loading...

thumbnail

【40代】ITエンジニアの年収とキャリアを徹底解説!40代未経験者に求められることは?取っておくべきおすすめの資格も紹介

幅広い年代が活躍するIT業界

飲み物を飲む若い女性ハッカー

昨今のIT業界では、非常に幅広い年代のエンジニアたちが活躍しています。

以前はその過酷さや体力勝負な面などから「IT業界35歳定年説」といったワードも生まれましたが、今ではすっかりその認識も薄れつつある状況です。

一体なぜそういった言葉を聞かなくなり、幅広い年代のエンジニアが活躍できる業界になりつつあるのでしょうか。

人材不足に悩まされている背景

悩む女性

IT業界は、常に人材不足という悩みを抱えています。

エンジニアの数が圧倒的に足りていません。

そのため、35歳定年説など考える余裕がない状況です。

技術力やスキルさえ持っていれば、たとえある程度年齢を重ねた人材であろうと採用します。

IT業界には、そういった状況に直面している事情があるということです。

ITエンジニアの中でも40代にフォーカスを当てていく

計画を立てることがグループワークにおいて重要なことである

今回の記事では、幅広い年齢層が活躍するITエンジニアの中でも「40代」にフォーカスを当てていきます。

35歳定年説であればとっくに現場を引退している年齢層となる40代ですが、現代のIT業界においてどのようなポジションを得ているのでしょうか。

年収やキャリア、未経験の40代がITエンジニアになれるのかなどをポイントごとに解説していきます。

40代のみならずIT業界でキャリアアップを目指す上で役に立つ資格についても紹介するので要チェックです。

40代ITエンジニアの年収は?

ドル

最初に、40代のITエンジニアの「年収」をチェックしておきましょう。

ITエンジニアの代表格、システムエンジニアの年収を紹介します。

40代のシステムエンジニアの平均年収は、40〜44歳がおよそ550万円45~49歳がおよそ616万円とされています。

これは、他の業種と比較するとかなり高額です。

他の業種の40代平均年収

年収 男性 報酬 お金 アップ

他の業種で同じ年齢層の場合、40歳〜44歳でおよそ457万円、45歳〜49歳でおよそ487万円とされるデータが発表されています。

40代前半は100万円近く40代後半になると100万円以上の差が開いています。

40代のITエンジニアは他業種よりも高額な年収が得られる職業であるということが分かるデータです。

ITエンジニアの中でも更に細かく

一口にITエンジニアとはいっても、その中でプログラマやWeb系、サーバサイドなど非常に細かく業種を分けることができます。

システムエンジニア以外の業種の平均年収も少しチェックしておきましょう。

例えば、40代のサーバエンジニアはおよそ644万円ほどの高額な年収を得ているようです。

40代のプロジェクトマネージャだとおよそ711万円

どの業種であろうと、ITエンジニアであれば比較的高額な年収を得られるということが分かります。

40代ITエンジニアのキャリアをチェック

成功のための素晴らしい計画

40代のITエンジニアがキャリアアップをする上で欠かせないといわれている要素が1つあります。

それが「マネージャ経験」や「プロジェクトの管理能力」です。

マネジメントスキルや管理能力が求められる

30代後半の時点でプロジェクトマネージャレベルの経験を求められることが多く、40代になるとそれはますます顕著になってきます。

プロジェクトマネージャではなくともプロジェクトを管理する経験、マネジメント経験やスキルを求められるでしょう。

プログラマとしての活躍・労働力は20代や30代前半に期待されます。

大抵の場合、それ以上の年齢層はプロジェクトを引っ張っていき管理する能力が問われます。

開発能力よりも重視される傾向にある

マネジメント能力などは30代後半、40代になってくると現場の開発能力以上に必要とされる場合も多いです。

エンジニアとして開発するスキルももちろん大切ですが、マネジメント能力に磨きをかけることも重要といえるでしょう。

裏を返せば、マネージャ経験をお持ちの方であればキャリアアップや転職、フリーランスの案件などをより獲得しやすい状態であるといえます。

また、マネージャ業務に加えて上流工程の経験、つまり要件定義や設計フェーズなどでの経験があると更にプラスになるでしょう。

自分の経験を活かし、新たなステージで活躍することができるかもしれません。

未経験の40代がIT業界に飛び込む

建築デザインの写真

さて、IT業界は若手であれば未経験の人でも積極的に採用していこうという流れがあります。

文系の大学生など、一切ITについて勉強や学習、研究、経験がなくても新卒で採用するケースも増えてきている状況です。

記事の冒頭で触れた「人材不足」という要因が大きく、若ければポテンシャルを期待して経験を問わずに採用するケースが発生しているということです。

では同じ未経験でも「40代」の場合はどうでしょう。

ここからは未経験の40代の方がIT業界に飛び込むのは現実的なのか否かについて解説していきます。

40代未経験でもIT業界転職・フリーランスは可能である

最初に結論から申しますと、未経験の40代でもITエンジニアになれます

もちろんそれ相応の努力は求められますが、決して不可能なことではありません。

必要な努力などをこれから解説していきます。

とにかく勉強

筆記

未経験の方は当然ですが、とにかく勉強する必要があります。

IT関連の技術は非常に幅広く、様々なことを学習しなければなりません

そのため、何か1つの言語やメジャーな技術やフレームワークなどに絞って勉強していくといいでしょう。

1つ1つをしっかり自分のものにしていき、少しずつ着実に自分の持つ知識やスキルを増やしていく必要があります。

仕事終わりにも自分の時間を割いて勉強するぐらいに気力が必要です。

マネジメント経験の有無

会議

先ほどIT業界において30代後半以降の年齢層のエンジニアは開発技術力以上にマネジメント力やプロジェクトの管理能力が問われることに触れました。

このマネジメントという分野はIT業界以外でも培えます。

そのため、もし自分が何かのプロジェクトなどでマネジメントする立場で仕事を進めた経験があるのであれば、それを企業にアピールするべきです。

企業はマネジメント能力を持つ人材を欲しています

IT業界は常に人手不足に悩まされていますから、たとえ他業種でも少しでも関連する経験や実績を持っていれば採用される可能性はグッと高まるでしょう。

取っておきたい資格

積み上げられた本

ITに関連する資格が非常に数多く存在しています。

ここで、40代のエンジニアの方が取っておきたいIT関連資格を紹介いたします。

未経験の方でも比較的取りやすい資格もあるため、ぜひトライしてみましょう。

  • 応用情報技術者試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ORACLE MASTER Gold
  • 基本情報技術者試験(未経験の方にオススメ)

それぞれの試験について、1つずつ簡単に紹介いたします。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、IT系国家資格の中でも一般的な知名度も高い資格試験です。

非常に幅広い分野の問題が出題され、テクノロジ系からマネジメント系、ストラテジ系といった部分まで問われます。

キャリアアップに直接繋がる資格ではありませんが、自分の持つIT全般の知識をこの資格1つで証明可能です。

持っておいて損になることはないでしょう。

未経験の方でも高いモチベーションを持って学習すれば十分に取得可能な試験です。

特に後ほど紹介する基本情報技術者試験を取得された方は、ステップアップとしてこちらの応用情報技術者試験にトライすることをオススメします。

合格率は20%前後です。

プロジェクトマネージャ試験

タブレットを使う女性マネージャー

スペシャリスト資格(高度情報処理技術者試験)の中でも特に難易度が高い試験の1つがこのプロジェクトマネージャ試験です。

名前の通り、プロジェクトマネジメントに関する問題が出題。

今回の記事でお伝えした通り、40代のITエンジニアはプロジェクトマネージャの経験やマネジメントスキル、管理能力が問われます。

企画立案からプロジェクトチームの人材管理など全体を管理する能力が問われるため、この資格を保持しておけば自分の持つマネジメント力や知識を堂々と証明できる資格です。

キャリアアップに繋がりやすい資格でもあるため、ぜひ取得を目指してみてはいかがでしょうか。

合格率は15%前後です。

難易度は高いかもしれませんが、挑戦する価値がある資格といえるでしょう。

ORACLE MASTER Gold

ORACLE MASTER Goldは、Oracle社がリリースしている「Oracle Database」シリーズを扱う技術力を認定するベンダ資格です。

その中の最高レベルとなるGoldはキャリアアップに繋がりやすい資格です。

Oracle製品は日本国内でも非常に高いシェアを誇っているため、転職やフリーランスの案件を獲得する際にも有利に働くでしょう。

世界基準の資格という面もあるため、日本国外でも有効に働く資格でもあります。

特にデータベースに携わっているエンジニアの方、中でもOracle Databaseを専門にされている方はぜひとも取得しておきたい資格です。

合格率は非公開となっています。

未経験の方におすすめな基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITに関する問題が幅広く出題されます。

先ほど紹介した応用情報技術者試験のワンランク下の試験で、同じく3分野から様々なことが問われます。

この中では難易度が低い資格ですが、IT未経験の方がこの資格を持っておけば「IT業界に対する興味・関心や熱意」を明らかにできるでしょう。

自分のIT業界に対する本気度をアピールできます。

40代のエンジニアの転職活動だとあまり意味のない資格かもしれませんが、未経験の方の場合であれば役に立つ可能性が考えられる資格です。

とはいえ、難易度はそこそこのもので合格率は例年20%前後となっています。

40代のエンジニアの転職

ビジネスマンの握手

さて、未経験ではなく既にエンジニアの方が転職する場合はどうでしょうか。

やはりマネジメント力やプロジェクトマネージャの経験などが求められる傾向にあります。

まだ転職できる

そして、40代はある意味でエンジニアとして転職しやすい最後の年代といえるかもしれません。

人材不足に悩まされているIT業界ですが、50代になるとITエンジニアとしては一気に採用のハードルが上がってしまいます

そのため、もし転職したいという気持ちがあるなら40代のうちに転職活動を行うといいでしょう。

転職するときは社員の年齢層に注意

また、IT業界は新進気鋭の若手ベンチャー企業なども数多い業界です。

そのため、いざ入社してみたら自分より圧倒的に若い人だらけの職場だったなどといったケースが起こる可能性もゼロではありません。

転職活動を行う際には年収や業務内容、就業時間、残業などは調べるかと思います。

それら基本要素に加えて社員の年齢層などについてもよく調べる必要があるでしょう。

年齢に関わらず重要な点

ビジネスマンは、バイナリコードでウイルスを検索します

IT業界で働くエンジニアとして、年齢に関わらず重要なことがあります。

それが「常にIT業界の最新技術やトレンドをチェックする」ということです。

IT業界では一瞬のうちに新たな製品やサービスが台頭し、廃れ、また新たなものがトレンドになるというサイクルを繰り返しています。

常時最新のフレームワークなどについて情報を仕入るよう意識しておくのは年齢に関わらず重要です。

IT業界という場所でエンジニアとして働くのであれば、最新情報を追いかけることを欠かさないようにしましょう。

40代のITエンジニアとしてその先も輝き続ける

ラップトップを持つ男

今回はITエンジニアの中でも「40代」という年齢層にフォーカスを当てて様々な角度から紹介してきました。

年収を見てみると他の業種よりも高い傾向にあり、未経験でもIT業界へ挑戦してみようという人たちが増加するのも納得できます。

そして、IT未経験の40代の方がエンジニアに転職するのは決して不可能なことではないということについても紹介しました。

ただし、それ相応の努力やモチベーションが必要です。

40代未経験でITエンジニアを目指す方は、自分の時間を犠牲にしてIT関連技術を勉強しましょう。

IT業界は未経験でも、マネジメント経験やプロジェクト管理経験があるという方もいらっしゃるかもしれません。

IT業界で30代後半以降の年齢層の人たちはそういったスキルや能力を求められます。

そのため、経験や実績を持っている方であればIT業界への転職活動や案件獲得がしやすい可能性があります。

40代のITエンジニアとして活躍し、更に年齢を重ねていっても輝き続けられるよう、今のうちからキャリアのことを考えて仕事に励みましょう。

資格取得を目指してみたり、積極的にキャリアや実績を積み重ねる必要があります。

自分の思い描くキャリアが実現できるよう引き続き努力を続けていきましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP