loading...

thumbnail

セキュリティコンサルタントの仕事内容と年収を徹底解説!業務実態と取得がおすすめの資格とは?需要や将来性についても紹介


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/astarcojp/agency-star.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/agency-star/single-column.php on line 36

今注目のセキュリティコンサルタントはどのような仕事なのでしょうか。

セキュリティコンサルタントの仕事内容や年収を詳しくご紹介していきましょう。

セキュリティコンサルタントとは

企業の経営者が悩みとしている情報セキュリティに関する課題を解決するのがセキュリティコンサルタントです。

セキュリティコンサルタントは、クライアント企業のセキュリティレベルを向上させるためのサポート行います。

特に最近では企業にとってセキュリティの向上が課題です。

実際にサイバー攻撃などで大ダメージを受ける企業も多くなっています。

そうなる前に企業のセキュリティを強化して、ダメージを最小限に抑えるのがセキュリティコンサルタントの仕事です。

企業の経営戦略を踏まえて、最善のセキュリティを提案することが求められる高度な仕事といえます。

セキュリティコンサルタントの仕事の内容

セキュリティコンサルタントはそのような仕事をしているのでしょうか。

セキュリティコンサルタントの仕事内容をご紹介していきましょう。

セキュリティに関する戦略

セキュリティコンサルタントは、まずセキュリティに関する戦略を立てることが最初の仕事です。

今後どのようなセキュリティが必要になるのかを長期的に考え、逆算してセキュリティ戦略を計画していきます。

企業の戦略に沿ったセキュリティ戦略になるため、同じセキュリティ戦略になることはありません

そのため、毎回1から企業に合ったセキュリティ戦略を提案することが必要になります。

セキュリティ戦略を立てるときには企業にとことん寄り添った提案が必要です。

またセキュリティ戦略で企業の安全が左右されるので、とても責任も重い仕事といえるでしょう。

セキュリティに関するマネジメント

ノートパソコンで作業する男性

企業はセキュリティの強化を課題としていても、どのようにセキュリティを強化すればいいかわからないこともあります。

セキュリティコンサルタントは、企業のセキュリティ総合的なコンサルティングサービスを支援するのも仕事です。

基本的な企業のセキュリティポリシー策定のサポートから業務プロセスにおいてもセキュリティの観点から改善の提案を行います。

セキュリティに関する仕組みを作ることやセキュリティ強化のサポートすることがマネジメントです。

企業では一大事となる情報漏洩の予防や防止策をマネジメントすることもセキュリティコンサルタントの重要な仕事といえます。

セキュリティ関連の運用

スタートアッププロジェクトを行う男性たち

セキュリティの戦略を立てて仕組みを作ったら、今度は運用が必要になります。

戦略に沿ったセキュリティの仕組みがしっかり機能するのかを運用し、上手くいかないところは改善。

また、サイバー攻撃が脅威とされ、サイバー攻撃に対しての対応策なども重要視されています。

万が一サイバー攻撃にあったとしても、被害領域を最小限に止める運用が求められるでしょう。

セキュリティを強化するだけではなく、最悪の事態を予想して事前にサポートするのもセキュリティコンサルタントの仕事です。

セキュリティコンサルタントとITコンサルタントの違い

セキュリティコンサルタントとITコンサルタントにはどのような違いがあるのでしょうか。

セキュリティコンサルタントは、セキュリティに特化したコンサルティングを行うのが仕事です。

ITコンサルタントは、ITの仕組みに対してコンサルティングを行います。

そのため、企業でどのようなIT技術を導入するかなど企業全体のITを総合的にコンサルティングする仕事です。

セキュリティコンサルタントとITコンサルタントの違いは専門性といえるでしょう。

セキュリティコンサルタントはセキュリティに特化した専門性のあるコンサルタントです。

しかしITコンサルタントは総合力を求められるので、セキュリティコンサルタントの知識も必要となります。

ITコンサルタントの方がより範囲が広く、知識やスキルを網羅していなければなりません。

セキュリティコンサルタントはスペシャリスト、ITコンサルタントは総合的といえるでしょう。

またIT系のコンサルタントをITコンサルタントと総称することもあります。

セキュリティコンサルタントの年収

一派的にIT系のコンサルタントは高収入ですが、セキュリティコンサルタントも同様に高収入が得られる職種です。

30歳前後のセキュリティコンサルタントであれば年収1000万円を得ていることも珍しくないでしょう。

セキュリティエンジニアの平均年収が600万円前後といわれているので、IT業界の中でもトップクラスといえます。

今後はさらに需要が見込まれている職種なので、スキルと経験次第でさらなる高収入が目指せるでしょう。

フリーランスや独立することで、会社員コンサルタントよりも収入がアップするのではないでしょうか。

セキュリティコンサルタントになるには

セキュリティコンサルタントになるにはどのような方法があるのでしょうか。

セキュリティコンサルタントになる方法をご紹介していきましょう。

セキュリティエンジニアから目指す

デスクでパソコンに向かう男性

セキュリティコンサルタントを目指す一般的な方法といわれているのが、セキュリティエンジニアから転向する方法です。

セキュリティエンジニアでマネジメントポジションを経験することで、自然とセキュリティコンサルタントのスキルを身に付けることができます。

さらにセキュリティエンジニアのスキルや知識を強化することで、セキュリティコンサルタントに転向することが可能です。

セキュリティエンジニアのスペシャリストよりもセキュリティコンサルタントの方が経験を積むことで説得力が増します。

つまり40代50代になったときにセキュリティコンサルタントの方が需要があるといえるでしょう。

セキュリティエンジニアの方は、セキュリティコンサルタントになるキャリアプランも取り入れるべきといえます。

コンサルタントからセキュリティ分野に特化する

最初からコンサルティング会社などで勤務している場合は、専門性を高めることでセキュリティコンサルタントに転向可能です。

コンサルタントの中でもセキュリティ分野に特化することでセキュリティコンサルタントを目指せるでしょう。

IT知識やスキルも身に付ける必要があるので、ITスキルが無い場合はプログラミングスクールなどに通うのがおすすめです。

特に高度な知識が必要とされるセキュリティコンサルタントは少ない傾向にあります。

そのため、今後さらに需要が増えることも考えるとコンサルタント職の中でも圧倒的な高収入を目指せるでしょう。

コンサルタント職で専門性を磨くのであれば、セキュリティコンサルタントがおすすめです。

セキュリティコンサルタントに求められるスキル・特徴

セキュリティコンサルタントにはどのようなスキルや特徴が求められているのでしょうか。

セキュリティコンサルタントに求められるスキル・特徴についてご紹介していきましょう。

0から1を生み出すスキル

IT業界の中でもセキュリティにおける分野の進歩は目まぐるしくスピードです。

常に情報が更新され、企業によっても最適なセキュリティは戦略によって変わります。

そのため、企業で全く同じセキュリティ戦略が当てはまるということはありません。

だからこそ、企業に合った戦略を0から生み出すスキルが必要になるでしょう。

こうした0から1を生み出す仕事は人によってストレスを感じる人もいます。

0から1を生み出す作業を楽しんで行える人こそ、セキュリティコンサルタントに向いているといえるでしょう。

摩擦を恐れない

オフィスで働くプログラマー

セキュリティの技術は常に更新され続けています。

前例のないものを取り入れることは、特にセキュリティでは拒まれることが多いのが実情です。

新しいものを導入するときには摩擦がつきものといえます。

その摩擦を恐れずに決断することもセキュリティコンサルタントには必要です。

摩擦といってもお互いの意見を取り入れつつ、落としどころをしっかり見極めることが大切になります。

セキュリティのコンサルティングでは、コミュニケーションの摩擦から画期的なアイデアが生まれることも多いようです。

提案していくことがクライアントのためになるなら、摩擦を恐れずに前向きな提案を行うメンタルの必要でしょう。

セキュリティレベルの向上を目指す想い

フリーランスと自営業の違い

セキュリティは何のために必要であるか。

セキュリティレベルの向上は人の安全に繋がり、幸せな生活にも直結しているということを知っておくべきです。

セキュリティコンサルタントは企業を守るだけではなく、働く人の幸せも守っているといえるでしょう。

セキュリティレベルの向上を目指すことは、誰もが安心できるIT社会の実現を目指すことになります。

今後は企業から家庭へIT化が進んでいくでしょう。

そうしてときにも、セキュリティコンサルタントが家庭レベルで活躍していくことが予想されます。

セキュリティレベルの向上を目指すことが人々の幸せを守っている。

このことを忘れない人こそセキュリティコンサルタントに向いているでしょう。

セキュリティコンサルタントにおすすめの資格

教科書の階段と学生

セキュリティコンサルタントにおすすめの資格にはどのようなものがあるでしょうか。

セキュリティコンサルタントにおすすめの資格をご紹介していきましょう。

システム監査技術者

プログラマー デスク周り

情報システム責任者や監査人などを目指す方に取っては必須とされているのがシステム監査技術者です。

この資格では企業や組織でもセキュリティ分野における適切なリスクマネジメントの監査が行える資格といわれています。

試験の難易度も高く、合格率は約15%です。

試験を受ける場合には、しっかりと準備して挑むことが必要といえるでしょう。

GIAC

考える男性

セキュリティ分野の試験として、世界的にも認められているのがGIACです。

GIACはGlobal Information AssuranceCertificationの略。

セキュリティプロフェッショナルの技術やスキルを客観的に証明するための資格です。

世界的な資格であるため、将来的にグローバルに活躍したいという方にもおすすめの資格といえるでしょう。

セキュリティ分野の試験の中でも最高峰の難易度といわれています。

試験対策の講座を受けるなど、本格的な準備を行ってから受験するべきでしょう。

セキュリティコンサルタントの業務実態

会議

セキュリティコンサルタントの実務実態はどのようなことになっているのでしょうか。

セキュリティコンサルタントの実務実態を詳しくご紹介していきましょう。

セキュリティ意識の温度差

仕事上のチーム

セキュリティコンサルタントが企業のセキュリティ対策を行う場合、企業や組織によってかなりの温度差があるといわれています。

この温度差とは、もちろんセキュリティに関してのことです。

一般的にセキュリティ対策が必要という意識が定着してきましたが、まだまだセキュリティ対策を後回しにする企業も多くあります。

こうした企業でのセキュリティ対策を行うときには、反発も多く説得に時間を有することも多いようです。

そのためセキュリティコンサルタントは、プレゼンテーションの方法などアプローチの方法を工夫する必要があります。

こうした工夫を取り入れながら企業のセキュリティを高めるのもセキュリティコンサルタントの仕事といえるでしょう。

常に学ぶことが求められる

システムエンジニア 面接

 

セキュリティコンサルタントは、常にセキュリティに関して最新の情報を入れておく必要があります。

新しいシステムが発表されれば、どのように活かすことができるかなど考える必要があるでしょう。

AIの技術がどれだけ発達しても、最終的な判断を下すのは人です。

セキュリティコンサルタントは常に学び、常にプロフェッショナルでいることを求められる職種といえるでしょう。

仕事の大半は文章を書くこと

システムエンジニア

意外なことにセキュリティコンサルタントの仕事の大半は文章を書くことがほとんどです。

セキュリティコンサルタントになった方の多くは、最初はこの文章作成の作業に苦労しています。

文章の品質が企業のセキュリティの品質にも繋がる。

だからこそ、セキュリティコンサルタントにとって文章を書くことこそ企業を守ることといえるでしょう。

セキュリティコンサルタントの需要

審査する チェック

企業ではセキュリティの強化が常に課題となります。

サイバー攻撃もより高度になり、セキュリティコンサルタントの知識やスキルも高度なものが要求されていくでしょう。

だからこそ、セキュリティコンサルタントは高度な知識とスキル持っている人材が求められます。

今後はIoTの普及により一般家庭のセキュリティ強化が課題となりでしょう。

そうすることで、家庭単位でのコンサルティングも考えられます。

今後は企業から家庭、個人へとセキュリティコンサルタントの需要が増えていくでしょう。

セキュリティコンサルタントの将来性

年収 男性 報酬 お金 アップ

セキュリティコンサルタントとして高い技術とスキルを持っている人の多くは独立開業を目指す人が多い傾向です。

会社員のセキュリティコンサルタントよりも更なる高収入を目指せるため、将来性のある職種といえるでしょう。

今後はセキュリティコンサルタントの需要が増えることは確実です。

しかし、セキュリティコンサルタントとして必要とされ続けるにはスキルを磨き続けることが需要といえるでしょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP