loading...

thumbnail

サーバーサイドエンジニアとは?仕事内容や年収を徹底解説!需要や将来性は?求められるスキルと言語・役立つ資格もご紹介

サーバーサイドエンジニアは、サーバー側からアプリ開発やプログラム開発に必要なデータを創り上げるエンジニアです。

主にサーバーで必要なデータを管理や処理を担当します。

コンピュータープログラムの裏側で仕事をこなすので、バックエンドエンジニアをも呼ばれています。

サーバーサイドエンジニアとは

サーバーサイドエンジニアとはどんな人か

サーバーサイドエンジニアとはコンピューター内のデータを管理し、プログラム開発のためにデータを処理するエンジニアです。

そのフロントエンドエンジニアと対照的な立ち位置ともいわれています。

フロントエンドエンジニアはWeb開発の際に、ユーザーから直接接触のあるデータを管理する存在です。

サーバーサイドエンジニアはWebサイトやアプリを開発する時に、プログラムやデータに必要な計算言語を使って仕事をします。

要するに、サーバーサイドエンジニアはバックグラウンドで仕事をする存在なのです。

サーバーサイドエンジニアが裏方なら、フロンエオエンドエンジニアが表舞台で活躍するエンジニアとなります。

フロントエンジニアとサーバーサイドエンジニアは立ち位置こそ対照的ですが、半ばパートナーのような関係とも呼べるでしょう。

お互い協力しあいながらWebサイトやアプリを作成します。

サーバーサイドエンジニアの役割

サーバーサイドエンジニアの仕事はとても重要です。Webサイトやアプリ開発に向けて、欠かせられないデータや資料を揃えます。

サイバーサイドエンジニアフロントエンドエンジニアがいなければ、Webサイトやアプリの開発はできません。

難しいプログラミング言語と使い、関数などを使って計算することがサーバーサイドエンジニアの役割です。

Webサイトやアプリ開発する時、かなり細かなデータをプログラミングします。

サーバーサイドエンジニアが使用する言語について

マシンコード言語

サーバーサイドエンジニアが仕事で使うプログラム言語は2タイプ。コンパイラ型言語インタプリタ型言語です。

サーバーサイドエンジニアになりたいなら、この2タイプの言語を理解して使いこなす必要があります。

とても難しく感じるかもしれませんが、学ぶ意欲があれば自然と知識が身につくはずです。

これらの2タイプの言語はデータやプログラム開発の上で、とても重要なものです。

特にシステムの実装や改修時の工数などの変化に大きく関わっているのが、4コンパイラ型言語とインタプリタ型言語です。

コンパイラ型言語とは

コンパイラ言語は、JavaCC++などのプログラム言語のことをいいます。

コンパイラ言語に聞き覚えがなくても、ここまで説明すると分かる人も多いのではないでしょうか。

これらのプログラム言語をきちんと使いこなすことで、正確にプログラムやデータを作成・処理できるのです。

プログラム言語の基本といえるほどに、これらの言語は多くのコンピューターシステムで使われています。

インタプリタ型言語とは

一方インタプリタ型言語とは、PealPHPRubyPythonなどです。

コンパイラ型言語での実装がスピーディーなのに対して、インタプリタ型言語の実装は遅めという特徴があります。

PealやPHP、Ruby、pythonは、実用性と多様性をとても重要にとらえているプログラム言語です。

データ処理やプログラムの改善などが行われる時に利用されています。

サーバーサイドエンジニアの仕事とは

サーバーサイドエンジニアはプログラムを動作させるために裏方に回り、データやプログラムを管理・処理するのが仕事です。

Webサイトやアプリの開発が行われる時にサーバー側でデータベースの管理や処理を行います。

更にサーバーサイドエンジニアの仕事を解説してみましょう。

ソフトウェアのインストール

サーバーサイドエンジニアは、新しいwebサイトやアプリの構築をスタート地点から任されます。

ハードウェアのアップグレードも行い、プログラムを一新させるのも仕事の内になるでしょう。

サーバーサイドエンジニアは古いデータを改修・処理して、新しいデータを創り上げる事ができる権限持っているのです。

商品データベースの処理や不正アクセスへの対応

サーバーサイドエンジニアは、通販サイトでの買い物かごのデータの管理や商品データベースの構築・設計に関わっています。

またサイバー攻撃や不正アクセスが起った時も、速やかにデータ管理・処理・プロテクトでデータや情報流出を防ぐことも仕事です。

サーバーサイドエンジニアは、サーバー側のデータや情報をしっかりと保護する、または処理する仕事をしているといえます。

エラーの修正

サーバーサイドエンジニアは、何かとデータベースで起きるエラーを修正する仕事をする機会も多いです。

データを管理していく上で、エラーが起きているサイトに対応してユーザーがサイトを閲覧できるように修正します。

理解しやすいコードを作成

将来使い続けられるデータを構築するために、読みやすいコードを記述しなければなりません。

他のシステムに移行しやすいプログラムを考えることも、サーバーサイドエンジニアの仕事です。

アプリ開発に必要なデータ作成

スキルが高くなると、サイトの構築を行う時に理解しやすいデータを構築できるようになっていきます。

また人事として、開発で必要とされる工数計算や正確に仕事ができる人の配置を任されるようになるでしょう。

サーバーエンジニアに求められるスキル

サーバーサイドエンジニアが必要とするスキルは、OSに関しての知識や、ネットワークとセキュリティ面の知識です。

サーバーの知識

少なくとも、担当するサーバーの種類についての知識も持っておくべきです。

一言にサーバーといっても、Webサーバーやデータベースサーバー・アプリケーションサーバーなどあらゆる種類が存在します。

コンピュータデータやプログラムの保護

サーバーのデータ管理・処理だけでなく、セキュリティ面を強化していくこともサーバーサイドエンジニアの大切な役目です。

プログラム言語を理解してコンピューターを保護するスキルと、アプリ開発などに重要な知識も必要なスキルの一つとなります。

サーバーサイドエンジニアの職場環境と年収

職場環境は意外とハード

フリーランスと自営業の違い

サーバーサイドエンジニアは、コンピューターに延々と向き合っていく仕事です。

頭を働かせて体力を消耗させるため、過度なストレスが溜まる事も予想されます。

サーバーサイドエンジニアの仕事は、ハードなデスクワークと考えて良いでしょう。

様々なコンピューターの知識を活かしながら、次から次へとデータを管理・処理していきます。

年収は年代に沿ってアップする

とてもハードなサイバーサイドエンジニアの一般的な年収は、20代で378万円30代で493万円40代で596万円となります。

スキルを高めていくには、何年もサーバーサイドエンジニアの仕事をこなしていく必要があるのです。

年収は年代がアップしていくにつれて、高額になっていきます。一人前になる頃には年収600万円近くになるでしょう。

サーバーサイドエンジニアの転職について

転職そのものは有利

契約書へのサイン

転職を考えるなら、様々なコンピューターに関する知識が求められるIT企業が有力です。

80%以上の確率で、コンピューターエンジニアとしての仕事にありつけるでしょう。

プログラム言語やデータ管理、アプリやWebサイトの開発にコンピューターのセキュリティなど。

サーバーサイドエンジニアができる技術は、多くのIT企業で役立ちます。

コンピューターエンジニアとして新たな仕事を見つける事ができるため、サーバーサイドエンジニアの転職率は高いです。

高額年収を狙いたい場合

サーバーサイドエンジニアとしてキャリアを積み、年収もアップしているけれど満足できない人もいるのではないでしょうか。

その場合、ネットワークエンジニアに転職すると思い通りに高額年収を手にすることができます

ネットワークエンジニアになるための必要なスキルは、サーバーサイドエンジニアで習得できるともいえるでしょう。

サーバーサイドエンジニアとしてキャリアを高めていけたなら、ネットワークエンジニアになれる可能性があります。

サーバーサイドエンジニアが学ぶべき言語を解説

仮想的なプログラミング言語を押す男性

サーバーサイドエンジニアが必ず必要とするプログラム言語は、以下の通りです。

  • Java
  • C
  • C++
  • PHP
  • Python
  • Peal
  • Ruby
  • Java
  • script

それらの言語について、詳しく紹介します。

Java

Javaは、プログラム言語の一種でプラットフォーム作成に必須とされている言語です。

企業のシステム構築や、ブルーディスクレコーダーなどの家電製品へのデータ処理などで必ず使われるプログラム言語になります。

C

C言語は、プログラムを自由に構成することができる言語です。

他の言語に比べると、フィードバックやメンテナンスに高度な技術が使われているといえます。

オペレーティングシステムや、アプリケーションソフトウェア・ファームウェア多様に使われている言語です。

C++

C++は汎用のプログラム言語の一種です。C言語の特徴を持ち合わせており、表現力を高める上で役立っています。

C++は、プログラミングの効率性を高めていくために使われる言語です。

CとC++は同時に使う事ができてアプリやソフトウェア開発で活躍しています。

PHP

PHPは、Webサイトアプリ作成にとても役立つ言語です。

とてもポピュラーな言語で、エンジニアではなくても世界中で扱える人は多くいます。

コンピューター初心者におすすめできるプログラム言語でしょう。

Python

Pythonかなりシンプルなプログラム言語です。扱いやすく、初心者でも楽に学べることが特徴です。

C言語に比べるとシンプルなコードで、多くのプログラムを作成できます。

Peal

Pealは、実用性と多様性を求める人に好ましいプログラム言語です。

C言語などの多くのプログラム言語の良い部分を取り入れているため、幅広く使うことができるのが特徴。

ウェブやアプリケーション作成・データ管理などで、Pealが利用されています。

Ruby

Rubyは、オブジェクト用のスクリプト言語です。まつもとひろゆき氏によって開発されました。

Pythonで満足感を得られないなら、Rubyを学ぶべきでしょう。

Java script

Java scriptはJavaと似た名前ですが、内容は全く違うプログラム言語です。

プロトタイプベースのオブジェクト指向のスクリプト言語に分類されます。

サイトの画像を動かしたり、リッチインターネットアプロケーションの作成に用いられたりする言語です。

サーバーサイドエンジニアに必要な資格は?

保険、カスタマーケア、サポート

サーバーサイドエンジニアはサイバー側でプログラムやデータの管理、保護をすることが主な仕事。

そんなサーバーサイドエンジニアにとって、役立つ資格を解説します。

MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)

MCPは、マイクロ製品に関するあらゆるニーズに適応できる世界共通の資格です。

MCPを取得すると、就職や転職に有利な立場になれるでしょう。

また、IT企業が求めるエンジニアとしてのスキルや知識を持っているという証明になります。

LPIC(Linux技術者認定資格)

Linuxと二進数

LPICは、サーバー側で仕事するために必ず必要な資格というわけではありません。

しかしOSやサーバー機器、アプリケーションなどに働く人へ知識やスキルを伝えるために役立つ資格だと考えられます。

とっておけば転職や就職で、エンジニアとしての実力を示せるでしょう。

CCNA

CCNAは、中規模のネットワークの設定や導入・運用を行うための必要なスキルを持っている証になります。

いわゆるネットワーク関連の資格なので、エンジニアとして幅広く仕事をこなしたい人に向いている資格でしょう。

しかし、CCNAは3年間の有効期限が決められています。

サーバーサイドエンジニアの需要

業績をあげる

様々なアプリやWebサイトが立ち上げられている現在や未来でも、サーバーサイドエンジニアの需要は高いと考えられます。

多くの企業や会社は、フロントエンドと共に働けるサーバーサイドエンジニアを必要としています。

フロントエンドがとても重要な役割があるように、サーバーサイドエンジニアがいないと始まらない仕事があるのです。

サーバーサイドエンジニアの将来性

と可視化されたネットワーク

サーバーサイドエンジニアは、将来さらに活躍が期待される役職です。

未来的な考え方でコンピューターを学べるため、その知識やスキルは高く評価されるでしょう。

特にプログラム言語やスキルは、近い将来でもっと重要視されます。

何故なら、サーバーサイドエンジニアによってアプリ開発やWebサイトを作成、管理・処理する考え方が幅広く広まっているからです。

とても高い技術と豊富な知識が必要とされている限り、サーバーサイドエンジニアの将来も明るいといえるでしょう。

サーバーサイドエンジニアになろう

スーツ 男性

サーバーサイドエンジニアに興味があるなら、まずはプログラム言語を学びましょう。

コンピューターシステムの管理や保守に役立つ仕事が、サーバーサイドエンジニアです。

プログラム言語や新しいシステムの構想を高めることで、サーバーサイドエンジニアとしてのスキルや知識を学べるのです。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP