Microsoft社が提供するSharePoint Serverという製品をご存じでしょうか。

この記事では、SharePoint Serverとはどういうものなのかについてご紹介します。

  • SharePoint Serverの特徴を知りたい人
  • SharePoint Serverの機能を確認しておきたい人
  • SharePoint Serverの利点・欠点を知りたい人
  • SharePoint ServerとOffice365との違いがいまいちわからない人
  • SharePoint Serverを導入したい

上記に当てはまる人向けの内容をお届けします。

「SharePoint Serverという名前だけ知っている」という人もSharePoint Serverのことを知る良い機会と思って、ぜひご一読ください。


SharePoint Serverとは

ネットワーク、ギア、ビジネス


この項目では、SharePoint Serverの概要についてご紹介します。


SharePoint Serverとは

SharePoint ServerはMicrosoft社が提供する、情報やファイルなどを共有するエンタープライズ(企業)向けサーバー製品のことです。

「Microsoft SharePoint Service(WSS)」上で動かすことができます。

チームで共有して使うソフトウェアツールとして開発されました。


略称

以前は「MOSS(モス)」と呼ばれていました。そちらの名前を知っている人も多いかもしれません。

現在はMOSSとは呼ばず、SharePointもしくはシェアポイントと呼ばれています。


開発者

開発したのは先述のとおり、Microsoft社です。


対応しているOS

Microsoft Windowsに対応しています。


ライセンス

商用ライセンスを採用。


構成

SharePoint ServerはWindows SharePoint Service(WSS)が持つ機能と、Webパーツ(ユーザーが作成するパーツのこと)で構成されています。


SharePoint ServerとSharePoint Online



SharePointにはSharePoint Serverの他にSharePoint Onlineという製品があります。

この項目では、両者にどのような違いがあるかを見てみましょう。


サーバー設置の有無

プログラミングコード


SharePoint Serverを導入するにはサーバーを設置する必要があります。

対するSharePoint Onlineは、名前のとおりオンラインでサービスを提供する製品です。

そのため、サーバーの設置は不要です(システムはMicrosoftデータセンターで稼働)。


コスト

SharePoint Serverはサーバー環境の準備やソフトウェアのインストール、そしてサーバー費用などのコストがかかります。

SharePoint Onlineに比べてコストは高くなるでしょう。


利便性

SharePoint Serverなら、企業にあった環境を築くことができますアプリケーションを開発することだってできます

利便性を重視するならSharePoint Serverの導入を検討するのがおすすめです。


導入実績

SharePoint ServerはSharePoint Onlineよりも以前から存在する製品なので、導入実績はSharePoint Serverのほうが多くあります


SharePoint Serverの特徴



ここでは、SharePoint Serverの特徴についてご紹介します。


社内の情報基盤を築くシステム

SharePoint Serverは企業内の情報基盤を作るシステムです。


情報を集約できる

社内の情報を一箇所に集めておけますし、社内の人や外部の人とファイル・情報の共有をスムーズにおこなうことができます。


ファイルの共同作業が可能

情報を共有できるだけではなく、同時に編集することもできます。


SharePoint Serverの機能

タイピングをする女性ブロガー


この項目では、SharePoint Serverが有している機能について触れます。


情報やファイルの共有

SharePoint Serverの主な機能です。

保存できるファイルの最大容量は15GBです(SharePoint Server2019)。


チームサイトの作成



SharePoint Serverではチーム(プロジェクトごと、部署ごとなど)メンバーのみが参加できるチームサイトを作成することができます。

豊富なテンプレートが準備されているので作成も簡単。

情報の共有や共同作業場として活かせます。


コミュニケーションサイトの作成

他ユーザーにメッセージを送ったり、情報を載せたりできるサイトを作成可能です。


サイト作成の高速化

SharePoint Server(2019)には高速でサイトを作成する機能が備わっています。

新規サイトを作成するまでにかかる時間は数秒です。

なお、高速でサイトを作成する機能を対応しているサイトテンプレートは限られます。

OneDrive個人サイト」「チームサイト(モダン)」「コミュニケーションサイト」。

これらのサイトテンプレートを高速で作ることができます。


検索

情報やファイルを検索する機能が備わっています。


メールを送る際のSMTP認証

メールを送信する際、SMTP認証機能がついています。


ファイル・フォルダ名に特定の文字が使える

SharePoint Server(2019)は、ファイルやフォルダの名前に「#」や「%」などの文字を利用できます。

Windowsファイル・フォルダ名として使える文字全てに対応しているので、同期がラクです。


SharePoint Serverのメリット



SharePoint Serverを使うと、どんな利点があるのかについて見てみましょう。


最適な環境構築が可能

企業によって、どのようなセキュリティポリシーを持っているかなど希望する環境は違ってきます。

SharePoint Serverなら、自社運用(オンプレミス)なので自分の会社に合った環境を築くことができるでしょう。


操作が簡単

ブラウザで操作をおこなうため、基本的な操作は全てGUIでおこないます。

そのため、難しい操作はなし。


サーバー製品でないものに比べて利便性が高い

オンライン製品はサーバー設置が要らないなどのメリットがあります。

しかしSharePoint Serverは「SharePoint ServerとSharePoint Online」でも説明しましたが、自由度が高いです。

自分たちが使いやすいようにアプリケーション開発をおこなったりして便利な環境を作り上げることができます。


サポートがある

有料ですが、Microsoft社の手厚いサポートが受けられます


Microsoft社製品と連携ができる

SharePoint ServerはMicrosoft社の他製品と連携することが可能です。


SharePoint Serverのデメリット



ここではSharePoint Serverのデメリットを確認してみましょう。


サーバー環境を用意しなければならない

SharePoint Serverは自社運用で構築します。

自社運用でSharePoint Serverを構築するためにはサーバー環境を準備する必要があります


コストがかかる

SharePoint Serverを導入するためには「サーバー環境」や「ライセンス費用」。

そしてサーバーやソフトウェアの管理に携わる人への労働費用。

アップデートやバックアップ、電気代などのコストなど。

SharePoint Serverを導入すると、このようにたくさんのコストがかかります。


他製品の知識を獲得する必要あり

「SharePoint Serverのメリット」の項目で、Microsoft社が提供している他製品と連携できることをメリットとして紹介しました。

しかし、これがメリットにあるのは「他製品の知識をユーザーが持っている」時に限ります。

連携したい他製品のことを知らない状態で連携してしまうと、エラーが起こってしまうことも。


SharePoint ServerとOffice365の違い

MapReduce


この項目では、SharePoint Serverの導入と検討されることが多いOffice365との違いについてご紹介します。


Office365とは

Office365とは、OfficeやOneDrive、Microsoft Teamsなどの機能を内包するツールです。

なお、Office365には「SharePoint」も含まれています


Office365のプラン

Office365には以下のプランがあります。

  • Business Essential
  • Business
  • Business Premium

このうち、SharePointを使えるのはBusiness EssentialプランBusiness Premiumプランのみです。

Businessプランを契約したとしても、SharePoint Serverを使うことはできませんのでご注意ください。


単体利用か総合利用か

SharePointはファイルや情報の共有サービスというのは先述したとおりです。

ファイル・情報共有サービス機能だけを使いたい人「SharePoint」を選ぶのが良いでしょう。

その他、Officeやオンラインストレージ、メールやレポート作成などの機能を追加で使いたいなら「Office365」を導入するのがおすすめです。


SharePoint Serverの費用

ノートパソコンに置いた木のブロック


この項目では、SharePoint Serverの価格について詳しくご説明します。

SharePoint Serverを100ユーザーで利用するとしたら、初期費用として約250万円ほどかかるでしょう。

毎月かかる費用は人件費や電気代、そしてサーバーを設置するスペース代。それから電気代などになります。

ただ、SharePoint Serverには180日のお試し期間があります。180日間は無料でSharePoint Serverを試すことが可能です。


SharePoint Serverのインストール

パソコンでビデオ会議するフリーランス女性


SharePoint Serverの導入を決めたら、さっそくSharePoint Serverのインストールをおこないましょう。


Microsoftのダウンロードセンターへ

こちらにアクセスし、言語は「日本語」を選んで「ダウンロード」をクリック。

インストール言語を選びます。「日本語」にチェックを入れましょう。

「保存」を押下し、ディスクイメージファイルをパソコンにコピーしてください。


インストールする

インストールメディアで起動します。

キーボードまたは入力方式、キーボードの種類などを選び「次へ」をクリックしましょう。

その後、「今すぐインストール」ボタンを押してください。


プロダクトキーの入力

プロダクトキーを入力します。

SharePoint Server2019 エンタープライズ試用版のプロダクトキーはM692G-8N2JP-GG8B2-2W2P7-YY7J6。

標準試用版のプロダクトキーはF2DPD-HPNPV-WHKMK-G7C38-2G22Jです。

なお、Project Server 2019を使えるようにするにはエンタープライズプロダクトキーを使わなければなりません。


オペレーティングシステムを選択する

オペレーティングシステムを選んで「次へ」を押下し、「適用される通知とライセンス条項」をチェックします。


インストールの種類を選ぶ

「アップグレード」もしくは「カスタム」を選びます。

新しくインストールする人は「カスタム」を選択してください。


インストール場所を選ぶ

Windowsのインストール場所を選んで「新規」をクリックし、「適用」ボタンを押してください。


内容確認

確認のポップアップが出てくるので、内容を読んだら「OK」ボタンをクリックし「次へ」ボタンをクリックします。

これでインストールが始まります。

インストールの詳しいやり方についてはこちら


SharePoint Serverの構成手順



インストールが完了したら、構成をおこないます。

SharePoint Serverを構成する方法は公式サイトに詳細が記載されています。

丁寧に手順が載っているので、サイトにある手順どおり進めていけば、SharePoint Serverの構成を完了することが可能です。


まとめ



以上、SharePoint Serverにスポットライトを当てて解説しましたがいかがだったでしょうか。

記事内でも説明しましたが、現在はクラウドサービスとして利用できるSharePoint Onlineの需要が高まってきています

SharePoint Serverから切り替える企業もあります。

しかし、SharePoint Serverは以前から提供されている高い信頼度を誇る製品。

サーバーを設置しなければならない手間はありますが、SharePoint OnlineではなくSharePoint Serverの導入を検討する人も多数います。

サーバー環境とクラウド環境。

どちらが良いかは導入先の企業によって違いがあります。

SharePoint Serverを導入するか、SharePoint Onlineを導入するか、はたまたOffice365を導入するか…。

そんな迷いが生じた時、本記事を1つの参考にして頂けたら幸いです。