loading...

thumbnail

QAエンジニアの仕事内容やキャリアパスを徹底紹介!仕事の需要と将来性も確認しよう。未経験にもおすすめの資格とは?

製品にとって、最も重要な部分であるのが「品質」です。

ソフトウェア開発現場においてもその品質を客観的に評価し、保証する専門職が必要で「QAエンジニア」がその業務を担っています。

QAエンジニアと業務内容が異なっていますが、同じ業種と思われやすいのが「テストエンジニア」です。

様々なエンジニア職の中で、QAエンジニアはどのような仕事内容でその仕事に需要や将来性があるのかについてご紹介します。

はじめに

現代はIT化が進み、今後は更にエンジニア職の需要が増加するといわれています。

製品が出来上がっていく中で、求められた基準をクリアした品質を保つためのテストを行って評価していくための高い技術と知識を持った人材が必要とされます。

エンジニア職は開発工程で様々な業種ごとに受け持ちますが、中でもQAエンジニアはソフトウェアの開発にあたってとても欠かせない存在です。

QAエンジニアとは

サーバー管理

QAエンジニアのQAとは「Quality Assurance」を略したもので、和訳すると「品質保証」という意味になります。

その名の通りQAエンジニアはソフトウェアに関する品質を管理することを専門にしたエンジニア職の事をいいます。

そのため「品質保証エンジニア」とも呼ばれます。

QAエンジニアの仕事内容

会社の進化

QAエンジニアは、製品の保証のための検証を行って、動作のチェックなどで品質に信用を与えることが主な業務です。

仕上がったシステムやソフトウェアなどのサービスの品質に問題なく、安心して利用できる状態であるかをテストなどでチェックする業務を行います。

では、具体的にどの様な仕事内容があるのでしょうか。

テスト設計と実行

出来上がった製品がバグを起こさず正常に作動するかどうかのテストを実行します。

そして、その製品のテスト作動の内容を設計して流れを決めることもQAエンジニアの役目です。

また、テストを実行していく中で想定した通りに作動して品質を保っているかどうかもしっかりと確認していきます。

品質管理

出来上がったシステムの品質を管理することも仕事としています。

システムエンジニアが「基準を満たしている」と判断しているものでも、QAエンジニアが客観的に検証して評価する必要があります。

そうすることで、より高い品質を管理・維持することができるのです。

ソフトウェアの開発

製品のテストを行って、バグや動作不良が見られた際にソフトウェア開発に関する知識も必要となります。

不具合が再発しないための方法を見つけ、問題点や改善のための方法を伝えていく技術と知識が求められるのです。

しかし、QAエンジニアとして仕事に携わるまでにシステムエンジニアなどの開発経験のある方が多いため、すでにその知識がしっかりと身についていることがほとんどです。

これらの業務以外にも、総合的かつ多様な観点で確認作業を進めます。

QAエンジニアとテストエンジニアの違い

アジャイルソフトウェア開発のコンセプト

「QAエンジニア」は、システムを開発する上での「テスト設計」や「動作テスト」などのテストを行って、その「品質保証」と「品質管理」を行うことを仕事としています。

そのため、開発プロセスで行うテスト業務ではなくソフトウェア単位での完成品に対する動作テストを行います。

「テストエンジニア」は、完成したプログラムに不具合や異常がないかどうかをテストします。

そのため、変数の戻りやクラスの動作を確認する「単体テスト」や関数同士の動きを確認する「結合テスト」などのプログラムに関するテスト業務が主な仕事です。

完成した製品に対して、顧客の環境に合わせた動作の確認を行うのが「QAエンジニア」です。

その点で、開発段階にある個々のプログラムに対して動作確認を行う「テストエンジニア」とは異なる業種となっています。

QAエンジニアに必要な知識

スーツ 男性

QAエンジニアとして業務を請け負うには、製品の完成した段階でのテストができるだけの知識を必要とします。

そのため、「品質保証」を守る責任を持てるだけの知識と経験がある人が望ましくなります。

よって、QAエンジニアには未経験者ではなくプログラマーなどの開発に携わった経験からのキャリアアップとして選ばれることが多い職種です。

QAエンジニアとして働くには、以下のような知識を必要としています。

プログラミングに関する知識

コーディングするプログラマー

製品単位でのテストを行うQAエンジニアが扱うデータは膨大な量となるため、テストを自動に出来るための「自動化ツール」を作成することもあります。

また、システムエンジニアが作成したソフトウェア内にあるシステムの評価と改善策の提案や、ソフトウェアの機能や設計に関する評価を行います。

高い品質を保証するためにも、QAエンジニアのプログラミングに関する知識が必要です。

システムのテストに関する知識

プログラミングソースコードHTML

開発されたシステムによって、テスト内容は様々です。

製品の内容を理解して、どのようなテストを行えばよいのかを判断する必要があります。

テスト計画の設計から実行、その工程の評価と品質管理までを担っているためテスト全体の知識が求められます。

ソフトウェアの開発に関する知識

QAエンジニアが実施したテストで確認された不具合に対して、改善提案が必要な場合もあります。

その際には、開発段階での問題点や改善するためのポイントを的確に伝えることが必要です。

そのためにも、テスト業務を主に行っているQAエンジニアにもソフトウェア開発のための知識は必ず求められます。

品質を管理して評価する知識

製品の品質を評価し、管理する立場であるQAエンジニアには出来上がった製品を更に向上させて品質保証ができる知識が必要です。

そのため、開発担当とは反対にクライアント側の視点に立って品質を評価します。

時にはQAエンジニアの知識を生かして、製品開発に携わる他の業種もこなす必要があるため専門的かつ多彩な知識が求められます。

QAエンジニアのキャリアパス

プログラミングコードの作成IT関連のエンジニアとして働いていると、様々な職種がありこの先どのようなキャリアを積もうか悩むことがあります。

将来、QAエンジニアを目指すために積むべきキャリアや知識はどのようなものなのでしょうか。

システムエンジニアやプログラマーからのキャリアアップ

現在、システムエンジニアやプログラマーとして働いている場合は、高い品質の製品を作るための経験を重ね、知識を得ることが大事です。

仕事の中で得た、品質を保証できるプログラミングやソフトウェア開発に関する知識をもとに、将来のキャリアアップ先としてQAエンジニアを目指すことができます。

未経験者可能な案件で実績を積む

プログラミングする女性

エンジニアを募集している案件に、未経験者でも応募可能な案件があれば積極的に応募して実績を積みます。

設計されたテスト項目のテスターを募集している案件などでQAエンジニア未経験者でも実務経験を積むことができます。

システム開発に関する知識を身につける

仕事内容の中でも、システム開発に関する知識は必要不可欠でその工程をしっかりと熟知しておくことが必要です。

テストケースを作成して実行した際にシステムに不具合があった場合に、どの工程での不具合かを特定して評価しなければなりません。

システム開発に詳しいQAエンジニアによる評価が、製品の高い品質保証となります。

コミュニケーション力を高める

開発に関わったシステムエンジニアに修正案などの具体的な提案をしていくためには、高いコミュニケーション力を必要とします。

その他のエンジニアとの関わりもあるため、技術だけでなく人同士のコミュニケーションがしっかりと取れる人材であることもQAエンジニアには必要です。

QAエンジニアの需要

ビジネスマンが近未来のタブレットで仕事をしている

今後、更なるIT化が進んで慢性的なエンジニア不足に伴い、QAエンジニアの需要もとても大きくなると予測されています。

現在、人の手でされている経理業務などの事務作業を始め、決まった定型業務については将来的に自動化されてクラウド上での管理も進んでいきます。

進んでいくIT化に向けて、さまざまな仕事の面において品質の良さやそれを保証する人材が必要です。

こうした現代のIT化に向けて、QAエンジニアの求人も今後更に増えていくことでしょう。

QAエンジニアの将来性

開発契約

今後、AIやIoTをはじめとしたITに関連した最先端技術の開発、電子化や自動化などの業務負担の軽減を目指した製品は増える一方です。

こうした製品を開発していく上で、必ず製品が予定通りに作動するかのテストを行える人材が必要とされます。

いくら自動化されたとしても、膨大な量のデータを扱うためには人の手を頼るしかありません。

よって、QAエンジニアの職が無くなることがないため将来性も充分にある職種です。

むしろ、知識や技術ともに質の高いエンジニア職の需要は高まっていくといえます。

そして、QAエンジニアとなってから更なるキャリアアップとして将来的に以下のような業種の選択ができます。

  • QAコンサルタント
  • QAマネージャー
  • テストアナリスト
  • シニアQAエンジニア

QAエンジニアから更に高い技術や知識を持っている場合に開発の企画段階から品質保証を行って、ソフトウェアの質を高めることに貢献することができます。

特に資格を必要とする訳ではないため、兼任として仕事をすることもあります。

未経験者にオススメの資格

QAエンジニアとして仕事を行う上で、関連した資格がいくつかあります。

未経験者でもこれらの資格試験の取得を目指すことによって、エンジニアとしての高い知識を証明することができます。

中には専門的な知識を必要とするものもありますが、代表的な資格試験についてご紹介します。

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQB認定テスト技術者資格は、ソフトウェアテストに関係した資格試験でJSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)という日本の資格運営組織が開催している資格です。

運営組織であるJSTQBが、2005年4月に各国の運営組織が加入しているISTQB(International Software Testing Qualifications Board)の加盟組織として認定されたことによって、海外でも有効な資格となっています。

そのため、QAエンジニアのスキルアップに役立つだけでなく、取得することで世界にも通用することが最大のメリットです。

資格試験内容には「Foundation Level」と「Advance Level」の2種のレベルがあります。

それぞれの出題内容や難易度、試験時間などに違いがあります。

ソフトウェア品質技術者資格認定

ソフトウェア品質技術者資格認定は、一般財団法人日本科学技術連盟が運営及び実施しています。

この資格認定は、全てのソフトウェア技術職を対象に品質の向上とその技術を身に着けて実践していくことが目的です。

取得することによって、企業体質の強化、改善に貢献しソフトウェアに対する品質力をアピールすることができます。

試験内容は、初級~上級の3段階によって構成されており、ソフトウェアに関する基礎知識をはじめ、テスト技法などが出題範囲となります。

QC検定

QC検定は、日本規格協会(JSA)が運営している資格検定試験です。

品質管理に関する知識についての内容で、品質管理の基本ツールといわれるQC七つ道具に関する知識と活用法などが出題されます。

4級から1級まであり、ITシステムやソフトウェアに関することだけでなく品質管理業務について問われる試験です。

4級は就職を目指す学生レベル、3球もこれから品質管理の職に就こうとしている方を対象としています。

そのため、未経験でも通信教育などで勉強してチャレンジすることが可能です。

QAエンジニアとしての仕事を目指すのであれば、2級取得を目標に取り組みましょう。

まとめ

パソコン、スマホ

QAエンジニアの仕事内容や、需要と将来性について解説しました。

ソフトウェア開発におけるスペシャリストとして、そして客観的な立場で指摘してくれるエンジニア職の専門家的な立場としてもQAエンジニアは必要な存在です。

これから進むIT化で、クライアントから求められる技術も更に高くなってきます。

品質の良いサービスとその保証を維持していくためにも、需要が途切れることがないQAエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP