loading...

thumbnail

フリーランスにおすすめのクレジットカードの選び方を徹底解説!審査に通るポイントは?事業用と使い分けるべき理由も確認しよう


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/astarcojp/agency-star.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/agency-star/single-column.php on line 36

フリーランスや個人事業主、自営業として事業をおこなっている人々でも毎日のお金の管理や経費精算はかならず必要です。

事業用のクレジットカードを導入しようと考えている場合には、事前によく情報を収集してから慎重に申し込みをしなければ、審査落ちをしてかえって損をすることになるため注意しましょう。

今回は、フリーランスにおすすめのクレジットカードの選び方や審査に通るポイントなどについてご紹介します。

はじめに

デスク周り

現代では政府のキャッシュレス化の推進が後押しして、クレジットカードの利用できる場所も一気に増えました。

現金派だった人もクレジットカードの利便性から、個人用に所持する人も多くなりました。

フリーランスは職業的にクレジットカードの審査に不利となりがちですが、ポイントをしっかりと押さえていれば審査に通ることは可能です。

また、法人カードを上手く使い分けることで事業の業務効率化にも効果を発揮します。

法人カードと個人カードを使い分ける理由

エンジニア PC

所持するとメリットが大きい法人カードですが、個人カードと使い分けることで更に利便性が増します。

事業を経営していく上で欠かせない業務の一つが、経費などに関するお金の管理や確定申告などです。

経理担当もこなすフリーランスにとっては、これらの事業のお金に関することはなるべく楽に済ませたいものです。

そのためにも、あらかじめ使用用途を明確にしておくことによって様々なメリットがあります。

お金の流れが分かり管理がしやすくなる

事業に関する支払いを法人カードでの決済にするように決めておくことで、毎月のお金の流れが分かり管理がしやすくなります。

個人カードのみでプライベートと事業内容のどちらも管理しようとすると、内容と金額を抜粋していく必要があるため返って複雑になり、振り分けがとても大変です。

その点、カード2枚をそれぞれの用途によって使い分けた方がお金の管理がやりやすく手間を省くことができます。

経費の精算忘れを防ぐ

公私が混同していると、支払いの度に事業用と私用のものを分ける必要がでてきます。

また、事業用のものを経費で計上することを忘れてしまうということも起こりえるでしょう。

しかし、支払いの際にカードを分けておくことでそれぞれの用途で計上されるため経理精算をする際の手間を大幅に減らすことができます。

クラウド会計と連携すれば確定申告が簡単になる

現代では、経理業務のクラウド化が進んでいるためクレジットカードと経理システムを連携させることができます。

一つ一つ入力していく手間が省けるため、業務効率が上がってとても便利です。

そして、確定申告の際もそのデータを活用することが可能なため煩雑な経理業務に余裕ができます。

法人カードの種類

クレジットカード フリーランス

ひとまとめに「法人カード」といっても様々な種類があり、その中のひとつが「ビジネスカード」です。

ビジネスカードには会社の規模によって「コーポレートカード」と「ビジネスカード」の大きく二つに分けられています。

会社の規模の大きな大企業向けのカードをコーポレートカードと、ビジネスカードと比較して呼び分けているクレジットカード会社もあります。

主にビジネスカードは、個人事業主や中小企業向けのクレジットカードのことを指します。

法人カードを持つメリット

デスクの状態

法人のカードを作って事業に関する決済を全て法人カードで行うことで、経費の精算やその他の会計処理がとても楽になります。

また、個人カードと比べると法人カードの内容が事業用に特化しているため個人カードにはない以下のような特徴があります。

  • 利用限度額が高めに設定されている
  • 複数枚のカード発行が可能
  • 年会費がかかる
  • 審査が個人カードよりも厳しい
  • 付帯サービスが充実している

基本的にどの法人カードも、利用限度額が個人カードよりも高めに設定されており、付帯サービスとしてビジネス支援のサービスが充実しています。

その分、年会費も高めであり個人カードのように年会費無料で所持できるようなクレジットカードはとても稀なものです。

フリーランスが審査に通りにくい理由

システムエンジニア

事業を運営していく上で、有ると便利なクレジットカードですが、フリーランスや個人事業主、自営業の職に就く人は一般的にクレジットカードの審査に通りにくいとされています。

その理由としては、以下の通りです。

収入の証明がない

企業のような給与明細書などの収入に関する書類がないため、例えある程度の収入を得ていたとしても証明をすることが困難になります。

確定申告に関する書類は収入について書かれていますが、記載が年収のみとなっており毎月安定した収入を得ていることを証明するには説得力に欠けるのです。

収入に安定性がない

フリーランスと自営業の違い

大抵のクレジットカード会社が、収入に安定性があることを重要視しています。

毎月の給与が決まっている会社員と違い、フリーランスは収入に安定性がありません。

また、事業がうまくいかなくなるリスクもあるため審査の際に不利となってしまいます。

自営業と申告している人がいる

実際には「無職」である人が、自営業やフリーランスであると申告している人がいる場合があります。

申し込みの際に無職であると、審査に通りにくいことが分かっているため「自営業」であると申告することが多いためです。

結果として、職業の申告に「自営業」や「フリーランス」といった企業に所属していない職業である場合には、念入りに審査が行われることとなります。

そのため、どうしても「フリーランス」も審査の際に不利となってしまいます。

審査に通るためのポイント

仕事のパートナーと契約書

審査で不利になる「フリーランス」という職業でも、いくつかのポイントを押さえればクレジットカード会社の審査に通る可能性が高くなります。

特に効果的な方法として、以下のことを把握しておきましょう。

開業届を出す

開業届を税務署に提出するということは、個人事業主となってきちんとした事業を行っているという証明となります。

手続きに難しいことはなく、現住所がある税務署に「個人事業の開廃業等届出書」を提出して受理されれば個人事業主として事業を行っていることとなります。

また、開業届を提出することで節税の効果があり、屋号を持って銀行口座を開設することもできるなど、事業の幅に広がりが持てるため大きなメリットです。

個人事業主である方が、自営業であるよりも社会的な信頼も厚くなっていきます。

毎月安定した収入を得る

事業内容によっては、年に何度か大きなお金を収入として得るということもありますが、毎月安定した金額を得ることよりも審査に不利となります。

クレジットカード会社にとって「安定した収入があること」は、審査の際の大きなポイントです。

時期を置いて審査申し込みをする

会社員が勤続年数を審査で見られるように、フリーランスでも事業を継続している年数は大きな信頼に繋がります。

フリーランスでも長く事業が続いていることは、審査の上でもとても有利となります。

そのため、開業してすぐにカードの申し込みをするのではなく、しばらく事業を継続させてから申し込みを行った方が良いことが多いです。

固定電話回線を引く

審査の際に問われる電話番号が、携帯電話のみよりも固定電話の番号がある方が審査の評価が高くなることで知られています。

そのため、事業所内の電話などの固定電話の番号がある場合には、申し込みの際に必ず記載するようにしましょう。

キャッシング枠を0円にする

不安定な収入である職業の人にキャッシング枠を認めるにはクレジットカード会社にもリスクが生じます。

そのため、申し込み時にキャッシング枠の申請があると審査が厳しくなります。

特に利用する予定がないのであれば、キャッシング枠は0円にして申し込みするようにしましょう。

クレジットカードの選び方

設計 考えクレジットカードの種類によって「年会費」の金額や「審査基準」など様々です。

しっかりと比較検討して選ぶことで、フリーランスでもクレジットカードを所持することができます。

また、クレジットカードで支払うと利用ごとにポイントが付くため、現金で支払うよりも断然お得です。

クレジットカードを申し込む上で、選び方のポイントとなる3点について解説します。

年会費

ほとんどのクレジットカードが年会費を設定しています。

その金額はクレジットカード会社によって違ってきますが、年会費の金額だけではなく年会費に関する付帯サービスも良く確認するようにしましょう。

年会費が設定されていても「年1回の決済で実質無料」や「クレジットカード会社のサービス加入で実質無料」など利用によって年会費がかからないケースもあります。

維持費が無料のクレジットカードを一枚持っておくだけで、経費の削減につながるだけでなくいざという時に利用することができます。

ポイント還元率

クレジットカードを利用することのメリットの一つが「ポイント還元」です。

このポイント還元のメリットを利用して、貯まったポイントをギフト券や商品券などに交換することもできます。

結果として経費の削減することに繋がるため、効率よくポイントを貯めるためには「ポイント還元率」の良さがとても重要になってきます。

還元率は0.5%~1.0%が多いですが、その他のサービスも含め検討の対象としましょう。

審査の通りやすさ

収入の不安定なフリーランスにとって、クレジットカード会社の「審査の通りやすさ」も重要なポイントです。

会社を設立したばかりの場合や、経営状況があまり良くない時期だと審査が不利となって審査落ちとなることがあります。

一度、審査落ちになってしまうと信用情報として記録されてしまいます。

そうなると、再度申し込みした際に審査に落ちた情報を参照されて審査に通りにくくなってしまいます。

そのため、申し込みをする前に情報を良く確認してから申し込みをするようにしましょう。

おすすめのクレジットカード

キーボードを打つ男性

これまでの内容を元に総合的に見ておすすめの「個人カード」と「法人カード」をご紹介します。

個人カード

  • 楽天カード
  • オリコカード
  • リクルートカード

いずれも年会費が無料で所持できるクレジットカードです。

年会費がかからないけれども、それぞれポイント還元率が1.0%~の高還元率な点が魅力です。

貯まったポイントは、それぞれのショッピングサイトや商品券への引換などでお買い物の際に使うことができます。

更に、比較的に審査に通りやすいクレジットカードのため、法人カードの申し込みに自信がない場合に事業用カードとして利用してもメリットがあります。

法人カード

  • セゾンプラチナ・ビジネスカード
  • JCB一般法人カード
  • アメックス・ビジネスゴールド

フリーランスにとって、法人カードを申し込む際に一番重視したいことは「審査の通りやすさ」です。

これらの法人カードは、いずれも高い審査通過率となっているため事業が安定して準備が整ったら是非、申し込みを検討してみましょう。

特に、セゾンプラチナ・ビジネスカードはプラチナカードでありながら、年会費が20,000円と格安で付帯サービスも充実しています。

そのため、利用者からもおすすめされている法人カードの一枚となっています。

法人カードも種類が数多くあるため、所持しやすく自分の求めているサービスが充実しているクレジットカードをしっかりと選ぶようにしましょう。

個人与信のみで良いビジネスカード

自宅でパソコンを使う若い男

法人カードの申し込みをする際の個人カードとの違いは、会社の代表者の個人与信だけではなく会社の経営状況も参照される点となります。

そのため、事業に関する決算書や業績が良くない場合には法人カードが作れない場合があります。

しかし、会社の業績に自信がなくて法人カードを諦めなくても「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、個人与信のみで申し込みができるクレジットカードです。

プラチナカードでありながら、年会費も安いため申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

フリーランスSE

フリーランスのクレジットカードの選び方や、審査通過のポイントなどについてご紹介しました。

審査に通りにくいといわれていても、しっかりと通過するためのポイントを押さえておけば無理なことではありません。

安定した経営を念頭において日々、信用力を高めていくための努力が必要です。

また、事業用で法人カードを持っておくことによる利点も多いため、対策をしてから申し込みしてみるようにしましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP