loading...

thumbnail

フリーランスの失敗を防ぐ方法を徹底解説!フリーランスの失敗談から学ぶ失敗を防ぐコツは?成功する人の特徴と秘訣も紹介

フリーランスになるなら失敗は避けたいもの。

そこで今回は、フリーランスの失敗を防ぐ方法を徹底的にご紹介していきましょう。

フリーランスの参入が増えている

フリーランスSE

近年フリーランスは増加傾向にあります。

しかし、参入する人が多い分、失敗する人もまた多いのがフリーランスの特徴といえるでしょう。

フリーランスへの参入に失敗した場合、また会社員に逆戻りしなければならない事態に追い込まれることも多いようです。

そうならないためにも、フリーランスで失敗を防ぐ方法をしっかり学んでおきましょう。

フリーランスの失敗は1年目に多い

エンジニア 不足

フリーランスで失敗する人の多くは1年目にあるようです。

とくにフリーランスに独立してからは仕事のペースを掴むまでが大変になります。

そもそも計画的にフリーランスとして独立していないのなら仕事の案件を獲得することが困難になるでしょう。

会社員から働き方も環境も全く変わるので、フリーランスについて知らないことだらけの1年目は苦労が多いです。

フリーランスで失敗する人の特徴

フリーランス 悩み

フリーランスで失敗する人にはどんな特徴があるのでしょうか。

フリーランスでの失敗談や失敗例をもとに失敗する人の特徴をご紹介していきましょう。

フリーランスを誤解している

新卒フリーランス

フリーランスで最も多いのがフリーランスに気軽に転向してしまう場合です。

そもそもフリーランスの働き方を誤解している人が失敗してしまう人に多いといわれています。

フリーランスになれば自由で気楽に仕事ができると思われがちですが、働いてみて違うことに気が付くでしょう。

リーランスの自由さは努力の上で得られるものです。

そのため、自由になりたい楽になりたいからといってフリーランスになると多くの場合失敗してしまいます。

仕事の生産性が低い

仕事 デザイン ソフトウェア

フリーランスは生産性が命です。

会社員時代、仕事量を他の人よりこなしていると自負している人ならフリーランスに向いているでしょう。

しかし、会社員時代に残業代を稼ぐためにわざと仕事を長くしているような人はフリーランスには向きません。

フリーランスの仕事の報酬は自給換算ではありません。

そのため、仕事の時間ではなく生産性で報酬を得られるということになります。

生産性の低い人はフリーランスには向かないので会社員でとどまっておくべきでしょう。

成長する機会を作らない

フリーランス 相談 会社

フリーランスには常に成長が求められます

フリーランスにとって停滞や現状維持こそ最も危険な状況です。

常に向上を目指すことで継続的な仕事に繋がるので日々努力が求められます。

そのため、向上心がない人や変化を求めない人にとってはとても苦痛な働き方となるでしょう。

意識が低い

フリーランス システムエンジニア

フリーランスは気軽に参入できてしまう分、意識の低い人多くみられます。

その多くがやはり1年目でフリーランスから脱落してしまうといわれているようです。

フリーランスはプロであることを要求されます。

そのため、コミュニケーション頻度や納期など仕事以外のこともチェックされていることを忘れてはいけません。

自分がプロである意識の低い人は、継続的な仕事を獲得できないためフリーランスとして失敗してしまいます。

安価な仕事を引き受けてしまう

フリーランスになったばかりの時期は知人や友人を通して仕事を依頼されることも多いでしょう。

そのときに知人価格で報酬を安くされてしまうのも失敗のもとです。

この安価な仕事ばかりが続いてしまうことで、貧困フリーランスへ足を踏み入れて失敗に陥ってしまいます。

クライアントが知人や紹介だったとしても、適正な価格に戻すタイミングと交渉術も兼ね備えておくべきです。

フリーランスで成功する人の特徴

ここからはフリーランスで成功する人の特徴をご紹介していきます。

しっかり準備してから独立

システムエンジニア 面接

フリーランスで成功している人は、しっかりと独立のための準備を行ってきているようです。

クライアントも前の会社や取引先を人脈をキープし、そこから紹介してもらうことが多く安定した仕事を得られます。

また、自宅の一部を事務所にするなど小さく始めることも成功している人の特徴です。

自己管理がしっかりできる

調べる男性

フリーランスは仕事の時間や場所も自由である分、自己管理能力が求められます。

仕事やプライベートの境目もなくなってしまいことがありますが、そこをしっかり区分けできる人ほど続けることが可能です。

ただ仕事をこなせばいいというわけではなく、自分の管理を自分でできる人こそフリーランスに向いているといえるでしょう。

ヴィジョンが明確

ステップアップ

フリーランスとして働く前にヴィジョンを明確にしている人も成功している人の特徴です。

フリーランスという働い方には会社員のように決まったキャリアが存在しません。

そのため、フリーランスとして働いていると将来不安になってしまうことがあります。

しかし、フリーランスになる前に明確なヴィジョンを決めておくことで、そのための努力を続けることができるでしょう。

どんなスキルアップが必要で、どんな経験や仕事をしていくかも自然に見えてくるはずです。

フリーランスだからこそ、自分の方向性を決める明確なヴィジョンを持つことが必要でしょう。

断ることができる

会議

断ることができるのもフリーランスには必要な勇気です。

仕事を断ると来なくなってしまうのではないかと不安になってしまいますが、できない仕事は断るべきでしょう。

仕事量やスキルが伴った仕事をきちんとこなすことで信頼に繋がります。その信頼こそが次の仕事を運んできてくれる

目先の報酬ばかり気にしていると長期的にフリーランスとして働くことが難しくなるでしょう。

情報交換をしている

フリーランス協会

フリーランスになると世界がどんどん狭まっていくのを感じてしまいます。

そのため、意識的に世界を広げるようにするのもフリーランスで成功している人の特徴です。

とくにフリーランス同士での情報交換をしておきましょう。

交流会やセミナーに参加することで情報と人脈を手に入れることができます。

仕事だけではなく、仕事のための人脈形成もフリーランスにとっては大切な仕事です。

フリーランスで多い失敗談

実際フリーランスではどんな失敗談が多いのでしょうか。フリーランスで多い失敗談から学んでおきましょう。

納期・スケジュール

デスクトップでコーディングする若い男性

フリーランスで最も多い失敗談が納期を守れないことにあります。

予定通りに仕事が進められなかったり、仕事を受注しすぎてしまうことが大きな原因と考えられるでしょう。

とくにフリーランスになりたての時期は仕事のペースがつかめずにオーバーワークになりがちです。

最初は少しづつ仕事をスタートできるように、十分な貯金を行ってから余裕のあるスタートを目指すのがいいでしょう。

納期を守らないことで信頼を失ってしまうので、スケジュール管理はしっかり行うべきです。

体調管理

フリーランスは体調管理も仕事のうちといわれています。

会社員のように有休があるわけでもないので仕事を休んでしまえば収入はありません。

また、もし体調の問題でフリーランスという働き方を選択している場合には理解あるクライアントを探すことも必要でしょう。

しかし、毎回体調不良で納期が遅れてしまっては信頼関係が築けないので、体調も考慮したスケジュールを行うべきです。

報酬が受け取れない

お金 収入

会社員ではブラック企業というのが存在しますが、フリーランスではブラッククライアントが存在します。

ブラッククライアントとは、フリーランスの報酬を踏み倒すクライアントのことです。

納品が完了したにもかかわらず、何度も修正依頼が行われ挙句の果てに報酬が支払われない事態もあります。

ブラッククライアントの手法は様々ですが、クライアントを見極めることもフリーランスには必要です。

これは経験やフリーランス同士での情報交換でブラッククライアントを見極められるようにしていきましょう。

確定申告

お金

フリーランスになると避けて通れないのが確定申告です。

今では簡単に確定申告を感慮させられる会計ソフトが登場しているので作業は楽になりました。

フリーランスの確定申告にはおおよその計算方法が記載されていることも多く、ザックリとした申請をしている人も多いようです。

しかし、それほど稼いでいなくても定期的に数人が選ばれて調査が行われています

そのときにしっかり領収書や書類を残しておくことが大切です。

確定申告が終わったとしても義務付けられた保存期間はしっかりと領収書や書類を保存しておきましょう。

連絡が滞る

電話をするフリーランスコーダー

フリーランスで連絡頻度を甘く見ている人も失敗談に多い傾向があります。

フリーランスでは連絡のスムーズさが信頼に繋がるといっても過言ではありません。

複数のクライアントを持つなら、連絡の優先順位を明確にして返信し忘れのないようにすることが必要です。

連絡が滞ったりするとクライアントには不信感が残り、契約解除や継続的な仕事を得られないこともあります。

フリーランスの失敗を防ぐ方法とコツ

目標

それでは具体的にフリーランスの失敗を防ぐ方法とコツをご紹介していきましょう。

成功しているフリーランスの特徴を取り入れる

会議

フリーランスで失敗を防ぐのであれば、成功しているフリーランスがしていることを取り入れるべきです。

フリーランスで自分の自由を手に入れることよりも、まずは仕事を軌道に乗せることが大切になります。

だからこそ、フリーランスとして独立する前にフリーランス仲間と知り合っておくのもおすすめです。

フリーランスの働き方や仕事の仕方など、直接成功している人から聞いて取り入れることが成功の近道といえるでしょう。

フリーランス向けサービスを活用する

エージェント

フリーランスになったら誰かに頼ることも必要なことです。

自分には人脈がないという方なら、フリーランス向けのエージェントサイトを利用してみましょう。

エージェントサイトではフリーランスになる前の相談を受け付けていることもあります。

フリーランスになる前からの利用も可能なので、これからのキャリアについてプロに相談することもおすすめです。

成功する秘訣

考える男性

フリーランスとして成功する秘訣にはどんなことがあるのでしょうか。

単価相場を把握しておく

給料ランキング

フリーランスになってからどのぐらいの報酬や仕事が行えるのか、しっかり把握しておくことも成功の秘訣です。

何も知らずにフリーランスになってしまうと、失敗談にもあったように安価で仕事を引き受けてしまう原因になります。

単価相場を把握するならクラウドソーシングやエージェントサイトで調べてみるのがいいでしょう。

自分と近い案件の相場をチェックして需要に適した単価を設定するように心がけてみるべきです。

最新の情報を得る

フレンドリーに握手を交わす人々

フリーランスは情報収集も仕事のうちと心得ておきましょう。

とくにフリーランスは新しいものを取り入れやすいことがメリットにあります。

大手が導入まで時間のかかることも個人単位であればすぐに取り入れることが可能です。

そうしてフリーランスのメリットを活かすことで、案件の受注に繋がっていくといえるでしょう。

だからこそ意識してセミナーや交流会で最新の情報を更新していくことが必要です。

人脈の形成だけではなくフリーランスとしてどう戦っていくのかを考える機会も必要といえます。

契約が継続されない理由

仕事探し

フリーランスとして仕事が軌道に乗って成功している人の多くは、クライアントとの仕事の継続にあります。

ある適度決まったクライアントから安定した仕事を受注することでフリーランスは軌道に乗ることが可能です。

では、フリーランスが上手くいかない契約が続かない理由は何があるのでしょうか。

その多くは仕事に手を抜いていることが挙げられるでしょう。

自分では仕事に手を抜いていないと思っていたとしても、案件を受け持ちすぎると仕事に雑さが出てしまいます。

そのため、次の契約に繋がらず負のスパイラルに陥ってしまうようです。

だからこそ、自分で責任を持って担当できる仕事を受け持つことが重要といえます。

契約が継続されないことが多いのであれば、仕事の質や件数を見直してみるべきかもしれません。

失敗から学ぶ

Webサイトデザイン・開発

フリーランスでは失敗しないことの方が多いものです。

だからこそ、失敗から学んで改善している人たちがフリーランスで成功している人といえるでしょう。

失敗談から予め情報を得て対策を行うことが、1年目でのフリーランス挫折を防ぐことができるのではないでしょうか。

失敗を恐れることよりも改善を行わないことを恐れるべきです。

自分で選ぶことの大切さ

キャリア選択

フリーランスのメリットは自分で選択できることといえるでしょう。

だからこそ、仕事のクライアントも自分に合ったものを選ぶことが失敗を防ぐことに繋がります。

また、誠実ではないクライアントにしがみつく必要もありません。

こちらから契約解除を申し出ることもできることがフリーランスの武器です。

そのためには、フリーランスとしてのスキルをしっかり持っていることが必要といえるでしょう。

フリーランスとして失敗しないためには、失敗から学ぶ謙虚さを持ち合わせておくことが何より大切です。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP