loading...

thumbnail

Java案件の特徴や単価を解説!減少するJava案件を獲得するコツは?フリーランスの在宅Java案件の内容や単価例も紹介

現在発展途上といわれるエンジニア業界ですがその中でも注目されているのがJava案件です。

フリーランスエンジニアとして生計を立てている人達の間でも最も需要が高いといわれるJava案件の特徴や単価など気になる点は数多くあるでしょう。

今回は人気度の高いJava案件について解説していくとともにどうやって案件を獲得するかなどもまとめてご紹介します。

Java案件とは?

Java案件はSun Microsystem(サンマイクロシステム)社が開発したプログラミング言語を取り入れたシステム開発です。

システム開発に対して最も重要とされていた言語に関する問題をこのJavaがカバーしてくれる事で飛躍的な進化を遂げたともいわれています。

現在多くのエンジニアがこのJavaを活用している点や将来性においても、Java案件に対応できる技術を持つ事が大きな力になると考えらるのです。

Java案件の特徴

Java案件は案件数が多いのが特徴です。

通常のWeb業界に対応しているだけでなく金融業界や官公庁、エンタメ業界など多種多様に活躍する事ができるものです。

このことからJava案件に精通することで多くの企業でエンジニアとしての活躍が期待できるといえます。

未経験者から上級者まで選べる案件内容

デジタルマップ

また実務経験が浅い未経験者でもandroidアプリ開発やゲーム開発に携われるのがJava案件のよさともいえます。

もちろんエンジニアとして様々な知識や経験を活かしている上級者向けにも要件定義、基本設計などの案件を振り分けることも可能です。

そのため一からエンジニアとしての経験を培っていきたい初心者から自分が持つ技術をフルに発揮したいと考える上級者まで、幅広く受け入れられるのがJava案件でもあります。

案件数の多さから、ただ上級者向けというだけでなく得意分野を活用する機会が増えるでしょう。

Java案件はスキルアップの場としても選ばれやすい環境にあるのです。

Java案件に対応するエンジニアの利点

Java案件は週5日が当たり前?

エンジニアとして会社員を務めていた人の中には週5日で業務を行うのが当たり前と考える人も少なくありません。

確かにWeb業界の多くが24時間365日営業できる事を売りとしている現状があります。

しかしエンジニアにまでそれが適応されるかというとその限りではないのです。

エンジニア業界が登場した当初は週5日常駐が基本となっていましたが、現在では採用基準として週2~3日常駐でも企業側が受け入れてくれる場合があります。

しかしすべてのエンジニアがその対象になるかといえばそうではありません。

エンジニアとしての実務経験が3年以上のエンジニアは技術やスキルを目安に週2~3日勤務の契約が可能です。

様々な案件に精通する事ができるJavaエンジニアですが実は海外のエンジニアに比べると業務時間が長いというデメリットもあります。

このデメリットはエンジニアに関係なく、国内様々な業務で当てはまっている問題です。

しかし近年働き方改革が浸透しているため、残業時間や労働の短縮など様々な点が見直されています。

有給休暇や育児休暇などの取得も積極的に行っていこうという声が広まっている中、エンジニアは他のどんな職種よりも融通が利きやすい点から働き方改革をいち早く導入したともいえるのです。

その他にもエンジニアとしての知識を持っている事でフリーランスとして在宅業務も行う事ができるため週5のフルタイムでは働く事が難しいという人でも働きやすい業務となっています。

フリーランスエンジニアは利点だらけ

デザインのプロジェクトを行う男性

エンジニアとして企業で働いている方の中でも現在の待遇に不満を持っていたり、自分自身のレベルアップ・スキルアップが見込めないと悩んでいる人も少なくないでしょう。

その大きな理由は多くの企業が複数の開発に手を伸ばす事がないという現状です。

金融系であればそれ一本に絞っている場合も一般的で、複数の開発を行っていても専属エンジニアとして業務を行うため他のジャンルに幅を広げにくいともいえます。

その一方、フリーランスエンジニアは利点が高いとされています。

自分自身に合ったジャンルで案件を探す事ができる上に、初めてのジャンルであってもエンジニアとしての実績が認められれば経験を積む事が可能です。

もちろん利点だけではなくデメリットになる点もあります。

それは新しいジャンルのエンジニアになる場合は今までの経験が100%活かせるわけではないという点です。

自分が知らなかった業界のエンジニアを受け持つ事になるので経験を積むために下積みに戻らなくてはならない場合もあります。

また企業に所属する事で安定していた給金がフリーランスエンジニアになる事で不安定になってしまう点も考えなくてはなりません。

エンジニアとして新たなスキルアップを目指すためにも、きちんと下調べを行う事がフリーランスとして大切なポイントになります。

会社員で身に付けた知識も有効

OLYMPUSデジタルカメラ

案件の多さからITエンジニアの登竜門になりつつあるJava案件ですが、やはりなんの知識もなしにいきなりトライするのは厳しい条件といえます。

企業と契約する事で一から自分の知識や技術を身に付けると考えるのは決して悪い事ではありませんが、企業側も即戦力としてエンジニアを求めるケースがほとんどです。

その場合、会社員からフリーランスエンジニアへとジョブチェンジした人は大きな戦力になるといえます。

社員をしているうちにJava案件に有効な資格を取得しておいたり、SNSなどを利用して技術ブログを作成するのも契約の際に高得点となるでしょう。

たとえ未経験やブランクを持っていたとしてもこのようにエンジニアとして働く意欲と姿勢を提示する事が大切です。

Java案件の単価は高い?安い?

考える男性

対応できる案件が多いJava案件の単価が気になる方も多いのではないでしょうか。

将来的に技術を身に付けられる案件であったとしても一件の単価が安いとフリーランスエンジニアにとては死活問題となります。

ここではそんなJava案件の単価を詳しく確認していきましょう。

案件価格はエンジニア歴で変わる

エンジニアの仕事になるとJava案件に関わらず長期の業務になりがちです。

そのため多くの業務で週5で働く事を前提に契約がされます。

フリーランス業務の中でも安定した給金を受け取る事ができるのは月給制の場合が一般的です。

Java案件も例外なく月給案件が多くあります。

しかし企業の中には一件にいくらという設定をしている場合もあるためフリーランスエンジニアを考えている場合には事前にチェックしておくべきポイントになるでしょう。

Java案件の単価相場は実務未経験の場合だと月に25万前後と考えるのが妥当とされています。

そこから実務経歴を積んで給金がアップしていくのが一般的ですが、実務経験が少ない場合であっても技術や知識量などが認められると単価アップの決め手になっていくでしょう。

単価相場をきちんと知っておこう

案件価格がエンジニアとしての経歴で決まるTIエンジニア業界では未経験者とベテランとでは金額に差が出るのは当然といえますが、それでも単価が安いのではないかと感じてしまう場合もあるでしょう。

その場合は実際に自分が受け持とうとしているジャンルの相場を確認する事も大切です。

日本では技術職であっても安く見積もってしまう企業が少なくありません。

自分の技術ではと謙遜してしまうと今後もその金額で問題ないと考えてしまう企業もあるためきちんと相場を知って自分自身のプレゼンを行う必要があるのです。

日本国内でのエンジニアの年収は世界的に見ても低い傾向もあるため自分自身の価格を下げすぎないように注意が必要です。

競争率の高いJava案件の探し方

エンジニアとして多くの案件に携わる事ができるのがフリーランスエンジニアの利点ですが、在宅Java案件を探すとなるとハードルが高くなります。

フリーランスエンジニアになると自分自身の長所を活かした案件や体験してみたいと考える案件に触れる事ができますが、その分案件獲得が難しくなってしまうのが問題点といえるでしょう。

ここで大切なのが求人案件トレンドをきちんと確認する事です。

フリーランスとして自分自身で案件を勝ち取るためには時代が求めるトレンドを逐一把握しておかなくては波においていかれてしまいます。

Java案件を獲得コツはあるの?

エンジニアの中でも人気度の高いJava案件は高い競争率を誇ります。

様々な案件に精通するJavaを習得しているエンジニア人口が増えてきている傾向があるのがその理由です。

金融系や官公庁などの大口と呼ばれる案件になると競争率も一段と高くなり、必然的に案件獲得が難しくなるでしょう。

しかしJava案件を利用する中で現在同時進行で拡大している業界があります。

それはandroidアプリ開発業界です。

スマホ一台に対して一人のエンジニアがつくという考えになるため企業側もエンジニアを求めるという形ができあがります。

多くのエンジニアが今まで契約していた企業の元で仕事を続けているため、アプリ開発を考えている企業はエンジニア不足に陥っている現状です。

そのため浅い実務経験者であっても高待遇で案件を獲得する事ができるのです。

この点を考えてJava案件を探してみると獲得可能な案件を見つけることができるでしょう。

Java案件の在宅業務について

Java案件で在宅業務は可能?

フリーランス システムエンジニア

フリーランスエンジニアとしての仕事を考えている方の多くが在宅での業務を希望しているのではないでしょうか。

Javaのプロジェクトでは規模が大きな案件が多く他のエンジニアとの連携やクライアントとの情報共有が必要不可欠になるため、在宅業務に適している案件とはいい難くなってしまいます。

かといってJava案件での在宅業務ができないというわけではありません。

きちんとクライアントや他エンジニアとの連携が取れる通信環境が整っている状態であれば在宅業務としても可能性があります。

在宅エンジニアは小規模案件をチェック

androidアプリ開発などの小規模な案件になると在宅業務であっても案件獲得の可能性が見いだせます。

非ゲームアプリにも対応できるエンジニアを募集している企業は多くあり、フリーランスエンジニアにとってチャンスともなります。

エンジニア不足の企業であれば実務経験が少ないなどの理由から大手では不採用になってしまうエンジニアの卵たちを拾い上げてくれるでしょう。

成長するために試行錯誤が必要になってきますが、自分自身の技術やスキルをアップさせるためと考えれば最高のスタートラインになるはずです。

継続案件獲得のためにエージェントを利用しよう

セキュリティエンジニア

現在、フリーランスエンジニアの在宅業務を中継するサイトが多くなってきました。

しかし多くの案件が一度きりというものがほとんどを占めています。

安定した収入を考えると継続した案件を探すのが重要ですが、フリーランスではなかなか難しいポイントです。

そんな時にはエージェントサービスを利用するのをおすすめします。

エージェントサービスを利用する事で案件の確保だけでなく適切な案件単価の設定や業務開始後のアフターケアも行ってくれるため心強い味方となってくれるでしょう。

在宅フリーランスの案件獲得のコツ

Closeup of job text written on wooden blocks with stacked coins

先述したようにエンジニアのandroidアプリ業界で案件を探すと在宅フリーランスでも案件獲得のチャンスは広がります。

ここでの注意点は「自分が成長できる」という自信が必要な事です。

エンジニアとして技術やスキルを持っている場合でも企業側はさらにその先を求めてきます。

たとえ浅い実務経験であっても自社にプラスとなる成長を期待して契約する企業は多くあるため、成長が芳しくないと感じると企業側は再度エンジニアを探す事になります。

即戦力となるエンジニアであれば、喉から手が出るほどです。

フリーランスエンジニアはこれらの点で契約を切られてしまう問題も抱えるため、時代に合った技術・スキルをその都度身に付けて成長していく事も案件獲得の一番のコツになるでしょう。

収入アップはできるのか?

給料ランキング

フリーランスエンジニアとしてJava案件に携わった際に気になるのが収入のアップが見込めるのかという疑問点です。

Java案件の単価は未経験であったとしても正社員の初任給と同じくらいの金額をもらう事ができますが、Java案件に携わっているエンジニアの年収とはどれくらいの金額なのでしょうか。

Java案件のエンジニアの平均年収は500万円といわれています。

まらJava案件は他の言語エンジニアと比べると案件数の多さから多少の金額変動なら自分で設定する事が可能です。

はじめは平均的な金額で仕事を行っていたとしても技術やスキルを身に付けた上で受注単価を上げる事ができます。

そのためJava案件は他のエンジニア案件に比べると収入や年収をアップさせやすいといえるでしょう。

需要と供給性を照らし合わせてみよう

フリーランスにとって注目すべきは収入だけでなくそのジャンルの需要と供給性です。

この点を軽んじて契約を進めてしまった場合、いきなり仕事がなくなるという問題点が出てきてしまいます。

特に流行がはやいWeb業界では需要や供給が大きく変動する事も少なくありません。

1年のうちに大きく需要と供給を得る事ができたと思えば年末にはそれが薄れてしまい、興味を示されない事も十分に考えられます。

そういった今後も踏まえたうえで安定した収入になるのか検討しておくことが必要です。

あらかじめ伝えておくことも大切

エンジニア案件となるとフリーランスであったとしても長期の仕事になるため企業との最初の打ち合わせが重要になります。

初めての企業と話をすると仕事内容をきちんと聞く事はありますが金額の話になるとどうしても遠慮してしまうのが日本人の特徴でもあるでしょう。

まずは仕事からという姿勢はとても大切ですが、給金面は必然的に自分自身に降りかかる問題になります。

金額面のトラブルを事前に防ぐため、打ち合わせ段階に企業側に将来自分がどれくらいの収入を希望するのかを伝えておきましょう。

企業側も評価をする段階で最終的にどれくらいの給金を行えばいいのかを事前に把握する事ができます。

もちろん成果次第で伝えていた金額よりも多い給金をもらえるケースも多いので最初に提示したからといってその金額を最終目標と定める必要はありません。

海外企業に目を向けてみるのもあり

日本国内の企業であればいまだ週5日常駐が採用条件に含まれている事があります。

その点はネットワークを利用すれば海外企業でもエンジニア業務が行える事に着目すれば視野が広がるでしょう。

海外では毎日業務を行うよりできる時に力を発揮して休める時には休むという考えを持っている企業が数多く存在します。

最近では日本の開発エンジニアを採用している海外企業も増えており、現地に赴く必要がある場合も現地スタッフが通訳と同行するため言葉で不自由する点なども解消されているのです。

スキルアップも重要

旬のトレンドをチェックしておけば獲得できる案件は多くなりますが、他のエンジニア差別化を図るには別の要素も重要になってきます。

エンジニアにとっても大きな力となってくれるのが資格(スキル)です。

もちろんプログラミングスクールで習得できるスキルを用いれば仕事をこなす事は十分可能でしょう。

しかしそれ以外にもプログラミングに関する資格を勉強する事が大切です。

Javaであればもっとも知名度の高い「Oracle Certified Java Programmer」を取得しておくとライバル達より一歩リードできます。

資格だけでなくフレームワークの知識や技術も必要不可欠となってきますので、常に勉強を怠らない事が案件獲得の秘訣となるでしょう。

まとめ

木目調のJava

ITエンジニア業界の中でも現在人気度・注目度が高くなっているJava案件についてみてきました。

ここではあくまで目安としてまとめていますが、企業の中にはエンジニアとしての技術力を買って相場よりもよい条件で契約してくれるケースも存在します。

フリーランスとしてJava案件を獲得して自分自身の力を試してみるのもいいかもしれません。

Java案件の特性と利点をよく理解して最初の一歩を踏み出してみましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP