loading...

thumbnail

プロジェクトマネージャーとは?仕事内容や年収を徹底解説!役割と求められるスキルは?プロジェクトリーダーとの違いもご紹介

顧客の注文などで何かを開発する時、メンバー間で立ち上げるのがプロジェクトです。

プロジェクトには様々な役職がありますが、中でもチーム内の調整をするのがプロジェクトマネージャー(PM)という存在になります。

プロジェクトマネージャーはどのような仕事をするのでしょうか。

年収や求められるスキルなどについて解説します。

プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトを成功に導くために全体を統括するポジションです。

決して楽な仕事ではありませんが、プロジェクトを成功に導くために重要な役割を担い、企業からも重要な位置づけとして認識されています。

キャリアパスとして目指していくには、非常に魅力的な職種といえます。

プロジェクトマネージャーの役割

コーディングのスタートアップ企業でのコンピュータープログラマー

プロジェクトマネージャー(PM)は、期日までに成果物を完成させる使命を負う人です。

そのための必要な人員、資材、費用を計画して確保しプロジェクト全体を管理します。

成果物が完成してクライアントに受領された時点でプロジェクトが終了です。携わったプロジェクトチームは解散となります。

その後プロジェクトは運用担当チームが引継ぎ運用していくのです。

プロジェクトマネージャーの業務は、

  • プロジェクトの進捗管理やチームが抱えている問題の洗い出し
  • 予算とコストの見直し
  • クライアントとの調整
  • チームメンバーのケア

など多岐にわたります。

目標を達成するために、チームをひとつにまとめることも大きな仕事です。

近年、ITシステム開発プロジェクトは業務要件の高度化、複雑化、マルチベンダ化などによって益々難しくなってきています。

このためプロジェクトマネージャーの役割は、益々重要となり期待も大きくなってきているのです。

プロジェクトマネジメントとは

開発現場

そのプロジェクトを成功に導き完了させるためには、プロジェクトマネジメントが必要になります。

プロジェクトマネジメントに必要な要素は下記の通りです。

スコープマネジメント

スコープマネジメントは、プロジェクトの成否に影響する最重要項目ともいわれます。

スコープとはプロジェクトの範囲を意味し、目標達成のため成果物とタスクを定義するものです。

リスクマネジメント

プロジェクトにリスクはつきものですが、リスクを上手にコントロールしながら管理・調整していかなくてはなりません。

コミュニケーションマネジメント

利害関係者との適切なコミュニケーションを行い、プロジェクトを円滑に進捗することが必要になります。

ステークホルダー(利害関係者)

ステークホルダーにとって必要な情報を収集し、保管・伝達を管理することが必要です。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

コーディングするプログラマー

実際にどのような流れでプロジェクトを進めていくのか、仕事の流れに沿って説明していきます。

システムの開発計画策定

開発をスタートする前にユーザーの要望を引き出し、それを実現するための業務フローや業務のシナリオを作成し、要件定義を行います。

要件定義はプロジェクトの成功を左右するほど重要なものです。

プロジェクトの規模、予算、スケジュールを決定し必要な人員や工数を明確化します。

プロジェクトチーム編成

必要な人材を集めてプロジェクトチームを編成し、プロジェクトに必要な開発環境を整えるのもプロジェクトマネージャーの仕事です。

プロジェクトの推進・管理

コンピューターと本

プロジェクトを円滑に進めていく為に、チームメンバーにシステム開発の目的・スケジュール・納期をチーム全体で共有します。

プロジェクトの途中でクライアントの要望、仕様に変更が生じるのもよくあることです。

それが起こった場合メンバーに適切に伝えシェアします。

各タスクの進行を確認しプロジェクトの遅れを取り戻すなどプロジェクトが予定通りに進捗することを管理しなくてはなりません。

また問題が生じた場合には、クライアントと協議しスケジュールの調整する必要も出てきます。

また、クライアントと開発チームとの調整役を担ったり、他部門との連携・情報共有を行い、チーム内でトラブルが発生したりするのも仕事です。

トラブルを解消してプロジェクトの進行を助ける役割もあります。

評価及びレビュー

プロジェクトが終了した後プロジェクトのレビューを行い、問題点や改善点を検証するのです。

プロジェクトマネージャーは、ITに関する深い知識やコミュニケーション能力、プロジェクトを俯瞰する能力や経営的な感覚が求められます。

プロジェクトとは

サポートエンジニア

ここで述べるプロジェクトとは、事業や業務のうちITを利用して特定の期間で特定のシステムを構築する活動のことを指します。

ある目標を達成するために組織されたチームや計画内容のことです。

プロジェクトの目標とは、成果物(ITシステム)を使用して実現したい内容のことをいいます。

例えば「マーケティングに役立てるために顧客データを様々なソースから収集保管し、分析ツールを提供して知見を得る」といったものです。

プロジェクトの費用を負担するのはスポンサー、成果物を使用するのはユーザーになります。

スポンサーは予定の期日までに成果物を得るために、プロジェクトマネージャー(PM)を任命し必要な人材、資材、費用などを供給する存在です。

プロジェクト成功のポイント

スタートアップビジネスの社員

プロジェクトを成功させるためには、成果物だけでなくチームメンバーも成長させていく事が必要です。

チームメンバーには社内、社外の人が混ざり合っています。

チームとして力を発揮するためには、コミュニケーションをいかに図っていくことが出来るかがカギです。

そのためには、ギリギリの予算・人員・スケジュールで業務をこなしていては、消耗戦にしかなりません。

チームメンバーが前向きに業務をこなしていくためには、予算・スケジュール・納期にゆとりをもたせることも必要となります。

プロジェクトを推進していくには、結局のところ「人」の力です。

従って、「人」を大事にすることで、苦しい場面に遭遇したとしても積極的に協力してくれるようになります。

人望を失ってしまっては、プロジェクトの目標を達成することは出来ないでしょう。

プロジェクトマネージャーの年収

給料ランキング

IT関連の職種の年俸については、経済産業省が行った「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」の中に記載されているので紹介します。

これは、IT人材5,000名を対象とした公的機関の大規模な調査ですが、その内容は下記通りです。

SIerやシステム開発関連企業(平均年収とスキル標準レベル)

職種 年収(万円) スキルレベル
コンサルタント 928.5 4.1
プロジェクトマネージャー 891.5 4.2
高度SE・ITエンジニア 778 4
SE・プログラマー(顧客向けシステムの開発・実装) 593.7 3.5
SE・プログラマー(ソフトウェア製品の開発・実装) 568.5 3.4
SE・プログラマー(組込みソフトウェアの開発・実装) 603.9 3.4
IT技術スペシャリスト(特定技術(DB・NW・セキュリティ等) 758.2 3.9
IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用) 608.6 3.4
IT保守(顧客向け情報システムの保守サポート) 592.2 3.3
IT教育(IT関連講師・インストラクタ等) 691 3.6
IT業務の営業・マーケティング 783.3 3.5

コンサルタントやプロジェクトマネージャーなどの職種は、平均900万円位とかなり高収入になります。

一方SE、プログラマーだと平均600万円位です。

スキルレベルも相対的に見るとプロジェクトマネージャーが一番高いのがわかります。

コンサルティングよりも高いのは、管理能力に加えてSEスキルなどの実務能力も求められるからでしょう。

インターネット関連企業(平均年収)

職種 年収(万円)
営業・マーケティング 682.1
プロデューサー/ディレクター 792.9
コンテンツクリエイター/デザイナー 411
エンジニア/プログラマー 592.2
顧客サポート/ヘルプデスク 390.9

インターネット関連企業は、システム開発の企業と比較すると年収は低めです。

人によっては年収が1,000万円を超えるケースもあるようで、非常にやりがいのある仕事だといえます。

プロジェクトマネージャーの求められるスキル

求められる技術水準

パソコン画面を示して同僚と話す男性

プロジェクトマネージャーの仕事はマネジメントです。そのため実際の開発作業は各担当者に任せることになります。

適切な開発費用やスケジュールを決めていくためには作業内容や必要とする時間、起きうる問題を理解して対処していかなくてはなりません。

問題が起こった時には早期に対応するために、エンジニアから信頼を得ていることが重要となります。

また、問題解決のためには、解決方法を提案するための馬術的な知識も必要です。

必要なスキル・知識

  • プロジェクトマネージャーの経験
  • 案件の進捗・課題管理
  • コミュニケーションスキル
  • アプリやサイト案件の制作や開発経験
  • ドキュメント作成

実際に企業に就職する場合は、プロジェクトマネージャーの経験が求められることが多いです。

とはいっても、いきなりプロジェクトマネージャーを務めるのは難しいでしょう。

開発の実装経験を経てプロジェクトリーダーやマネジメント業務を行い、段階を踏みながらプロジェクトマネージャー目指していきます。

推奨スキル

  • HTML、CSS、JavaScriptでのコーディング経験
  • アプリやサイトのデザイン経験
  • デジタルマーケティング戦略の策定経験

おすすめの資格

プロジェクトマネージャーになるために必須の資格はありません。

しかし必要な知識を有していることを証明するため、信頼を得るためにも役立てる資格をご紹介します。

  • 基本情報技術者試験(実施機関:独立行政法人 情報処理推進機構)
  • プロジェクトマネージャー試験(実施機関:独立行政法人 情報処理推進機構)

プロジェクトリーダーとの違い

広告制作チームはキーデザインを考えている

大規模なプロジェクトや複雑なシステムを連携するようなプロジェクを、プロジェクトマネージャー(PM)だけで管理することは難しいです。

プロジェクトリーダー(PL)の役割も必要になります。

では、プロジェクトリーダーの役割とはどのようなものでしょうか。

プロジェクトリーダーの役割

プロジェクトリーダーは、プロジェクトマネージャーの補佐役としてプロジェクトの現場を円滑に管理して推進することが求められます。

例えば、プロジェクトマネージャーがクライアントの窓口となって、提案予算取りのような対外的な仕事に徹することにもなるでしょう。

プロジェクトリーダーがプロジェクト内の進捗管理や実施の責任を担うといった責任分担でプロジェクトを進めていくケースもあります。

プロジェクトリーダーはプロジェクト全体の要素を機能分解して、サブチーム単位で詳細設計・構築・テストの実行を監督する役割があるのです。

プロジェクトリーダーに必要なスキル

  • チームリーダーとしてチームをまとめるスキル

プロジェクトの全体またはサブチームの現場監督としてチームを統率し、メンバーの状態や進捗を把握します。

同時に的確なコーチングやスタッフィングをおこなう管理能力が必要です。

また、納期を守る為に関係部門との調整・人員配置・スケジュール調整を行う強いリーダーシップが求められます。

  • 高いコミュニケーションスキル

チームの進捗や連絡事項など、具体的に的確にメンバーに伝えて必要な情報を共有していくことが必要です。

進捗を管理していくために進捗のバランスを取る調整スキル、メンバーのモチベーション管理などのスキルが求められます。

  • スケジュール管理のスキル

想定外のトラブルに見舞われ、スケジュールの遅れなどが発生することもあるでしょう。

その時計画の軌道修正や、トラブルシューティングの経験も管理スキルとして重要です。

  • リーダーシップスキル

メンバーから信頼され目標に向かってチームを引っ張っていく統率力が求められます。

そのためには、チームの目標やポリシーを明確化しメンバーの意見が食い違っても冷静に意思統一を画策できる資質やスキルが求められるのです。

プロジェクトマネージャーを目指すには

若い同僚と資料を見る

実際にプロジェクトリーダーを目指すにはどのようにしてキャリアを積んでいったらいいのでしょうか。

ITの経験なしでいきなりプロジェクトマネージャーを務めるのは難しいです。

まずは、プロジェクトに参加して

  1. プログラマー
  2. 設計者
  3. プロジェクトリーダー
  4. PM

スキルアップしていきましょう。

十分な実務経験をしながらプロジェクトマネージャーの研修も並行して受講してスキルを上げていきます。

プログラマーの仕事

programming, code, imac
hitesh0141 (CC0), Pixabay

経験がまだ浅い場合は、まずプログラマーとしてプロジェクトに参加しましょう。

与えられたタスクの仕様を理解し、効率的でバクのないプログラミングを心がけることが必要です。

プログラム作成だけに満足することなく、視野を広げてチームの役割やシステム全体についても興味を持つことが大切なことになります。

設計者としての仕事

設計者は、分かり易いドキュメンテーションを心がけることが必要です。

ドキュメントとは基本設計書、詳細設計書、プログラム設計書と呼ばれます。

作成した設計書のフィードバックをプログラマーから受け、改善しながら分かり易い設計書を書けるようになるといいでしょう。

仕様の変更などがあった場合には、プログラムの変更のスピードに差が出てくるので重要です。

プロジェクトリーダーとしての仕事

チームリーダーはチームの目標を達成するためにも、チーム内のメンバーの力を最大限に発揮できるようにマネージすることが必要となります。

そのためには、チーム内のメンバーの様子に気を配ったり、リスクの兆候がないか気にしたりしなければなりません。

危ない兆候があれば何らかの手を打つ、といったリスクマネジメントも必要となります。

まとめ

会議

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事について解説しました。

プロジェクト全体を総括するという大変責任のある役職です。なるまでも大変ですが、なってからも大変でしょう。

しかしプロジェクトはチームなので、一人で背負い込まずにメンバー同士で助け合うことが大切です。

これからプロジェクトマネージャーを目指す人は参考にしてみてください。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP