loading...

thumbnail

スキルシートの書き方を徹底解説!フリーランスエンジニアが案件を獲得するためのアピールポイントと注意点とは?【例文あり】

フリーランスエンジニアとして案件を獲得していくためには営業活動が欠かせません。

また営業するにあたって営業ツールとしてスキルシート(職務経歴書)が重要になります。

スキルシートの書き方ひとつで新たな仕事を獲得することもできるのです。

そんな大事なスキルシート、実際にどのように書けばいいのでしょうか。

今回はスキルシートで自分自身をアピールする方法と注意点を徹底解説します。

フリーランスエンジニアが案件を獲得するために重要なアピールポイントも確認していきましょう。

フリーランスエンジニアには営業が必要

フリーランスとして仕事を獲得していくためには営業が必要です。

もちろん過去務めていた会社や知り合いから仕事をもらい、それだけで生活できるというエンジニアもいるでしょう。

ですがそれらの仕事はずっと続くわけではありません。

フリーランスとして生活していくためには常に営業を行い新たな仕事を獲得していく必要があります。

案件獲得の営業方法

ではフリーランスエンジニアとして新たな仕事を獲得するための営業方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでいくつかの営業方法を確認していきましょう。

紹介案件を獲得する

営業方法のひとつ目は紹介案件の獲得です。

過去務めていた会社や過去案件をくれた会社、友人や知人などから紹介してもらうという方法があります。

紹介で入る案件は相見積もりになることが少ないため高単価になる案件が傾向もあるので紹介してくれそうな人に声をかけておくといいでしょう。

ひと声かけておくだけでいい結果を呼び寄せることも珍しくありません。

ネット系サービスを利用する

ランサーズやクラウドワークス、ココナラなどクラウドサービスにはフリーランスエンジニアに仕事を頼みたいクライアントがたくさんいます。

これらのサービスには依頼者が頼みたい仕事が大量に登録されているため、それらの中から自分ができそうな案件を見つけていくのもひとつの方法です。

継続発注もあるので登録しておいて損はないでしょう。

直接営業する

交流会 名刺交換

フリーランスエンジニアの中には営業が苦手な方も多くいますが、やはり直接営業する方法が一番確実といえます。

たくさんの企業がフリーランスエンジニアを必要としているため直接ターゲットとする会社にアポイントを取り営業をしていくというのは慣れないと怖さもありますが、需要がある職種の営業は歓迎されることも多くのでその場で仕事が決まるということも珍しくありません。

フリーランスとして生きていくのであればぜひ直接営業をしてみましょう。

営業時に必要な書類

では実際に営業時に必要な書類はどんなものがあるのでしょうか。

もちろん営業手法は人によって様々であるためこれと決まりがあるわけではありません。

しかしそこにツールがあるほうが営業がスムーズに行くことに違いはないでしょう。

ここではそんな営業時に必要な書類をご紹介します。

履歴書

会議

履歴書は就職や転職では必要とされるものですが、営業時に必ず求められるわけではありません。

しかしこれもひとつの自己PRのツールです。

自己PRに活用できそうならぜひ活用しましょう。

スキルシート

フリーランスエンジニアが新たに営業する場合にスキルシートは欠かせません。

このスキルシートひとつで仕事が決まることもあるほど大事なものです。

フリーランスエンジニアとしてスキルシートの書き方は必ずマスターしておきましょう。

スキルシートとは

 

考える男性

スキルシートは俗にいう職務経歴書のことです。

それまでどのような職務を経験してきたのか、どんなスキルを身につけてきたのかを記載したものになります。

フリーランスエンジニアにとっては履歴書の役目を果たすものです。

営業相手にとってもスキルシートがあればどのような経歴の持ち主かわかるためどのような仕事を発注すべきか明確にわかり大変メリットとなります。

営業時にはスキルシートを作成して常に持って行くようにしましょう。

スキルシートの書き方のポイント

鉛筆とビジネスマン

スキルシートにはどのようなことを書けばいいのでしょうか。

そのポイントを確認していきましょう。

スキルシートは自己アピールの場

スキルシートは自分をアピールするために作成するものです。

自分をアピールして新たな仕事を獲得することが目的のため、仕事を獲得できるような自己アピールを含んだ書類として作成するのが重要になります。

相手の立場になって考えよう

ターゲットとする会社が何を必要としているのかはもちろん、どのような部分をアピールすればいいのかも、会社によって変わります。

会社が必要としている人材や仕事に自分がマッチしていることが分からなければ、仕事を獲得することはできません。

スキルシートの作成には相手が何を望んでいるのかを考えることも重要です。

どのようにアピールするかの戦略を立てる

スキルシートでは自分の強みは何なのか、何ができるのか、どういったことがしたいのかが書かれていることはもちろん、相手に強く印象に残ることが大事です。

ただやみくもに経歴とスキルを並べるのではなく、戦略を持って書くようにしましょう。

過去のすべてを洗い出す

スキルシートを実際に書き出す前に過去のすべてを洗い出しましょう。

自分がこれまでどんなことをしてきたのか、何を達成したのか、何ができるのか。

アピールできることは様々な角度から検討できます。

漠然と書き出すのではなくまずは過去をすべて洗い出し、机の上にすべての情報を出し切りましょう。

アピールポイントを絞り込む

自分の過去のすべてを洗い出したら、次はその中から何がアピールできるかを考えます。

すべてを洗い出してそれを順番に書いていってもそれだけで相手の目にはとまりません。

相手が何を求めているのか、どういった人材を欲しいと思っているのかを考え、それに合致した自分のアピールポイントを経歴として盛り込むようにします。

自分の強みを理解する

自分の強みを理解しておくことはスキルシートにおいても非常に需要です。

「この分野なら誰にも負けません」というような強みがあれば相手に強く印象に残ります。

自分の強みをきちんと理解し、その強みを軸にスキルシートを作成するようにしましょう。

実際に記載していく

この段階を踏んでから実際にスキルシートを作成していきます。

きちんと戦略を立てて作成したスキルシートは相手にとっても読みやすく強みも理解できるため印象にも残るでしょう。

そのようなスキルシートが作成できれば新たな営業も怖くはありません。

守秘義務は守る

スキルシートの作成でひとつ気をつけなければならないのは過去の会社の案件を記載する場合は守秘義務契約を守るということです。

会社名やプロジェクト名が記載できない場合は当然記載すべきではありません。

たとえそれらが記載されていなくても守秘義務契約があるため記載していない旨を説明すれば問題ないでしょう。

逆にきちんと契約を守る人という印象を与えることもできます。

過去の経歴や携わったプロジェクトを記載する場合は守秘義務契約をきちんと遵守して記載しましょう。

資格、経験、スキル、プロジェクトの記載

プラス記号の仮想を持っている手は、コピースペースで肯定的なもの(特典、個人的な開発、ソーシャルネットワーク、健康保険など)を提供することを意味します

スキルシートは自己アピールの場のため資格や経験、スキルなども記載していきます。

これらをどのように記載すればいいのか、その書き方をみていきましょう。

具体的に書く

資格やスキル、経験やプロジェクトを記載する場合は具体的に書くようにしましょう。

資格であれば、きちんと正式名称を記載します。

スキルや経験はどのようなことができるのか、どのようなことを経験したのかも具体的に書くのがポイントです

また達成した数字や賞、事例があればそれもきちんと記載します。

具体的な数字を提示することでより詳細にイメージできるため仕事にもつながりやすくなるでしょう。

資格、経験、スキル、プロジェクトを分けて書く

資格やスキル、経験とプロジェクトはきちんと分けて記載しましょう。

資格は自分が持っているものであり、スキルは自分の技術力、経験は過去自分がした体験、プロジェクトは過去自分が携わった企画です。

これらはそれぞれ別のアピールポイントになるのできちんと分けてそれぞれ具体的に書くようにしましょう。

自己PRの方法と弱点を長所に変える方法

プログラミング 数学

フリーランスエンジニアには自己アピールが苦手という方も少なくないでしょう。

しかし新たに仕事を獲得するためにはきちんと自己アピールしなければ仕事の依頼にはつながりません。

また適切な自己アピールすることで信頼にもつながります。

遠慮することなくスキルシートで自己アピールしていきましょう。

自分の弱点は記載しないほうがいいとよく思われていますが一概にそうとはいえません。

自分の弱点は自分の長所を際立たせることができるのです。

「できないこと」があるということは実は「できることが何か」を強く印象づけることができます。

また弱点やできないことは強く自分をアピールしているわけではない分、相手に正直な良い印象を与えることもあるのです。

少し高度な方法ですが弱点から自分をアピールする方法もあります。

スキルシートは仕事を取るためのものなので、こういったコツもきちんと利用して仕事を取れるスキルシートの作成を目指すようにしましょう。

目にとまるスキルシートとは

さてスキルシートの書き方に決まりはあるのでしょうか。

もちろんある程度の要式は決まっていますがあまり長すぎても読んでもらえませんし、枚数が多すぎてもいけません。

スキルシートは相手に読んでもらってはじめて役に立つものという視点は忘れないようにしましょう。

スキルシートはあくまでも自分をアピールする書類のためきちんと読んでもらえるようにひと工夫することも必要です。

オリジナルを出す

個性の出し過ぎはよくありません。

スキルシートはあくまでも営業ツールのひとつです。

わかりやすく、読みやすい一般的な要式から外れすぎないように注意する必要があります。

ですがスキルシートは自己アピールの場でもあるため一般的な要式の中で自分らしさを出すということも忘れないようにしましょう。

スキルシートの作成にはきちんと時間をかけて工夫し、オリジナリティーを出すようにしましょう。

スキルシートはプレゼンテーション

最強の男

スキルシートは営業ツールのひとつであり、営業はプレゼンテーションと同じです。

どのようにプレゼンテーションして自分をアピールするのかを考え、それに沿った形でのスキルシートがあれば鬼に金棒といえます。

営業はプレゼンテーション、スキルシートはプレゼンテーションに利用するツールという意識を大切にしてスキルシートを作成するように心がけましょう。

読みやすさを重視する

スキルシートは当然ながら相手に見てもらうことで役割を果たします。

この視点は常に忘れないようにしましょう。

読みやすくわかりやすく、相手に読んでもらうことを常に念頭に置いておきましょう。

スキルシートのNG例

オレンジ地にラップトップ

スキルシートを作成するにあたっては気をつけるべきことがいくつかあります。

ここではスキルシートの注意点とNG例を確認していきましょう。

誤字脱字には気をつける

スキルシートにおいても誤字脱字には最善の注意を払う必要があります。

誤字脱字をチェックしたつもりでも営業の場で気づくというのはよくある話です。

パソコンだけで確認するのではなく、きちんとプリントアウトして声に出して確認することをおすすめします。

少しでも誤字脱字のミスをなくすよう努力しましょう。

難しい言葉や専門用語は使わない

自分をアピールしたいために故意に難しい言葉や専門用語を使う事例も多くみられます。

相手も同業種のためわかるはずと思うかもしれませんが、スキルシートは書いてあることを理解してもらってはじめて役に立つものです。

できる限り難しい言葉や専門用語は使用せず自分をアピールする方法を考えましょう。

まとめ

電話をするフリーランスコーダー

スキルシートを使用する目的はあくまでも新規の案件を獲得するための営業ツールになります。

案件獲得という目的を見失わずに作成すればより良いスキルシートが作成できるようになるでしょう。

スキルシートを作成する際の心がまえも忘れないように意識することも大切です。

しっかりと自分の経歴や強みを洗い出してアピールポイントとして相手にわかりやすく適切に提示できるスキルシートの作成を心がけて営業に臨みましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP