loading...

thumbnail

フリーランスエンジニアの求人の傾向を徹底解説!求人が多い業種は?フリーランスエンジニア求人の給与相場や継続のコツも紹介

IT業界のエンジニアたち

パソコン画面を示して同僚と話す男性

IT業界で働くエンジニアの中には、一定多数「フリーランス」の身で活躍している方々がいます。

会社から独立し、一人でエンジニア業を営んでいる人たちです。

一般的に「直接報酬を貰う」ことで、フリーランスエンジニアの方が給与や年収などが増えるといわれています。

今回の記事では、フリーランスエンジニアの方を対象にした求人の「傾向」に注目します。

ITエンジニアといえど、実際には多岐にわたる業種が存在しているのが事実。

一体、どの業種の求人が多いのでしょうか。

また、気になるフリーランスエンジニアの給与相場や仕事を継続させるコツについても解説いたします。

フリーランスエンジニアの魅力

美しい10代の女性はラップトップPCでフリーランスとして働く

自分のペースで仕事ができ、時間を自由自在に使え、案件によっては場所も問わず在宅や好きな場所で仕事ができる…と聞くと、非常に魅力的に思えるフリーランスエンジニア。

同時に「不安定」というイメージを持たれている方も多くいらっしゃるでしょう。

仕事を自分で獲得しなければならず、場合によっては「仕事が見つからない」という不安を抱く方もいるかもしれません。

そういった方も、実際にフリーランスエンジニア向けに募集されている求人や案件の多い業種や傾向を予め知っておくことで、イメージを変えることができるかもしれません。

個人事業主とは少し違う

開発契約

フリーランスと個人事業主はつい混同しがちですが、厳密には異なります。

というのも、個人事業主は法人を設立せずに「個人で事業を行う」人のことを指しますが、フリーランスは「仕事ごとに契約を結ぶ」働き方を指しています。

どちらも個人という点や仕事を自分で行うという点など共通点も多いですが、微妙に違う部分があるので注意してください。

仕事を得るためには

契約書へのサイン

フリーランスエンジニアの方が最初に不安に抱くのは「仕事がないのではないか」というポイントでしょう。

しかし、実際は案外簡単に仕事を得ることができます。

クラウドソーシングサイトやエージェントサイトに登録し、自分の持っている技術やスキルで検索してみてください。

プログラミングであれば、自分が習得していて扱うことのできる言語を検索することもできます。

ヒットしたら、あとは報酬額や勤務地、自分の技術力でこなせるかどうかを確認して応募するだけです。

最初は小さい案件であろうと着実にこなしていけば、実績となり将来的に大きな案件の受注に繋がるかもしれません。

たとえどんなに小さな案件であろうと、全力で真面目に丁寧に取り組むことが必要となります。

フリーランスエンジニア向け求人の傾向

最新ニュースを読んでいる

それでは早速、フリーエンジニアの方を対象にして募集されている求人や案件の傾向をチェックしていきましょう。

多い業種と少ない業種、それぞれを紹介していきます。

多い業種

フリーランスエンジニア向けの案件や求人で多く見られるのは、プログラマーサーバーサイドインフラのエンジニアや、コンサルタントです。

常に人手不足といわれるIT業界ですから、その中で欠かせない人材であるプログラマーは常時数多くの案件・求人が募集されています。

また、サーバーエンジニアやインフラエンジニアといったネットワーク周りのエンジニアも多く募集がかけられています。

今やネットワークは生活と密接している技術ですから、それらを扱えるエンジニアの需要も高いといえるでしょう。

「エンジニア」とは少し括りが変わってくるかもしれませんが、ITコンサルタントという業種においても非常に多く案件・求人が募集されています。

少ない業種

極端に少ない傾向にある業種はありません

しかし、セキュリティエンジニアや社内SEなどは他の業種と比較すると少ないといえるかもしれません。

ただ、注意するべきは先ほど多く募集がかけられているとご紹介した「プログラマー」です。

プログラミングの中でも特に多い言語

Java キューブ

プログラミングの案件は非常に数が多いです。

しかし、プログラミングということは当然、言語によって案件が異なります。

プログラミング言語としてはJavaが圧倒的に多く、PHP、Python、Rubyなども比較的多い傾向です。

また、ゲームプログラミングというカテゴリーも含めればUnityも常に多くの案件が掲載中。

プログラマーだからなんでもOKというわけではない

一口に「プログラマー」とはいえど言語によって案件の内容や報酬額が違うことにも注意する必要があるでしょう。

プログラミングの案件自体は非常に多く募集されていますが、言語によっては非常に少ないものがあります。

特にR言語やPerlは少ない傾向にあるため、これらを扱えるプログラマーの方は注意する必要があるといえるでしょう。

Scalaという言語も少なめですが、言語自体が注目を浴び始めていることや需要の増加に後押しされ、案件数もジワジワと増加過程にあります。

とはいえ、JavaやPHP等と比較すると数こそ少ない言語はありますが、それ以外の言語も安定して案件・求人が募集されています。

今後ますますプログラミング関連の案件は増加していくことでしょう。

フリーエンジニアは給与をコントロールできる

喫茶店にてラップトップPCでフリーランスの仕事をする

一般的に独立してフリーランスになれば収入が「圧倒的に増える」というような言葉を掲げている人やWebサイトも多く目に付きます。

なぜそのような文言が多くみられるのでしょうか。

その要因として「自分の技術力への正当な対価が得られる」ということと「仕事量を調整」できるという2点がキーワードとなっています。

自分の技術力への正当な対価が得られる

フリーランスエンジニアの報酬は、案件内容によって非常に差が激しいです。

ある意味当然のことではありますが、これはすなわち「自分の持つスキルレベル・技術力」に応じて「単価・報酬が変動する」ということになります。

つまり、高い技術を持っている方であればその技術力・実力に「見合った報酬」を得られるということです。

会社勤めでは、どれだけ高い技術を持っていても会社の認めた額しか報酬(給与)を受け取れません。

しかし、フリーランスとして活動すると報酬に比重を置いて仕事(案件)を選ぶことができます。

場合によっては報酬の交渉をすることも可能です。

そのため、自分の技術に見合った対価を得ることができます。

仕事量の調整

フリーランスの仕事は、自分で選び、受注します。

つまり、自分次第で仕事の増減ができるということです。

当然仕事量が多すぎて納期までにこなせないといった事態は避けなければなりませんが、仕事を増やせば報酬はその分増加します。

そのため、仕事量を増やしたり、減らしたりすることで、収入も自在にコントロールできます。

収入は減るものの、仕事量を敢えて減らすことで自由な時間を多く確保して、家族との時間を楽しむといった活用もできるでしょう。

フリーランスエンジニアの年収・給与相場

収入

それでは、実際のフリーランスエンジニアの収入に注目してみましょう。

フリーランスエンジニアといえど数々の業種がありますので、今回は「プログラマー」と「システムエンジニア」、「データベースエンジニア」の3業種に注目していきます。

それぞれチェックしていきましょう。

プログラマーの平均年収

変数宣言

最初に注目したいのはやはり案件・求人量の多い「プログラマー」です。

プログラマーは持っているスキルによって当然差異は生じますが、年収の平均は約600万円ほどだといわれています。

案件の難易度や持っている技術力次第では1,000万越えを目指すことも不可能ではありません。

また、時代に合わせてプログラミング言語の需要も変化していきます。

需要の高い言語であればあるほど案件数も増え、案件の単価・報酬相場も高くなる傾向にあるため、常に最新の言語を扱えるように継続して努力することも大切です。

システムエンジニアの平均年収

フリーランスで活動しているシステムエンジニアの方は、平均の月収換算で約60〜90万円ほどを得ているようです。

企業に勤めているシステムエンジニアの平均月収が30〜40万円ほどといわれていることから、およそ倍以上の収入を得ていることになりますね。

年収に換算すると700万円〜1,000万円とされ、フリーランスエンジニアの中でも高額な収入に繋がる業種だといえるでしょう。

データベースエンジニアの平均年収

フリーランスのデータベースエンジニアの平均年収は約500〜600万円ほどといわれています。

他のフリーランスエンジニアと比較するとさほど高い年収には感じませんが、データベースエンジニアは仕事を見つけやすいのが特徴です。

自分の技術力や持っている資格次第では、継続して仕事を任される可能性も考慮に入れられる業種といえます。

そして当然その持っている資格の難易度(価値)や技術力が高ければ高いほど、収入は高くなっていくでしょう。

そういった意味では、ITエンジニアの中でも幅の広い業種といえるかもしれません。

技術力を磨く

今回注目した3業種以外にも共通していえるのは「持っている技術力やスキルレベルが高ければ高いほど収入も増える」というポイントです。

いずれフリーランスとして働きたいと考えている方は、今の内から自分の技術や知識に磨きをかけておくといいでしょう。

そして、現在既にフリーランスとして活動されている方はその技術を更に極められるよう努力しましょう。

自分を磨けば磨くほど、収入や大きな案件を受注しやすくなっていきます。

仕事を継続させるコツ

コワーキングスペースで働く男性

フリーランスエンジニアの案件には「継続案件」と呼ばれるものが存在します。

読んで字の如く同じクライアントから案件を継続して中〜長期に渡って業務を任されるものですが、当然その期間中の収入が基本的に保証されることになります。

そのため、フリーランスの仕事をしている人にとって継続案件は非常に魅力的です。

継続案件を得るために大切なこと

では、継続案件を得るためには何が大切なのでしょうか。

それは「信頼」と「実力相応の案件」です。

この2つを意識して、質の高い仕事をすることで自分の価値を高められ、継続案件を得ることに繋がるでしょう。

1つずつ詳しく解説いたします。

信頼を勝ち得る

達成した

ある意味当然のことですが、クライアントから信頼を得なければ継続して案件を任せてもらうことは不可能です。

納期を遵守することや、レスポンス・対応の早さはもちろん、仕事そのものも丁寧に行う必要があります。

報酬額以上の仕事をすればクライアントを満足させ「もう1度任せたい」、「引き続き担当してもらいたい」という気持ちにさせることが可能です。

逆に、時間を守らなかったり、連絡を受けても返事を後回しにしてしまったり(レスポンスが悪い)、雑な仕事をしていれば信頼を得ることはできませんし、失う可能性すらあります。

よく注意して「自分の価値」を高めることで「信頼」を得れば、自ずと継続案件に繋がっていくでしょう。

もしその案件が終了時に継続してもらえなかったとしても、また別の機会に直接案件に誘ってくれるかもしれません。

どこで繋がるか分からないので、常に最大限のパフォーマンスを発揮しましょう。

自分の実力以上の案件は取らない

信頼に繋がる点ですが、自分の実力では到底達成できない案件を引き受けるべきではありません。

報酬の額や条件などに釣られて、つい自分の技術力では無理そうな案件に飛びつきたくなるかもしれません。

しかし、それで得られるメリットはほとんどないでしょう。

仕事を失敗してしまうかもしれませんし、仮に成果物などが無事に納品できたとしても、必要以上の労力を使うことで疲弊してしまいます。

当初の話と実際に契約を結ぶときに条件が異なる場合も往々に発生するので、案件を受ける際には十分に注意してください。

フリーランスエンジニアの活躍の場は広がっている

社員を褒める社長

今回の記事では「フリーランス」の「エンジニア」における仕事に関して、様々な角度から注目してきました。

フリーランスエンジニアの活躍の場は年々増加しています。

IT業界においては独立・フリーランスへ転身する方が続々と増え、今後もその波が衰えることはないと考えられないでしょう。

給与や年収に直結するというのも確かな要因の1つですが、時間の使い方や勤務地に縛られないリモートワーク可能といった部分に魅力を感じて独立する方が増えているのです。

未来へ繋がるフリーランスエンジニア

成功を掴んだ男性

自分だけの「生き方」を実現できるのがフリーランスという働き方。

会社に縛られることなく、自由に働けます。

1つの会社に留まらずにIT業界全体でフリーエンジニアとして活躍すれば、世の中に様々なIT技術を提供してより豊かで便利な生活に携われるでしょう。

やり甲斐や生き甲斐を感じ、高いモチベーションを維持できる働き方ともいえます。

そして、自分だけが持つオリジナルの「ライフスタイル」を確立して、豊かな人生を歩んでいけるかもしれません。

だからこそ、フリーランスエンジニアは可能性が広がっている働き方だといえます。

楽しみながら仕事に取り組んで、より明るい未来を掴めるよう努力していきましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP