ターミナルクライアントソフトとして、日本では、TeraTermが長く愛用されています。

しかし、一時的な開発の中止時期があったことやプロトコルのSSH2に対応していないことからグローバルとしてはPuTTYが選ばれる傾向です。

PuTTYとは一体何か、PuTTYの特徴やメリット、日本語対応の可否などについて解説します。


PuTTYとは



PuTTYとは、リモートログオンターミナルクライアントです。イギリスのSimon Tathamと彼のチームが開発しました。

PuTTYは、対応の通信プロトコルを介してリモートサーバーに接続します。対応の通信プロトコルは、SSH、Telnetとrloginが主です。

Windowsユーザーは、PuTTY以前にTeraTermを使っていた経緯からよく比較対象にあがります。


PuTTYの特徴



PuTTYの特徴は、対応OSがWindowsだけではないことです。MacやUNIXにも対応しています。

対応している通信プロトコル、SSH、Telnetやrloginが代表的です。

PuTTYのもう一つの特徴は、PuTTYを複数起動して複数の端末に同時に接続することができます。

また、接続するだけでなくセッション管理も可能です。

以前は日本語対応がありませんでしたが、現在は有志により日本語化されたPuTTYjpが日本語対応しています。


PuTTYのインストール手順



PuTTYをインストールする方法は、対応OSにより若干異なりますが流れはほぼ同じです。

代表的なWindows版でインストール方法を紹介していきます。


インストール準備

PuTTYダウンロードページへアクセスして、PuTTYのパッケージをダウンロードします。

ダウンロードページにアクセスしたら色々なPuTTYがありますが、「A Windows installer for everything except PuTTYtel」がメジャーです。

その理由は、PuTTYtelは、telnetとrloginしか対応しておらず、SSHは未対応になります。

最近のプロトコルは、SSHを使用するケースが多いため、SSH未対応のPuTTYtelは不要です。


インストール



ダウンロードが完了したら次はインストールをします。先ほどダウンロードしたファイルをクリックしてインストール画面へ移動します。

セットアップウィザードが、Windows版は表れるので「Next」を押して、次に進み、「Install」ボタンをクリックして完了です。

Installする際、ファイルを置く先は、好きな場所に置くことができます。多くは、デスクトップや専用フォルダを用意して保存しているケースです。


日本語版のインストール

PuTTYのオリジナルには、もともと日本語対応バージョンがありません。

有志が作った日本語バージョンがあるので、「PuTTY-xxx-ranvis」をダウンロードすることで日本語版の入手可能です。

xxxは、最新バージョンの数字が入ります。更新されるので都度、バージョンの数字が異なるので注意が必要です。

日本語対応バージョンは、Windowsのみのため、MacやUnixユーザーに関して日本語バージョン以外のダウンロードになります。

日本語対応バージョンのPuTTYを入手したら設定方法は、オリジナルと手順は同じです。


日本語設定方法



PuTTYの日本語設定方法は、PuTTYをダウンロードしてディレクトリに保存します。先述の通り、オリジナルのPuTTYには、日本語不対応です。

日本語設定するためのパッチであるranvisやごった煮版などをダウンロードします。

注意点は、必ず putty.exeと同じディレクトリに\ja-JP\putty.lngを保存することです。

他に必要なファイルがあれば、同じディレクトリに保存しなければなりません。


日本語版について

PuTTYの日本語版をダウンロードしようとした際、先述のranvisやごった煮版など色々あります。

基本的には、ranvisをダウンロードしてごった煮版は、パッチになりますので必要に応じてインストールしておくと便利です。


Mac版PuTTYインストール

PuTTYは、Windowsで利用されているため、Macでの利用は、マイナーです。

ただ、PuTTYは、Macにも対応しています。Mac OS X以降、PuTTYで利用できるようになりました。

Macのデフォルトパッケージの一部には、SSH接続端末が使用可能です。

ただ、PuTTYに接続することでもっと効果的にSSHクライアントを活用することができます。 

Mach版PuTTYのインストール方法は、他に、ターミナルを使ってダウンロード可能です。

ターミナルを使う場合は、Xcodeとhomebrewがインストールされていることが条件になります。


PuTTYの設定方法



PuTTYを設定する方法を紹介します。PuTTYの設定方法は、複雑ではないため、初心者でも設定可能です。

起動・設定前に確認することや手順などについて紹介します。


準備

PuTTYの設定前に確認すべきことは、SSHの情報です。もし、SSHを使わず、telnetやrloginを使う場合は、telnetやrloginの情報を確認します。

確認事項は、主にアカウント情報です。予め確認しておくと作業がスムーズです。


起動・設定

PuTTYの起動・設定方法は、インストールしたPuTTYを起動させます。起動したら、SSHアカウントの情報を入力が必要です。

ただ、ここで、SSHではなく、telnetやrloginを使いたい場合は、「connection type」の中に「telnet」や「rlogin」があります。

ここにチェックを入れて、必要情報を入力するだけです。

必要情報を入力して、openをクリックします。

初回やログインしたことないSSHサーバーでログインするとSecurity Alertが出ますが、問題なければ「はい」を選択して完了です。

ここでサーバーが発行したfinger printをキャッシュに保存すると次回以降のログインの際に警告メッセージは出なくなります。

PuTTYが起動したら、「ユーザー」を入力して次へ進み、パスワードを要求されるのでパスワードを入力します。

一通り作業が終わったら、「exit」とコマンドし、閉じますが、コントロールキーをしながら、dのキーを押しても同じように閉じることが可能です。


PuTTYの使い方



PuTTYは、開発などを行う際、リモート環境にあるファイルやソースコードを取り出すために使います。

PuTTYからホストサーバーを介して、リモート先へ接続して、データを入手する方法です。

こうすることでPCのメモリ消費などの障害を防ぎます。

また、リモート環境にソースコードなどを保存しておくことで、パソコンに不具合があってもバックアップにすることが可能です。


PuTTYのメリット



PuTTYのメリットは、オープンソースのため、「コストがかからないこと」、使い勝手がよい「ポータビリティに優れている」ところです。

また、パスワード入力の手間はあるもののセキュリティ面の安全性から「信頼性が高い」こともメリットになります。


コストがかからない

PuTTYは、オープンソースなので、無料で使用することが可能です。

新しいバージョンが出ても今のところオープンソースなので、入手に費用はかからないこところがメリットになります。


ポータビリティに優れている

PuTTYのメリットは、使い勝手と管理のしやすさです。PuTTYは、ダウンロードや設定がとても容易ですぐに設定することができます。

また、不要になった際の処理も簡単です。不要になったらアンイストールだけになります。

消費メモリが他のクライアントに比べて少ないこともポーテビリティに優れているところです。


信頼性が高い

PuTTYの信頼性が高い理由は、デフォルトではパスワードの入力を記憶する機能がないからです。

アプリを起動させるたびにパスワードを入力することは手間に感じるかもしれませんが、セキュリティ面で信頼性が高いといえます。

ただ、ユーザーがどうしてもパスワードを記憶させたい場合は、WinSCPを使うと実現可能です。


PuTTYのデメリット



PuTTYのデメリットとしては、SSH対応しているものの、中には対応していないSSHが存在することです。

例えば、発行された秘密の鍵をOpenSSHとします。本来PuTTYはSSH対応なので、OpenSSHも対応しています。

しかし、発行元によっては対応しておらず、エラーメッセージが出てしまうため、ここがデメリットです。

この場合、大抵はputtygenを使って秘密の鍵をPuTTYが対応しているSSHにコンパートすれば解決します。


PuTTYとターミナルソフト比較



PuTTY以外にターミナルソフトは、いくつか存在しています。PuTTY以外のターミナルソフトでメジャーなものは、TeraTermやRLoginです。

PuTTYは、Windowsユーザーにとって馴染みがあります。

TeraTermやRLogin、PoderosaもWindowsユーザーには馴染みのターミナルソフトです。

ここでは、それぞれのターミナルソフトを比較します。


TeraTerm

TeraTermは、古くからWindows対応のターミナルソフトとして開発されていて、ネットワークエンジニアのほとんどが使用しています。

TeraTermのメリットは、マクロを組むことができる、日本語やSSHに対応していることです。

以前一度開発が中断された際にPuTTYへとシェアを奪われた経緯があります。

PuTTYとTeraTermの違いは、TeraTermは、自動ログが取得できませんが、PuTTYは自動ログが取得できます。

TeraTermは、SSH2対応可能になりましたが、発行元によってはエラーが報告されている一方、PuTTYは、SSH2対応可能です。


RLogin



RLoginは、20年以上も前に開発されたターミナルソフトウェアで、PuTTYやTeraTermのいいとこ取りをしていると評判です。

PuTTYと仕様が近いため、PuTTYユーザーは、使いやすくなっています。RLoginとPuTTYを比較すると使い勝手の良さは、RLoginです。

PuTTYは、ターミナルソフトとしては歴史が長く、ユーザーが多いことで知られています。

ただ、RLoginは、他のターミナルソフトのいいところどりをした結果、PuTTYユーザーの悩みを解消した形になったからです。


Poderosa

Poderosaは、複数サーバーを同時に操作するエンジニアに適しているターミナルソフトになります。

日本では、PuTTYやTeraTerm同様、エンジニアに好まれているターミナルソフトの一つです。

Poderosaのメリットは、複数のウィンドウを開くことができること、改行の警告があることなどです。

他には、画面やタブを分割して作業を同時進行することができます。

一方で、エンジニアがよくおこなるconfigの流し込む作業がPoderosaは対応していないところがデメリットです。

PuTTYとの違いは、同時進行作業に適していることからシンプルな作業は、PuTTYの方が使い勝手がいいところになります。


PuTTYの学習方法



PuTTYを学びたい場合、オンラインで学ぶことが可能です。しっかりと学習したい場合は、コースが用意されているUdemyやLinkedinなどで学べます。

費用をかけたくない場合は、YouTubeなどで検索するとPuTTYの解説を見ることが可能です。

スクールでPuTTYを学びたい場合は、何かのコースの中の項目としてはありますが、PuTTYだけに特化したものがありません。

時間とコストと相談になりますが、PuTTYを学習する方法はオンラインコースかYouTubeです。


まとめ



PuTTYはメリットが多く、海外でも広く利用されているクライアントシステムです。

日本語版は有志により開発・サポートされているため、最新版にも対応しています。初心者でも簡単に使うことが可能です。

日本だけでなく、海外のプログラマーなどからPuTTYへの信頼性が高く、好んで使われています。