loading...

thumbnail

【Struts入門】Strutsフレームワークの特徴と仕組みを徹底解説!SAStrutsやStrutsとの違いもご紹介

Webサービスを開発していくためには、仕事の効率化が求められます。

そんなときに必要となってくれるのがフレームワーク。

近年さまざまなフレームワークが登場したことで、どれを使用すればいいのかわからないという開発者も多いでしょう。

さまざまなアプリ開発に適しているJavaで開発するのであれば、Strutsは外せないフレームワークです。

多くの企業が長年使用していることもあり、Strutsの知識は持っていて損はありません。

今回は王道なStrutsの特徴や仕組みについて解説していきたいと思います。

また最近ではSAStrutsという新しいバージョンも登場しており、わからないという方も多いはず。

異なる点や、便利になった点なども徹底的にご説明してきます。

Strutsとは

Strutsとは、Javaでアプリを作成する際にほとんど使用されているアプリケーションフレームワークのこと。

効率的に作業を行うために、さまざまな枠組みや役割分担を明確化してくれます。

フレームワークとは?

ではフレームワークとは一体何なのでしょうか。

それは名前の通り、ソフトウェアの枠組みの役割をしてくれるもの。

あらゆるプログラミング開発を行う上で使用可能で、土台のような働きをしてくれます。

フレームワークを使用することで、1からプログラミングする必要がありません

主要部分には自分の開発案に合ったテンプレートを使用することで、時間の効率化が図られます。

また土台を基に、開発プロジェクトに沿って機能を追加していくため、簡単に操作も可能。

MVCシステムデザイン

MVC

Strutsを使用していく中で最も推奨されている「MVCシステムデザイン」

  • Model(データや関数)
  • Viewiew(図やグラフィック)
  • Contoller(制御)

以上の3つの要素により構成されるデザインパターンを指します。

MVCシステムデザインを採用することで、分業がしやすくなり機能ごとに専門的に開発をすることができます。

また各機能の独立性が高いので、他の部分の変更や不具合の影響も受けづらいことが特徴です。

さらに再利用性も高いなど多くのメリットがあります。

Strutsの特徴

ではStrutsにはどのような特徴があるのでしょうか。

詳しく解説していきましょう。

フレームワークの中でも歴史が古い

JavaのWebアプリケーションを作成する上で、数多くの人に使用されてきたStruts。

実は2001年から開発され、フレームワークのなかでも歴史が古い種類なんです。

幅広い人に使用されてきたため、方法や使い方は多く出回っており、便利さも共有されてきました。

生産性が高い

PC デスク

MVCシステムデザインを推奨しているため、かなり生産性が高いのも特徴の1つ。

多種多様なフレームワークの中でも独立性が高いため、各機能の専門家が注力することができます。

生産性が高いと時間効率もグンと上がるため、より豊富なアプリの開発や綿密な動作確認に時間を充てることができます。

独自のカスタムタグが幅広く利用可能

プログラミングといえば、数々の難しいコードを覚えるのが大変ですね。

しかしStrutsなら、独自のタグライブラリが用意されているため一から構築する必要がありません。

独自のタグライブラリを使用すれば、記述レベルの差異が出ず、均等に質のいいアプリを開発できます。

また機能によって分業を行っても、開発者たちの考えによる方向性の違いを生じさせません。

使用される主なタグライブラリ

Strutsには独自のタグライブラリが用意されているため、記述レベルの心配もありません。

今回は主に使用されるタグライブラリの一部をご紹介していきます。

HTML

HTMLタグライブラリはフォントの装飾や枠組みの作成、画像などを生成するタグを提供しています。

タグやオプションの名称も分かりやすいものが多いため、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

StrutsではカスタムタグによりJavaコードと混在させる必要がないため、読みやすいのも魅力。

データの引き渡しやエラーメッセージのフィードバックなど重要な役割を果たしています。

Beans

Strutsでは、JavaBeansを使用してファイル間のデータの引き渡しを行います。

そこでJavaBeansの操作を行うための手段として、Beansタグライブラリが提供されています。

Tiles

複数のJavaServerで使用される記述を統一させるテンプレート機能を提供しています。

全体の記述を共通化させることで、より質のいいWebアプリケーションの開発に繋がります。

Strutsの仕組み・機能

コンサルタント 男性 

Strutsにはさまざまな機能が提供されています。

今回は仕組みや機能についてもご説明してまいります。

アプリケーションの構成

アプリケーションを構成していく上で大切となるStruts。

Strutsアプリケーションでは、アクションサーブレッドが核心部分担います。

コンフィグレーションファイルの記述内容を確認し、データの引渡しやロジックの制御などを行います。

アクションサーブレッドは最初から構築されているため、開発者がコーディングする必要がありません。

初心者でも扱いやすい仕組みとなっています。

バリデーションの設定

ユーザーからのリクエストを受け取り、入力チェックを行うことができます。

ユーザーから受け取ったメッセージはバリデーションの指定でチェックを行います。

入力チェックでは、設定したファイルのアクションフォームで値やデータの整合性を行います。

複数の言語に対応

プログラムスクール

1つのWebサイトを開いたとき、日本語から英語へ言語変換したことはありませんか?

これは、Webサイト上で複数の言語に対応されるようにプログラミングされているからです。

Strutsでは言語依存の要素を取り除き、メッセージリソースとしてまとめれば言語を国際化させることができます。

直接記述のようにファイルやアプリケーションコードを言語ごとに記載する必要はありません。

世界中の人がWebサイトを見ていることを想定すると、かなり便利な機能ですね。

SAStrutsとの違いは?

Strutsを改良したSAStrutsをご存じでしょうか。

基本的なアプリケーションの構成機能に加え様々な特徴が追加されました。

アノテーションの利用

Strutsにはなかった機能として1つめに挙げられるのが、「アノテーションの活用」です。

アノテーションとは、テキストや画像などのデータにタグをつけていく作業を指します。

アノテーションを行うことで、指定した変数領域を定義づけることが可能となるということです。

設定ファイルの取り扱い方

プログラミング 数学

Strutsが以前から指摘されていた設定ファイルの量の多さを改善するべく、SAStrutsでは記入する内容が軽減。

扱う設定ファイルが何なのか再三意識しなくても、開発できるようになりました。

Strutsでは、設定ファイルに指定されたアクションクラスの実行結果で画面表示を決めていました。

一方SAStrutsは、規定に合わせればわざわざ設定ファイルを記述する必要がありません。

配置と命名に注意すれば、画面上からアクションクラスを呼び出すことが可能

Strutsを使用する上で必要なソフトウェア

クラウドコンピューティングとビジネスマンの手の働き

Strutsをインストールし、使用するためにはいくつか必要なソフトウェアがあります。

ここで覚えておくと後のインストールや使用手順がスムーズに行えますよ。

Eclipse

開発業務の生産性を高めてくれるEclipseは、さまざまな開発環境がセットになったツールです。

Javaのソフトウェア統合開発環境としても知られていますが、RubyやPHPでも使用できます。

JDK

JDKは「Java Development Kit」の略で、作成に必要なコンパイラやデバッガなどを含むJavaの開発ツールのこと。

Tomcat

Tomcatとは、JavaサーブレットやJSPの実行環境ツールです。

Apacheに基づいたオープンソフトウェアとして公開されています。

Strutsのインストール方法

赤いキーボードボタンの学習。

では、いよいよStrutsソフトウェアをインストールしていきましょう。

Strutsをインストールするためには必要なソフトウェアの準備と環境設定を行います。

必要なソフトウェアをインストール

まずはJDKとTomcatをインストールしていきましょう。

JDKではインストールすると「カスタムセットアップ」の画面が表示されます。

ここでは「開発ツール」を選択して、インストール先を決めておきましょう。

またTomcatでは、最初に英語の使用承諾画面になるので「I Agree」を選択。

インストール先を指定したら、ユーザー名やパスワードなどを入力しておきましょう。

環境変数の設定

Windowsの「プロパティ」画面で、環境変数を設定していきます。

「詳細設定」タブの「新規」ボタンをクリックすると「新しいシステム変数」が入力できます。

JDKとTomcatのインストール先を値として変数に設定しましょう。

Strutsをインストール

いよいよStrutsをインストールしていきます。

Strutsを公式サイトからダウンロードしたら、ファイルを解凍します。

Apacheが提供しているサンプルプログラムを解凍すれば、動作可能です。

Eclipseをダウンロード

Eclipseを公式サイトからダウンロードしたら、Tomcatと連携させます。

Eclipseのサイトから「Tomcatプラグイン」をダウンロード

ダウンロード後に出てきたファイルを解凍し、C:\eclipse\plugin配下にインストールしましょう。

これでEclipseとTomcatは連携完了です。

Eclipseの環境変数の設定

Eclipseを起動させると、ワークスペースの設定画面が表示されます。

Eclipseが読み込まれていることを確認したら、次はワークベンチ設定。

最初にインストールしたJDKとTomcatをEclipseへ設定させましょう。

Strutsの注意点

本で勉強する女子生徒

StrutsはWebサイトを開発することが容易になる便利ツールです。

しかしいくつかの注意点があり、頼りすぎると思いもよらないアクシデントが起こることも。

長年多くの人々から愛されているフレームワークなので、問題視されているポイントも明確です。

脆弱性が問題視されている

2001年にサービス開始されたStrutsは、多くの企業で取り扱われています。

しかし2013年にStrutsのサポートサービスが終了を迎えたことで脆弱性が指摘されているという現状があります。

サポートサービスが終了したということは、不具合や機能の追加などの対応はもう行われないということ。

いつ重大な問題が起こるかもわからないという状況なので、多くの開発者が異なるフレームワークも懸念しているようです。

XMLの設定ファイルが多い

教科書の階段と学生

作業の効率化を図るために開発されたフレームワーク。

しかしStrutsでは設定ファイルが多すぎて管理が大変であることが指摘されています。

例えば上記で触れた画面表示の設定について。

Strutsは設定ファイル上で指定されたアクションクラスを使用していました。

このように動作ごとに膨大な設定ファイルの記述が必要となってきます。

数多くのフレームワークと比較

ホログラフィックディスプレイでコーディングするプログラマ

近年さまざまなフレームワークが登場し、選択の幅が広がっています。

ではStrutsとの違いは具体的にどんな機能なのでしょうか。

人気のフレームワークをいくつかピックアップしていきたいと思います。

Spring Framework

2002年に登場したWebアプリケーションのフレームワーク。

アプリの開発はもちろん、クラウド上のソフト開発やデータベース管理ソフトも開発可能です。

Spring Frameworkは何より自由度が高く、システムの変更にも強いのが特徴です。

一方で、Javaについての高い知識が求められるというデメリットも。

Strutsのように初めて扱う人にも優しい使用方法はなさそうです。

JSE

JSEは何度も改良を重ね、ユーザーの操作がより簡単となったフレームワークです。

UIコンポーネントというシステムが採用されているので、コンピューターとユーザーのやり取りも容易。

高いシステムの知識を持っていなくても、取り扱いが簡単で、分業にも向いています。

一方、性能面が低いことが他のフレームワークより劣っているポイント。

大量のアクセスが集中する可能性のあるサイトには不向きと言えるでしょう。

まとめ

オレンジ地にラップトップ

Strutsを中心としたフレームワークは以上のポイントが改善されます。

  • 作業の効率化
  • 開発における機能ごとの分業
  • コードレベルの統一

Strutsは長い歴史の中で多くの企業が愛用してきたフレームワークです。

サポートサービスが終了したことにより、さまざまな問題が指摘されていますが、まだまだ使用している開発者が多いのも事実。

Strutsの知識を持っているだけで、請け負うことができる仕事の幅も広がります。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP