、FTPソフトビギナーにも使いやすいソフトです。

FFFTPとよく比較されるFTPサーバーは、Filezillaなどの海外ソフトがあります

FFFTPWindows専用に対して、Filezillaは、MacLinuxにも対応可能です。

FFFTPのダウンロード方法

FFFTPWindowsへダウンロードするためには、まず公式ホームページもしくは窓の社などのダウンロードサイトへアクセスします。

FFFTPのホームページからシステム要件を確認して、ファイルを選択してクリックするとダウンロード開始です。

フォルダに「ffftp.exe」の名前のファイルがあればダウンロード完了になります。

注意点として、FFFTPは、利用するためにソフトの他に転送する先のサーバーが必要です。予め転送先のサーバーを確認もしくは用意する必要があります。

FFFTPインストール手順

FFFTPをダウンロードしたらパソコンへインストールする作業が必要です。

パソコンへインストールしたらFFFTPがすぐに使えるというわけではありません。FFFTPをパソコンへインストールしたら初期設定が必要です。

準備する

FFFTPのインストール手順は、ダウンロードしたファイルをパソコンへセーブします。複雑なプロセスや登録はないので容易にセーブ可能です。

新規ホストの作成

ファイルを開き、コネクタのボタンが左上にあるのでクリックします。

クリックしたら、接続先一覧が開き、初めて起動させる場合は、接続先がないのでブランクです。

右上にある「新規ホスト」をクリックして、ホスト先を設定していきます。

ホスト先の設定に際して、FTP情報を入力が必須です。予めサーバーから取得した情報を入力していきます。

暗号化設定

コンサルタント 男性 

また、FFFTPはそのまま使用すると暗号化が設定されていないため、セキュリティ面が不安です。

ホストの設定の項目の中にある「暗号化」をクリックして、「暗号化なしで接続許可」FTPS(Implicit)で接続」のチェックを外します。

全ての設定が終わったらOKをクリックして完了です。

接続確認

全ての設定が完了したら、トップ画面に戻り、接続確認です。

トップ画面の左上にある「コネクタ」からホスト一覧を開いて先ほど設定したホストを選択し、接続をクリックします。

初回接続時だけ、証明書と暗号化確認の画面が開きますが、そのままOKをクリックするだけです。

トップ画面に戻ると画面右側にファイルやフォルダが表れていたら接続成功です。

もしここでファイルやフォルダがなければ接続失敗かもともとサーバーにファイルがないかになります。

FFFTP使い方

PC デスク

FFFTPの使い方は、大きく分けて2つあります。

パソコンからサーバーへファイルやデータを転送することとサーバーからサーバーへファイルやデータを転送することです。

立ち上げた画面は、左側パソコン側と右側サーバー側に分かれています。

左側のパソコン内にあるファイルをドラッグ&ドロップでサーバーへ移すことが可能です。

一旦左側のパソコン内にファイルを入れなくてもパソコンから直接サーバーへ転送することもできます。

FFFTPは、複数のサーバーを1台のパソコンで立ち上げることが可能です。

そのため、パソコンからサーバーだけでなく、サーバーからサーバーへファイルを転送することもできます。

FFFTPでできること

プログラムスクール

FFFTPでできることは、ファイルを転送することとサーバーを1台のパソコンで複数立ち上げることです。

FFFTPが利用できるのは、Windowsだけですが、ファイルをサーバーへ簡単に転送できるため、気軽に利用することが可能です。

FFFTPの注意点

アメリカ人プログラマー

FFFTPを利用するにあたり、注意点がいくつかあります。FFFTPは、ファイル転送によく用いられますし、日本人が開発したソフトとして普及率が高いです。

しかし、普及率が高いと脆弱性やリスクなどが伴います。FFFTPの注意点についてまとめました。

暗号化設定

FFFTPは、FFFTPをインストールしたら自動的にセキュリティ設定をしていたり、送信ファイルの暗号化設定がされていません。

FFFTPの初期設定の際に暗号化設定やセキュリティについて設定することは、必須です。

暗号化設定を忘れたらファイルが暗号化されずにサーバーへ送信されます。

途中でハッキング等されてしまえば、データがそのまま盗まれて危険です。

初期設定の際、もしくは、新規ホストを設定の際に暗号化設定をするとリスクを軽減できます。

セキュリティ設定

FFFTPは、ファイルを転送するために暗号化設定があります。

暗号化設定をすると万が一ファイルのデータが盗まれたとしても解読される可能性を減少することは可能です。

しかし、過去にGumblarなどにアタックされてFFFTPの脆弱性が話題になったようにFFFTP自体にセキュリティ昨日はありません。

セキュリティ対策としてパソコン自体にセキュリティソフトの設定が必要です。

FFFTPのメリット

FFFTPを利用するメリットがいくつかあります。FFFTPは、先に紹介した通り、シンプル構造なのでファイル転送が簡単で使いやすいところがメリットです。

FFFTPは、日本人が開発したことで漢字ファイル名に対応している、漢字コードが使えるなど他にも色々なメリットがあります。

FFFTPは、使いやすさや手軽さから日本だけでなく世界的に普及しました。ここではFFFTPのメリットについて他にどんなものがあるかのまとめです。

サーバー管理が容易

FFFTPは、Windowsだけのソフトになりますが、1台のパソコンで複数サーバーへの接続可能です。

複数のサーバーを同時に立ち上げてサーバー間のファイル移動を簡単にしました。これは大きなメリットです。

FTPS接続が可能

FFFTPのもう一つのメリットは、暗号通信のできるFTPSヘ接続ができることです。FFFTPは、FFFTP自体にセキュリティ機能がありません。

セキュリティに関しては別途設定が必要です。暗号化もデフォルトは設定されていませんので初期設定時に暗号化設定も必要になります。

無料のオープンソースプログラマー

FFFTPは無料のオープンソースなので、コストがかかりません。公式ホームページや窓の社などから簡単にダウンロード可能です。

日本語対応

FFFTPは、他のFTPソフトと比べて最大のメリットは、日本人が開発したソフトのため、漢字対応しています。

漢字のファイル名や漢字コードに対応しているところは、メリットです。

ミラーリング機能

サーバ管理しやすさにつながりますが、FFFTPは、ソフトを立ち上げたらパソコン画面とサーバー画面の2面を持つミラーリング機能があります。

ミラーリング機能があることのメリットは、同じファイルをパソコンとサーバーで同時に作成できること、アップされたファイルをすぐに確認できることです。

他のFTPソフトとの比較

FFFTP以外にFTPソフトは存在します。

FFFTPソフトは、日本やWindowsユーザーにはメジャーですが、MacユーザーやLinuxユーザーには、別のFTPソフトが有名です。

海外でよく利用されているFTPソフトは、FileZillaになります。FileZillaは、日本語化設定が可能です。

FileZillaは、同じソフトとしてよくFFFTPの性能比較対象に利用されます。もう一つ有名なのは、WinSCPです。

WinSCPは、FFFTPができなかった「SFTP接続」や「SCP接続」に対応しています。ここでは、2つのFTPソフトとFFFTPの比較です。

FileZilla

FileZillaFFFTPを比較してわかること、FileZillaは、OS対応の幅がFFFTPより広いということです。

FFFTPは、Windows専用に対して、FileZillaは、MacLinuxにも対応しています。

MacユーザーやLinuxユーザーには、馴染みのあるFTPソフトです。

ユーザーレビューをチェックするとファイル転送速度がFFFTPより早いとされています。

また、FileZillaは、SFTP接続やSCP接続も可能です。

WinSCP

WinSCPは、FFFTP同様、Windows専用のFTPソフトです。FFFTP同様、オープンソースのため、フリーで利用できます。

備えられている機能は、FFFTPとあまり差はありませんが、WinPCは、FFFTPが非対応のSFTP接続やSCP接続が可能なところは、WinSCPの優位性です。

FFFTPのデメリット

家のオフィスでパソコンを使って働く中年男性

FFFTPは、オープンソースのフリーソフトで、簡単にダウンロードしてすぐに使うことができます。ファイル転送がしやすいことなどメリットです。

ただ、FFFTPには、デメリットがいくつか存在しています。

FFFTPユーザーの間であがったFFFTPのデメリットとして、ファイル転送速度が遅いセキュリティ面の不安など、FFFTPのデメリットについての紹介です。

転送速度が遅い

タイピングをする女性ブロガー

FFFTPは、パソコンからサーバー、サーバーからサーバーやデスクトップから直接サーバーへ用意に転送できます。

簡単にファイルをサーバーへ転送できることはメリットですが、FFFTPは、接続環境によっては、転送速度の遅さがデメリットです。

他のFTPソフトに比べて転送速度が遅いのは、FFFTPの欠点になります。

ファイル転送の失敗

FFFTPはファイル転送を容易に行えますが、ファイル転送に失敗するケースも少なくありません。

ファイル転送の失敗に遭遇するケースは、他のFTPソフトより多く、FFFTPを使いづらいと感じてしまう原因です。

セキュリティ面の不安

FFFTPソフトのデメリットは、セキュリティ面に不安があることです。セキュリティに不安があるといえば、すごく悪いソフトという印象になってしまいます。

実際は、絶望的に悪いわけではないですが、他のソフトに比べるとGumblarというウィルスに脆弱性をつかれたことが有名です。

しかし、これは、FFFTPが悪いわけではありませんでしたが、これを機にFFFTPのセキュリティに対する懸念があります。

サポートが終了

以前までデメリットだったものの、今は改善したケースがあります。FFFTPは、2011年を持って原作者の開発・サポートが終了です。

2011年以降は、FFFTPの開発やサポートがないため、FFFTPユーザーが離れてしまった経緯があります。

今までは、これがデメリットでしたが、有志がFFFTPの改訂版を2018年に発表され、新しいFFFTPがダウンロード可能です。

デメリットなのは、原作者の開発・サポートがなくなったことによるFFFTPユーザーの流出です。

しかし、現在は、開発・サポートが継続されていますのでユーザーが戻る可能性もあります。

まとめ

FFFTPは、基本機能が充実していて、FTPソフトビギナーやWindowsユーザーには使いやすいソフトです。

容量がかなり重いファイルや大量のファイル転送を予定しておらず、基本的な機能内で利用したい場合は、使いやすいソフトです。

Windows専用になるためMacLinuxユーザーは使えませんが、WindowsユーザーならHP作成やWordPressなどに使えます。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP