loading...

thumbnail

世の中に大きなインパクトを与えるサービスと組織づくりを目指すリビン・テクノロジーズ株式会社をインタビュー!

現在募集している職種と役割、募集背景について

現在、主にWebのエンジニアを募集しており、フロントエンドとサーバーサイドもしくは、どちらもできる方を募集しています。

我々は自社サービスとして、『リビンマッチ』というマッチングサービスを運営しており、不動産を売りたいとか、土地を持っているので活用したい、あとはアパート・マンションを経営しているので賃貸の管理をしてほしいなどの不動産を持っているユーザーさんのニーズや要望に対して、それらに対応できる不動産会社さんをマッチングさせて頂いております。

このサービスの開発をほとんど自社内でやっていますので、それに関わるWebアプリケーションの開発をフロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアのWebエンジニアの方にやっていただきたいと思っています。

あともう一つ、社内SEとなるポジションも募集しています。

弊社の社員も徐々に増えてきていますので、社内SEという形でパソコンのセッティングや運用しているサーバーの管理や監視、ヘルプデスクのような社員からの問い合わせ対応などの業務を行える方を募集しています。

募集背景として、後者としては先ほどお伝えした通りで、社員が増えてきた背景があります。また前者としては、今あるサービスだけではなく他のサービスも拡大していきたいと考えており、開発するスピードをあげていきたいので、現在募集をかけています。

事業ビジョンと他社サービスとの違い

事業のポイントとしては、我々は不動産といっても『住生活』に関わるところに対してサービス展開をしており、さらにその中でも『不動産を持っている方の住生活』に焦点を当て、そういった方たち向けにサービスを提供しています。

ですので、その領域の不動産テックの会社としてお役立ちできたらなと考えて事業を展開しています。

他社サービスの違いでいうと、不動産会社さんに快く使ってもらいたいというのを考えておりまして、他社サービスだとマッチングしたら終わりみたいなサービスの提供をしているのですが、我々の場合は、マッチングしたあとにも重点を置いておりまして、例えば、ユーザーさんのその後の状況が簡単に追えて見えるようにしたりと不動産会社さんのフォロー環境も一緒にサービスとして提供しています。

また今後は、チャット要素も取り入れていきたいと考えており、不動産会社さんとユーザーさんの間でチャットを使い簡単にコミュニケーションが取れるようにしたいと思っています。

このようなマッチングしたあとにも力を入れ、マッチングするためだけではなく、その後もしっかりと使っていただけるようなサービス設計になっている点が我々の強みで、大きく他社と違う点です。

withコロナ時代での事業戦略や変化

新型コロナウイルスの影響があったかというと、正直、環境という面でみればマイナスにはなっていません。

もちろん多くの方が自宅で、ネットを使い不動産を検索していく中で、検討自体もネットでしていきたいとは思うのですが、我々は不動産テックの会社としてこれまでサービスを提供していますので、そういった面も含めてコロナの影響はそんなに受けてない状態です。

ただwithコロナという時代になることで、不動産に関わらずネットでなんでもできるような環境は必要になってくると思いますので、ユーザーから見たときにより使いやすいという部分には、今以上に力を入れていこうと思っていますし、そうすることで、これまでネットをメインに使っていなかったような高齢者の方も含め、多くの方に使っていただけるのかなと思っています。

プロジェクトの開発体制や進め方

現在、開発のチームとしては、デザイナーが3名、エンジニアが10名、その内3、4名が運用メンバーとなっています。ただ、運用メンバーに関しては、開発側が間に合わないケースもありますので、必要であれば開発側も対応してもらったりしています。

開発の進め方に関しては、基本1週間単位で動かしています。週の初めに開発書を出してスプリントレビューという形で社長と一緒に、開発しているシステムの中身をレビューしていきます。サービスによっては他の部署とのかかわりもありますので、その場合は依頼元となる部署の担当者も一緒に行っていきます。

そしてそれをベースに、次はこうしようとか、ここまで開発しようというところを決めて、1週間の中で開発を進めていきます。

また弊社では毎朝、朝会をやっておりますので、前日までにやったことに対して、今日の予定や今課題になっているところなどを全員で打ち合わせし、すり合わせています。

現在働いているエンジニアの特徴や働き方

現在働いている方の特徴としては、女性が多いです。約半分弱ほどが女性なので、女性の方にとってはかなり働きやすい環境だと思います。

また割とみんな勉強好きで、会社としても勉強会を開いています。少し前まではコロナの影響もあって中断していたのですが、ここ最近で再開させていますし、直近では半分以上のエンジニアの方が自主的に参加してくれて、勉強をしています。

社風や制度について

弊社の社風としては、比較的、代表含め経営陣との距離が近いので、意見交換をする場とか、意見を発信できる場がたくさんあります

小さいところですと、毎週の経営会議にあげてほしい議題を社員であれば誰でも投稿できる場所がありますので、一社員の意見であっても経営陣に必ず目を通してもらえます。

また大きいところでいうと、4半期に1度くらいに新規事業のプレゼン大会を行っていまして、それはどなたでも立案することができ、そこで「こういうことをしたい」とか挙げていただければ、経営会議で検討され、新規事業になることもあります

こういった環境がありますので、こういうことをやりたいだとか自身の想いがあってそれをしっかり伝えていきたい方にとっては、働きやすい環境にあると思います。

実際に、直近では若手の3人が挙げた新規事業が採用されて、今、開発していこうという手前のフェーズまできています。

最後に一緒に働きたいエンジニアへメッセージ!

我々の最終的なミッションとしては『世の中に必要不可欠なサービスになる』ということを目指しています。

そこを目指すために、より会社を大きくしていきたいという段階で、現在、従業員が90~100名ほどいるのですが、将来的には社員1000名ぐらいの今から10倍の規模の大企業にして、世の中に大きなインパクトを与えていきたいと考えています。

自社サービスとしてもこれからやりたいことはたくさんあるのですが、まだまだ開発メンバーも多いわけではなく、実現できていないところたくさんありますので、社員も含めそういったところを拡大していくことにご興味持っていただける方とかはすごく理想的な環境だと思います。

また自社サービスを運営しており、自身の意見を言いやすい環境ですので、自分の意見が取り入れられて、それがサービスとして世に出るというのは、かなりうれしいですし、楽しいことだと思いますので、そういう喜びを一緒に分かち合いたいなと思います。

興味のある方はぜひご応募お待ちしています。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP