loading...

thumbnail

フリーランス支払サイトの平均日数や最短日数を徹底解説!支払いサイトを早めることはできる?支払いサイトが短いメリットとは

フリーランスになると会社員時代とは報酬の受け取り方や期間が異なります。

今回はフリーランスの支払いサイトについてご紹介していきましょう。

支払いサイトについて

給料ランキング

フリーランスでは支払いサイトという言葉をよく聞きます。この支払いサイトとは何を意味するのか詳しく解説していきます。

支払いサイトとは

支払いサイトのサイトは英語のsightからきています。sightの意味は手形などの決済期間です。

つまり、支払いサイトは支払期間のことをいいます。

主にフリーランスの報酬が支払われる場合、報酬が振り込まれるまである程度の期間が設けられているのです。

支払いサイトというとウェブサイトと勘違いすることもあるので債渡と漢字で表すこともあります。

すぐに支払われるわけではない

時は金なり

会社員時代には末締め翌25日支払いでお給料が振り込まれることが多かったと思います。

しかし、フリーランスになると様々な期間の支払いサイトがあり、会社員時代より報酬の受け取りが遅くなることもあるのです。

会社員からフリーランスになると、この支払いサイトの違いに戸惑った方も多いのではないでしょうか。

フリーランスの一般的な支払いサイトは締め後30日~60日後といわれております。

なぜフリーランスの支払いサイトは長めに設定されているのでしょうか。

そこにはフリーランスの報酬支払いの取り決めが関係しています。

フリーランスの報酬支払いの取り決め

握手するビジネスマン

フリーランスにはなぜ支払いサイトが設けられているのでしょうか。

フリーランスになると会社員時代とは違い、法人と個人または法人同士の商取引きとなります。

そのため、報酬の支払いも毎月の報酬をまとめて請求する掛売り方式となるのです。後払いともいわれます

報酬を支払う会社側は、納品されたもののチェックをするための期間として長めに設定することが多いようです。

この猶予を設けることで報酬に関するトラブルを回避することにも繋がっています。

フリーランス支払サイトの平均日数

年収 男性 報酬 お金 アップ

フリーランスの支払いサイトの平均日数はどのくらいなのでしょうか。支払いサイトの平均を見ていきましょう。

最近では支払いサイトのバリエーションが豊富

正しいドアを選択するビジネスマン

支払いサイトは長めに設定されることが多かったのですが、最近では支払いサイトのバリエーションが豊富になりました。

その理由にはエージェントサイトの存在が大きく関わっています。

対フリーランスとの契約の間にエージェントサイトを通すことで、フリーランスとの契約を安心して行えるようになりました。

報酬の支払いを早めたとしても、エージェントサイトを通すことでトラブルを回避できるようになったのも大きな要因でしょう。

フリーランス支払サイトの平均日数

フリーランス デスクトップ お金 ノートパッド

フリーランス支払いサイトの平均日数は30~60日といわれております。

平均日数に幅がある理由は月末締め翌月末または月末締め翌々月末払いの支払いサイトが最も多いからです。

今までは月末締め翌々月末払いが当たり前の支払いサイトだったので、支払いサイトの期間も改善されてきています。

ここでは支払いサイトの平均日数をご紹介しましたが、最短ではもっと早い期間で受け取ることが可能なのです。

フリーランス支払サイトの最短日数

お金

フリーランス支払いサイトが長いことはフリーランスの問題点としてよく取り上げられていました。

しかし、フリーランスが増えてきていることとエージェントサイトの存在で支払いサイトが見直されています。

その中でも注目なのがtechtree(テックツリー)というエージェントサイトです。

支払いサイトがなんと3日という短期間での受け取りが可能で、エージェントサイトでは最短の支払いサイトといわれています。

月末締め翌月3営業日払いという支払いサイトの短さなので、前月分の報酬がすぐに受け取ることができるのです。

支払いサイトを早めることはできる?

想像を膨らませる男性

エージェントサイトが契約の間に入っていることで、支払いサイトにも柔軟性が生まれてきています。

その中に支払いサイトを早めることができるエージェントサイトも登場しているようです。

即日出金が可能な場合もある

報酬

エージェントサイトを介した契約の場合、納品または契約が完了し報酬が確定している分に限り即日受け取りすることができます。

直接の契約ではなかなか即日入金というのはありません。

エージェントサイトの場合、クライアントと契約の段階で契約金を取り決めています。

そのため、即日出金の場合にはクライアントからではなくエージェントサイトが一時負担して支払う形となっているのです。

しかし、即日出金を行う場合は手数料を多めに支払うことや上限金額が決まっているなどの条件付きになっています。

即日出金にはメリットを感じますが、報酬が減ってしまうので余程のことがない限り使わない方がいいでしょう。

もちろんすべてのエージェントサイトが対応しているわけではないので、支払いサイトについてしっかりチェックしておくことが必要になります。

支払いサイトを選べることもある

成功を掴んだ男性

エージェントサイトでは支払いサイトを自由に選べることも多くなりました。

最も多い支払いサイトは、月末締め翌月末支払いの約30日です。会社員と変わらない支払いサイトが嬉しいですね。

続いて注目したいのが、月末締め翌月15日支払い15日締め月末支払いの支払いサイト約15日のものです。

月2回報酬を受け取ることができるので得をした気分になれる支払いサイトになっています。

また、支払いサイトを設けずに金額を設定する支払い方法も存在します。

この場合、報酬が少ない時期や副業などで報酬単価が少ない場合に毎回振込手数料を取られてしまうことを防ぐメリットがあります。

支払いサイトが短いメリット

起業家のオフィスでデスクトップで詰め物をした封筒を開く

支払いサイトが短いことのメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

報酬の受け取りがその都度できる

達成した

支払いサイトが短いことのメリットは、報酬の受け取りがその都度できることが挙げられます。

自分の成果を報酬としてすぐに受け取ることができるので、仕事への意欲もアップさせることができるでしょう。

また、手元に資金があるという安心感はフリーランスにとってとても重要なことです。

早く報酬を受け取ることができる

ガッツポーズするエンジニア

支払いサイトが翌々月末のように期間が開いていると困ることが多々あります。

会社員からフリーランスになったときには丸々1ヶ月報酬を受け取ることができなくなりますよね。

そのため、ある程度蓄えておく必要や次の報酬受取日までに本当に報酬が受け取れるのかという不安に駆られることになるのです。

また、旅行などで1ヶ月間の長期休暇を取り復帰した後も次の報酬受け取りまで期間が開いてしまうことになります。

しかし、支払いサイトが短いことで早く報酬が受け取れ、安定した生活を送ることができます

振込日を気にしなくて済むようになる

 

SE エンジニア 

支払いサイトが長いと、月々の支払い期限と報酬支払い日の睨めっこすることが多くなるでしょう。

しかし支払いサイトが短ければ、1ヶ月以上報酬が入らないということもないので振込日や引き落としの日を気にしなくて済みます

フリーランスになると報酬の受け取りに時間がかかることがデメリットに挙げられることが多かったようです。

今では支払いサイトが改善されたため、フリーランスになることへの不安も少なくなったのではないでしょうか。

支払いサイトの注意点

フリーランスの支払いサイトのメリットをご紹介しましたが、支払いサイトには注意しておくべきこともあります。

支払いサイトの注意点をご紹介していきましょう。

サイトを通すことで手数料が発生する

税金とビジネス

支払いサイトには受け取り期間が短くなるメリットがありました。

しかし、エージェントサイトを通して支払いが行われているため、報酬から手数料が引かれることを知っておきましょう。

エージェントサイトを通して案件を獲得することは、事務作業や営業をしなくて済む大きなメリットもあります。

従業員を雇うよりも手数料を支払うことの方が負担が少ないので、エージェントサイトを上手に利用するのがいいでしょう。

案件によって支払われる時期が異なる場合がある

会計 計算 PC 

エージェントサイトの中には、クライアントの締め日によって支払われる期間が異なることもあります。

クライアントが一定期間の報酬をまとめて後払いに設定している場合は、報酬確定月にカウントされず支払いが後ろにずれることがあるのです。

この支払方法は従来の月末締め翌々月末払いの支払いサイトが影響していると考えられています。

案件ごとに報酬の支払い期限などが記載されているので気をつけてみておきましょう。

支払いサイトとその他にチェックしておくべきこと

エージェントサイトで支払いサイトを利用するときにチェックしておくべきことをご紹介します。

報酬サイトや条件をチェック

まずは基本の報酬サイトや支払いの条件をチェックしましょう。

報酬サイトはまだまだ従来の月末締め翌々月末払いの長い場合もあるので、短い支払いサイトを希望しているならチェックは必須です。

また、支払いサイトが短かったとしても案件によって後払いなどの支払期間が異なる場合があるかもチェックしましょう。

報酬の支払い方法のバリエーションをチェック

Webデザイナー

支払いサイトについてチェックしたら、報酬支払いの方法についてチェックしていきます。

報酬支払いの多くは銀行振り込みが多く使われているでしょう。

しかし、その中でも指定の金融機関を使うことで振り込み手数料が安くなったり無料になることがあるのです。

振り込み手数料はわずかな出費と思ってしまいがちですが、年間を通して換算したら割と大きな金額になります。

塵も積もれば山となる精神で、細かいところまでチェックして無駄な手数料を取られないようにしましょう。

報酬の手数料をチェック

IT コンサル 男 PC 

支払いサイトで実は1番チェックしておきたいのが手数料です。

エージェントを通すと多くの場合、報酬から10%の手数料が引かれることになります。

エージェントサイトによって手数料や報酬確定金額の表示の仕方が異なっているのでチェックが必要です。

とくに報酬確定金額から手数料が引かれるのか、手数料が引かれた金額が報酬確定金額かの違いは理解しておきましょう。

振り込まれた報酬が予定より少なかったという事態になりかねないので、どのタイミングで手数料が引かれるのか知っておくべきです。

支払いサイトにばかり注目しがちですが、支払いサイト以外にもチェックしておくべきことがあるということを理解しておきましょう。

エージェントサイトを通すことのメリット

支払いサイトはエージェントサイトを通すことで短くなるという大きなメリットがあります。

その他にエージェントサイトにはどんなメリットがあるのでしょうか。

エージェントが案件を提供してくれる

クライアントと直接契約をする場合には、自分で案件を獲得する必要があります。

しかしエージェントサイトを通すことで、エージェントサイトが保有する案件から条件の良いものを選ぶことが可能です。

自分で獲得する案件では仕事の範囲や業務など偏ってしまうことが多かったのではないでしょうか。

エージェントサイトを通すことで新しい分野や違う仕事に挑戦することもできます。

そうすることで仕事への可能性が広がり、フリーランスとしてより自分を成長させることができるのです。

事務作業や交渉を代行してもらえる

ビジネスマンの握手

エージェントサイトを通すことのメリットには、面倒なことを代行してもらえることが挙げられます。

とくに契約や納品書などの事務作業や契約交渉の代行などが挙げられるでしょう。

そういった作業の時間を代行してもらうことで仕事に集中することができます。

今まで時間をとられていた作業がなくなった分、報酬がアップした方も多いそうです。

支払いサイトを選んで賢く利用しよう

喫茶店にてラップトップPCでフリーランスの仕事をする

直接契約では支払いサイトを選ぶことはなかなかできませんが、エージェントサイトを通すことで多くのメリットがありました。

支払いサイトのバリエーションが豊富なエージェントサイトを利用することはフリーランスとしても働きやすくなります

フリーランスは報酬面で弱い立場と思われがちですが、支払いサイトを自分で選んで賢く利用していくべきです。

自分にとってメリットのある支払いサイトのエージェントサイトを選んで、フリーランスのメリットをたくさん感じましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP