loading...

thumbnail

ゲームデバッカーの仕事内容や年収を徹底解説!テスターとの違いや求人案件の傾向は?ゲームデバッカーになる方法と将来性も紹介

ゲームデバッカーの仕事はどのような仕事なのでしょうか。

今回は、ゲームデバッカーの仕事内容や年収を徹底解説していきましょう。

ゲームデバッカーとは

コーディングするプログラマー

ゲームデバッカーとは、エンジニアが開発しているゲームのバグを見つける仕事です。

ゲームテスターと呼ばれることもあります。

デバッグというのは、バグを発見し取り除いて完成度を高めていく作業のことです。

ゲームデバッカーはバグを見つける作業を行う人であり、バグを取り除くのはエンジニアが行います。

そのためゲームデバッカーはプログラミングの知識やスキルが問われないことも多いようです。

ゲームデバッカーの募集はアルバイトや単発の仕事が多いので、レアな職種といえるでしょう。

今のところ専門の職種として確立されていないので、ゲームデバッカーだけで生活している人は一握りといえます。

ゲームデバッカーの仕事の内容

ゲームデバッカーはゲーム好きがやる仕事と思われがちですが、実はそうでもないようです。

ゲームデバッカーの仕事内容をご紹介していきましょう。

決められたコマンドを繰り返す

ゲームエンジニア

ゲームデバッカーの仕事は自由にゲームができると思われがちです。

しかし多くの場合はチェック項目を設けており、その項目に従ってデバッグ作業を行っていきます。

ほんの一例ですが作業としては、同じ攻撃技を繰り返したり、同じところを何往復も歩かせたりするようです。

デバッグ作業の項目に従いひたすら記載されているコマンドを繰り返し、バグが発生しないかチェックしていきます。

予想と違って根気のいる作業なので、単純作業が苦ではない人に向いているでしょう。

自由にゲームをしながらバグを探していく

フリーランス システムエンジニア

ゲームデバッカーのイメージ通り、自由にゲームをしながらバグを探すこともあります。

先ほどとは違い、チェック項目などは設けずにひたすらゲームをしながらバグを探していく作業です。

ゲーム好きには最高の仕事と思われがちですが、趣味でゲームを楽しむのとは違います。

ゲームをただ楽しむだけではなく、様々な考えを巡らせながらゲームをしていくことが必要です。

ゲームをしながらバグや気付いたことをメモしたり、後で報告することも考えながら行っていきます。

バグの報告

グラフィックペンを使う若者

ゲームデバッカーの仕事はバグを見つけるだけではありません。

ゲームをプレイしてバグを見つけて報告するまでが仕事です。

報告の際にはレポートにバグの詳細を記録して提出します。

バグが発生したコマンドや発生頻度、バグの内容など細かく記載する必要があるでしょう。

そのため、ゲームをしているときにも細かく記録しながら作業する必要があります。

報告の作業こそ、ゲームデバッカーの重要な仕事です。

バグの状態を的確に伝える必要があるので、コミュニケーションスキルも求められるでしょう。

提案

オフィス 会議 会社

ゲームデバッカーは意見を求められることもあります。

実際にプレーしてみての率直な感想やゲームの展開・機能などについて提案することもあるようです。

ゲームを制作している側では気づかないことも、初見でプレイするゲームデバッカーなら気付けることがあります。

だからこそ、エンジニア以外のゲームデバッカーがプレイする必要があるのでしょう。

バグを発見するだけではなく、ゲームをしていて感じた違和感などを伝えることでよりゲームの完成度が高まります。

ゲームデバッカーはこの提案力を高めることにより、専門職として確立できる可能性があると考えられるでしょう。

ゲームデバッカーとして活躍したいのであれば、提案力を身に付ける必要があります。

リリース後

プログラムスクール

現在ではインターネットを介したゲームが主流となり、アップデートでバグの改善や機能の追加が可能です。

ゲームのリリースはスピード感が重要視されているので、リリース後のバグの発見も多くなっています。

そのため、ゲームデバッカーはリリース後に報告されたバグの検証作業を行うこともあるのです。

ユーザーからのバグの報告を元に検証し、次のアップデートで修正できるようにレポートを提出します。

ゲームデバッカーとテスターの違い

アメリカ人プログラマー

ゲームデバッカーとテスターと呼ばれるテストエンジニアの違いはどこにあるのでしょうか。

ゲームデバッカーはゲームに特化していることが挙げられます。

ゲームの不具合を見つけて報告するまでが仕事となり、実際に開発に携わることありません。

テスターは、システムなど幅広くエンジニアが開発したシステムの動作確認をしてバグを見つけます。

テスターは開発で携わっていた人が行う場合もあるようです。

そのため、見つけて報告するだけではなく改善策などの提案や修正作業を行うのも仕事です。

このことから専門性と関わる範囲が異なることがわかるでしょう。

テスターの方が携わる範囲が広く、開発にも携わることがわかります。

ゲームデバッカーの年収

ゲームデバッカーは職種として確立されていないので、明確な年収は出せません。

そのため、単発案件やアルバイトなどの求人から年収を算出していきましょう。

アルバイトの場合はプログラミングなどのスキルが求められないので、年収は約150万~450万円程になります。

フリーランスのゲームデバッカー案件では、平均月単価47万円となるので年収は約564万円です。

会社員のゲームデバッカーの場合、ゲームメーカーやシステムエンジニアの平均年収と同じくらいといえるでしょう。

職種として確立されていることは少ないため、ゲームエンジニア兼ゲームデバッカーという場合が多いようです。

ゲームデバッカーになる方法

ゲームデバッカーになるためにはどのような方法があるでしょうか。

ゲームデバッカーになる方法をご紹介していきましょう。

デバッグ専門会社・ゲーム制作会社に入社する

スタートアップビジネスの社員

ゲームデバッカーはまだ職種として確立されていないので、デバッグまたはゲーム専門の会社に入社することが近道です。

会社に所属することで長期的に携わることができます

デバッグ専門の会社では、ゲーム以外のバグを見つける仕事もすることになるでしょう。

ゲーム制作会社やゲーム業界では、入社したばかりの新人がゲームデバッカーを担当することが多いようです。

バグを発見することで、どのようなバグが起こりやすいのかを勉強するためといわれています。

いずれにせよゲームデバッカーとして専門的に働くのは難しいといえるでしょう。

ゲームメーカーの単発案件

デスクでパソコンに向かう男性

ゲームデバッカーの仕事だけをしたい場合は、ゲームメーカーが募集しているゲームデバッカー案件に応募しましょう。

ゲームメーカーではゲームの完成間近に、短期的に人数を集めてデバッグ作業を行うことがあります。

フリーランスエンジニア案件でも見かけることがあるので、フリーランスエンジニアになることで携われる機会も多くなるでしょう。

大手ゲームメーカーの案件では非公開案件にされていることも多いので、エージェントに問い合わせることがおすすめです。

ゲームデバッカーに求められるスキル

ラップトップPCを使って働いている男性

ゲームデバッカーにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

ゲームデバッカーに求められるスキルについてご紹介していきましょう。

テスト経験

スタートアップのオフィスで働く人

ゲームデバッカーにはテスト経験が求めらることが多いようです。

ゲームデバッカーと同じバグを見つける作業であることと、エンジニア経験があることが重要視されるのでしょう。

ゲームデバッカーの経験があること自体レアケースなため、ゲームデバッカーに近いテスト経験が求められます。

テスト経験はエンジニアの初心者でも携われる作業なので、ゲームデバッカーになりたい場合は少しでも経験しておくべきです。

経験が浅いエンジニアでもゲームデバッカーになれる可能性があるので、テスト経験はしっかり押さえておきましょう。

コミュニケーションスキル

エージェント

ゲームデバッカーの仕事は、バグの報告がメインです。そのため、バグや発生状況を的確に伝える必要があります。

わかりやすく状況などを伝えるスキルが求められるでしょう。

また、ゲームデバッカーはプログラマーなどのゲーム開発者から意見を求められることも多いようです。

そのため、開発者に要望や改善点を上手く伝えられる人ほどゲームデバッカーとして重宝されます。

プログラミング経験があると開発側と話が通じるので、プログラミングスキルがあるとより活躍できるでしょう。

ゲームデバッカーの現実

ゲームデバッカーは実際どのような仕事なのでしょうか。

ゲームデバッカーの仕事の実情を理解しておきましょう。

スケジュールに追われる

ウェブデザインを考える

ゲームデバッカーの仕事は、ゲームのリリース間際が忙しい時期です。

リリース日に間に合わせるために、多くの人員を集めてバグの確認作業を実施します。

スケジュールなどの都合で作業が間に合わなくなることもあり、1人が複数のPCやスマホでデバッグ作業を行うこともあります。

これこそゲームを楽しんでいる暇はないほど作業に追われる状況です。

ゲームデバッカーの仕事に憧れている方は、こうした現実もしっかり理解しておきましょう。

地位が確立されていない

ゲームデバッカーは、まだ職種としても地位が確立していません。

ゲームデバッカー案件の多くは、アルバイトや新入社員が担当することが多く重要視されていないことがわかるでしょう。

専門職としてまだまだ確立できていない職種だからこそ、これから可能性がある職種でもあります。

もし本気でゲームデバッカーになるなら、ゲームデバッカーの第一人者になれるチャンスです。

ゲームやエンジニアとしてのスキルや知識を身に付けて、経験を積むことでゲームデバッカーの地位を確立しましょう。

ゲームデバッカーに向いている人

ゲームデバッカーに向いている人はどのような人でしょうか。

ゲームデバッカーに向いている人の特徴をご紹介していきましょう。

ゲームの操作に慣れていること

若いスタートアッププログラマ

ゲームデバッカーになるなら、ゲームの操作に慣れていることが求められます。

ゲームの操作スピードなども求められるため、操作に慣れていることは重要です。

また、日ごろからゲームをしている人の方が違和感を見つけやすいといわれています。

ゲームが好きというよりも、ゲームに情熱のある人が向いているといえるでしょう。

良いゲームを作りたい、良いゲームのために貢献したいという人が向いているかもしれません。

忍耐強さ

考える男性

ゲームデバッカーの仕事は、ゲームを楽しむよりも単純作業が多くなります。

そのため、長時間の単純作業が苦にならない人が向いているといえるでしょう。

好きなジャンルのゲームばかりに携われるとは限りません。

どんなゲームでもデバッグ作業を黙々と行える人が向いています。

ときには報告されたバグが発生するまでデバッグ作業を繰り返すこともあるようです。

だからこそ、ゲームデバッカーには忍耐強さも必要といえます。

ゲームデバッカーのやりがい

喜ぶ男性 会社

ゲームデバッカーの仕事はあまり注目されることがありません。

しかし、ゲームデバッカーがいないと完成度の高いゲームが世の中に出回ることもないでしょう。

あなたが発見した1つのバグで、品質が大きく左右されることもあります。

注目はされないけれど、地味に大切な仕事をしている職種といえるでしょう。

縁の下の力持ちといった陰で支えるポジションなので、サポート役が得意な人にもおすすめです。

ゲームが発売されたときにゲームの完成度の高さが評判になれば、ゲームデバッカーとしてもやりがいを感じるでしょう。

ゲーム好きであれば、単純に世に出る前のゲームをプレイできるメリットもあります。

ゲームデバッカーの仕事は軽視されがちですが、意外と重要な役割を担っている仕事です。

ゲームデバッカーの将来性

ビジネスマン 

スマホゲームやオンラインゲームが主流となり、ゲームのリリーススケジュールがタイトになっています。

そのためゲームデバッカーの存在がこれからさらに重要視されていくでしょう。

ゲームデバッカーの需要も拡大傾向にあります。

eスポーツやVRなどの登場により、ゲームの地位がこれからもっと向上していくでしょう。

そうすることにより、ゲームデバッカーの地位やポジションも確立されていくのではないでしょうか。

ゲームが複雑化していくことで、より専門的なゲームデバッカーが求められるようになります。

ゲームプログラマーやテストエンジニアの経験を積んでおくことでゲームデバッカーのスペシャリストを目指すことも可能です。

ゲームデバッカーは可能性のある職種なので、これからに向けて準備しておくべきでしょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP