loading...

thumbnail

【IT業界】職種別の給料ランキングを紹介!平均年収や給料相場が高い職種は?年収1,000万円も可能?会社員とフリーの給料を徹底比較

注目のIT業界ですが、職種別で見てみると年収に差があるのはご存知でしょうか。

そこで今回は、IT業界の職種別給料ランキングや平均年収をご紹介していきます。

IT業界で高収入を目指したい方はチェックしてみてください。

IT業界とは

仕事上のチーム

そもそもIT業界というのは何をしている企業なのでしょうか。

ITというのはInformation Technologyの略で情報技術という意味になります。

直訳するとIT業界は情報技術業界ということになり、PCやインターネットに関連したサービスを提供する企業のことを指します。

今やPCやインターネットに関連したサービスは幅広くなり、IT業界は様々な分野に広がっています。

IT業界平均年収

お金

IT業界の平均年収を見てみると様々なことがわかります。IT業界の平均年収をチェックして比較しましょう。

日本の平均年収で見ても高い位置にいる

年収 男性 報酬 お金 アップ

IT業界の平均年収は、全体で461万円といわれています。

日本の平均年収が441万円なので、平均より上に位置しているといえるでしょう。

職種によって年収に幅がある

会計 計算 PC 

しかしIT業界は高収入と期待していた方にとっては低いと感じてしまうかもしれません。

これは平均年収であり、IT業界は急速に成長している業界のため業界の中でも様々な職種に分かれています。

IT業界の中にも低賃金の業種や圧倒的な高収入の業種があるため、比較的平均年収に近い位置にいると考えられるのです。

IT業界では多種多様な働き方を実現している企業が多いのも特徴です。

そのため収入にばらつきがあり平均年収が低くなる傾向もあるといわれています。

注目のIT業界といっても、業種選びで収入に差が出るということを理解しておくべきです。

IT業界の職種別給料ランキング

ランキング

IT業界で高い年収を獲得しているのはどのような職種なのでしょうか。

IT業界の職種別給料ランキングをご紹介します。

【第1位】ITコンサルタント

スーツ男性 オフィス

IT業界の中でもトップといわれているのがITコンサルタントです。その平均年収は643万円と高水準に達しています。

しかしITコンサルタントもまた実力で収入格差のある職業なので、平均年収は目安程度にしておくべきでしょう。

ITコンサルタントは年収1,000万円以上も可能な職種といわれています。

そのため、多くのシステムエンジニアが最終的に目指す職種なのです。

ITコンサルタントの仕事はIT業界の中でも最上流工程ともいわれます。

仕事内容は主に、クライアントへのヒアリング・分析・提案・マネジメントです。

クライアント企業の経営や戦略に関わる部分に介入していくので、経営戦略に関する知識も問われます。

また技術力よりも提案力やマネジメント力などが必要になる仕事です。

逆をいってしまえば技術力はそれほど必要としないため、ITコンサルティング企業は技術力がない人が多いのも特徴といえます。

【第2位】プロジェクトマネージャー

オフィスで働くプログラマー

ITコンサルタントの次に高収入なのがプロジェクトマネージャーです。

プロジェクトマネージャーの平均年収は569万円となっています。

プロジェクトマネージャーというのは、プロジェクトメンバーの選出からタスク・スケジュール管理などを行う仕事です。

こちらもITコンサルタントと同じく、実際に手を動かすよりはマネジメントに比重を置いた仕事といえるでしょう。

IT業界で1つの仕事を依頼されると、WEBデザイナーやエンジニアなど違う職種の人が集まって仕事を行います。

それらをまとめるのがプロジェクトマネージャーであり、幅広いIT業界の知識が問われることになるのです。

【第3位】セールスエンジニア

オフィス 会議 会社

セールスエンジニアの年収は560万円といわれています。セールスエンジニアは技術職というよりも営業職に近いのが特徴です。

IT業界というと技術職が注目されがちですが営業職でも高収入を目指すことができるでしょう。

セールスエンジニアの仕事内容は、主にクライアントへの提案やサポートになります。

IT業界でセールスエンジニアが重宝されている理由には、専門知識を一般的にわかりやすく説明する必要があるからです。

IT業界の専門職にいると日常会話で使用される専門用語も一般企業では通用しません。

そのため、セールスエンジニアがIT業界と他の業界の橋渡しの役割を担っているというわけです。

だからこそセールスエンジニアには、IT業界の深い知識とコミュニケーションスキルが要求されます。

システムエンジニアから転向する人も多く、年収アップを目指せる職種ともいわれているのです。

給料相場が高い職種の特徴

IT業界で給料相場が高い職種には共通点があります。IT業界で高収入を目指している方は参考にしてみてください。

上流工程を担当する職種

会社 会議 スーツ 男性

IT業界で給料相場が高い職種の特徴として上流工程を担当していることが挙げられます。

上流工程というのは、システム開発や設計を行う場合に発生する初期段階の工程です。

つまり、クライアントの交渉や提案・設計・プロジェクトのマネジメントがそれにあたります。

IT業界の職種別給料ランキングで上位にランクインしていた職種も上流工程に当てはまるといえるでしょう。

もしIT業界で高収入の職種を選ぶのであれば、上流工程に関わる仕事であるかをチェックしておくべきです。

スキルと知識を有する職種

フリーランスと自営業の違い

コミュニケーションやマネジメントなどのスキル・IT業界やその他の知識を必要とする職種も給料相場が高い傾向にあります。

IT業界というと技術職が注目されがちですが、意外と技術力よりも知識や技術以外のスキルを要求されることが多いのです。

しかしIT業界の知識や技術を理解するためには、ある程度の技術力も必要といえるでしょう。

そのため高収入を獲得している職種の多くは技術職であるエンジニアから転向している方が多いのも特徴です。

将来的にITコンサルタントなど高収入を目指すためにあえてシステムエンジニアからスタートさせることも多いそうです。

年収1,000万円を可能にするには

想像を膨らませる男性

IT業界で年収1,000万円を可能にするにはどうしたらいいのでしょうか。年収1,000万円になるための方法をご紹介します。

スキルアップを目指す

ノートパソコン

IT業界で年収1,000万円を目指すためにはスキルアップが欠かせません。

とくにIT業界で年収の高い職種の場合には、自分の得意分野以外の職種への理解も必要になります。

そのためIT業界の他の職種や業務について、システムエンジニアとしての技術は最低限持ち合わせておくといいでしょう。

またエンジニアとしての技術力だけではなく、コミュニケーションやマネジメントスキルが求められる場面も多くなります。

IT業界では年功序列よりも実力主義のケースが多いため、早い段階でマネージャーなどの役職を経験しておくことも必要です。

フリーランスになる

フリーランスSE

ここ数年でIT業界のフリーランスへの転向が多くみられるようになりました。

その理由の多くはフリーランスになった方が稼げるためです。

会社に所属していると、いくら自分が利益を上げたとしてもその多くが会社の利益となってしまいます。

ある程度評価はしてもらえるものの不満が残ることが多いのではないでしょうか。

その点、フリーランスは自分の実力や成果が報酬となって返ってくるのが特徴です。

しかしスキルや経験が重要視されるので、会社員のうちに専門性を高めて実績を残しておくといいでしょう。

会社員とフリーの給料を比較

起業家のオフィスでデスクトップで詰め物をした封筒を開く

会社員とフリーランスではどのぐらい給料に差ができるのでしょうか。会社員とフリーランスの給料を比較していきましょう。

エンジニア平均年収で比較

最新ニュースを読んでいる

今回はシステムエンジニアの会社員とフリーランスの平均年収で比較していきましょう。

まず会社員のシステムエンジニアの場合、平均年収は667万円です。

フリーランスの平均年収は約800万円が平均的といわれ、700万円~1,200万円が最も多い層となっています。

会社員とフリーランスでは平均年収に100万円以上の開きがあるのです。

これなら会社員からフリーランスへ転向する人が多いのも納得できますね。

フリーランスはなぜ高収入なのか

仕事 収入

なぜフリーランスと会社員ではこれほど年収に差がでるのでしょうか。1番の理由に中間マージンがあります。

フリーランスはクライアントから直接仕事をもらうケースが多く、中間マージンの発生を抑えることができるのです。

働いた分はすべて自分の利益になるため、システムエンジニアとしての働きに正当な金額が支払われます。

しかし会社員の場合には、会社に利益が出るように報酬をコントロールされてしまいます。

自身の給料が少ないなと感じるのはごく自然なことといえるでしょう。

フリーランスとして働くことで正当な金額を受け取れるということに、賢い人は気付いているのです。

フリーランスになれば可能性が広がる

電話をするフリーランスコーダー

IT業界でフリーランスとして働くことは、自分の可能性を広げることにも繋がります。

会社員では会社から指定された仕事を会社が受け持つ範囲でしか行うことができません。

しかしフリーランスであれば幅広い業務や職種に挑戦することも可能です。

特にIT業界は求められる職種にトレンドがあります。

トレンドが変わったら自身でそのスキルを身に付ければ、いつでも第一線で活躍することが可能なのです。

それには常に学び続けることが要求されますが、向上心を持ち続けることで仕事にも人生においてもハリが出るでしょう。

IT業界は注目度が高い

IT企業 会社 

IT業界の給料や年収について紹介してきましたが、なぜこんなにIT業界が注目されているのでしょうか。

大きな理由として、IT業界が今最も世の中に与えている影響が大きいからといえます。

この数年でIT業界は大きく変化しました。どの企業にもPCが置かれ、ITと関わりのない企業はほとんどありません。

それだけ世の中にあって当たり前のものになっているのです。

しかし、システムエンジニアとして活躍している人はどのくらいいるでしょうか。深刻なIT人材不足が問題となっているのです。

IT業界の年収が高い理由にも人材不足が大きく関わっています。

これだけIT化が進んでいるなら、すべての人が当たり前のスキルとして持っているべきものといえます。

そのため、プログラミングが必須科目として日本でも一般常識化されてきています。

今後IT業界で活躍していくためには、より高度なスキルが要求されるでしょう。

これからのIT業界

分かれ道

IT業界は変化が早い業界ともいわれています。これからのIT業界はどのような変化を見せていくのでしょうか。

IT業界のこれからについて解説していきましょう。

注目の分野に目を付ける

ブラウザのアイコンをタッチする男性

これからのIT業界ならより専門的な分野に目をつけるのがおすすめです。

とくに伸びをみせているのがAI、IoT、ビッグデータの分野といえます。

一般的なプログラミング言語を使うような職種は、プログラミング必須科目世代が社会人になる頃には需要が少なくなるでしょう。

より専門的で技術力や専門知識を有する職種に高収入者が多くなり、IT業界の常識が変わっていくことも予想されます。

これから転向するのもアリ

設計

これから何十年もIT業界で働き続けるためには今の職種にしがみついていることは危険かもしれません。

今までは安定していることこそ良しとされていましたが、これからは変化に柔軟に対応できるものこそ生き残れる時代です。

一般的なシステムエンジニアとして働いているのなら、より専門的な技術や幅広い知識を身に付けて転向するのもいいでしょう。

IT業界は若者の業界といわれていますが、これからは年代に合わせてIT業界の相応しい働き方も見えてくるはずです。

あなたが先駆者となり、IT業界で上手に働く方法を体現していくべきでしょう。

ランキングは変わり続ける

ネットワーク 世界 地球

IT業界の職種別給料ランキングはIT業界のトレンドに合わせて変化していきます。

もしIT業界の給料ランキングを見て職種を決めようとしているなら注意が必要です。

それよりも自身の先見の明を持って、IT業界で注目の職種に目を付けておくことで高収入を目指せます。

今は職種として確立していなかったとしてもすぐ新しい職種が登場するのがIT業界です。

IT業界を目指すのであれば、変わり続けることを恐れずに楽しむスキルも大切といえるでしょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP