フリーランスに憧れるけれど自分がフリーランスになるのは不安…。という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、SEがフリーランスになる方法を徹底的に解説していきましょう。

案件の獲得方法や必要なスキルと資格も詳しくご紹介します。


フリーランスSEに転向する人が増加中

プログラミングする女性


フリーランスという働き方は増えていますが、その中でもフリーランスSEは急増傾向にあります。

そもそもフリーランスというのは、クライアントと直接契約を結ぶ働き方です。

会社員時代では会社と直接雇用契約を結び、会社に所属することで会社から仕事をもらっていました。

フリーランスになることは、会社を通さず直接クライアントと契約を結ぶことで中間マージンが省けるというメリットがあるのです。

考え方をシンプルにすると、フリーランスSEの方が得をすることもわかるのではないでしょうか。


SEでフリーランスになる方法



それでは早速、本題であるSEでフリーランスになる方法をご紹介していきます。

SEでフリーランスになるための一般的な方法3つがあるのです。


エージェントサイトを利用する



1番フリーランスSEとして踏み出し場合には、まずエージェントサイトを利用することになるでしょう。

フリーランスSEに転向した方で最も多いのが、エージェントサイトを利用するという方です。

エージェントサイトにはフリーランスSEに特化したものもあるので、希望の案件が見つかりやすいのが人気の理由になります。

また、フリーランスSEとしてまだ踏み出す勇気がないという場合にも、相談に乗ってくれることも嬉しいポイントです。

エージェントに相談することで、あなたがフリーランスSEになった場合の年収や案件などを具体的にイメージさせてくれます。


紹介してもらう



エージェントを介さずにフリーランスSEとして活躍することも可能です。

その多くの場合、勤めていた会社やプライベートで構築した人脈を通して仕事をもらう場合が多くなります。

クライアントからさらにクライアントを紹介してもらったりと、人脈を通して仕事を紹介してもらうパターンです。

紹介制が通用する多くの場合は、役員クラス以上の人脈がある方が上手くいきやすいといえます。

また、紹介とエージェントの両方を使ってバランス良く仕事を受注することも可能です。


自分で営業する

成功を掴んだ男性


最近では自分で営業するということも多くなりました。

フリーランスSEが自分で営業する場合に多いのが、交流会や勉強会のイベントです。

紹介の場合と同じように人脈から仕事を得ていくという方法になります。

その他には、SNSとホームページ・ブログなどを利用した営業も増えているようです。

また、フリーランスSEとして講義やイベントを開催することで説得力が増します。

そのため、自分がスピーカーとなり表舞台に立つというのもおすすめの営業法といえるでしょう。


どのタイミングでフリーランスになるのか

想像を膨らませる男性


どのタイミングでフリーランスSEになるのがベストなのか熟考している方も多いのではないでしょうか。

フリーランスSEになるベストなタイミングはSE業務のすべてを網羅できたときです。

フリーランスSEになると幅広い業務の依頼を受けることになります。

自分の専門分野であれば、一通りの業務がこなせるようになっていないとフリーランスSEとしては難しいでしょう。

最もフリーランスSEになるタイミングとして多いのが、会社員SEとして5年以上務めて独立です。

また、新卒や中途採用に多いのも2~3年経験を積んで独立するという意気込みで入社してくる若者も多いようです。

最初から独立を考えていると吸収率が違います。これから参入を考えている方もゴールを決めて独立を目指してみてください。


案件が獲得しやすいエージェントの特徴

握手するビジネスマン


フリーランスSEが利用する最もポピュラーな方法がエージェントサイトを利用することでした。

しかし、エージェントサイトにも案件を獲得しやすいものとそうでないものが存在します。

案件を獲得しやすいエージェントサイトの特徴は業種に特化していることです。

フリーランスSEであれば、SEに特化したエージェントサイトを利用しましょう。

SEに特化したエージェントサイトを利用することで、フリーランスSEでありながら手厚いサポートを受けることができます。

詳しい案件の特徴になると、今は常駐や出向の案件が獲得しやすい傾向です。

フリーランスというと在宅のイメージですが、SEとなるとクライアントの社内での作業が多くなることを覚悟しておきましょう。


事前に持っておきたいスキルや資格

自宅でパソコンを使う若い男


ここからはフリーランスSEとして、事前に持っておきたいスキルや資格をご紹介していきます。


資格

ブレーンストーミングプロセスの平面図


SEに資格は必要なのか?という問題はありますが、フリーランスとなると重要になるのです。

会社員時代には昇給のために取得していた資格も、フリーランスになると技術力や知識・専門分野を証明することができます。

とくにおすすめしたい資格は信頼性の高い国家資格です。

主にプロジェクトマネージャネットワークスペシャリストデータベーススペシャリストなどが挙げられるでしょう。

フリーランスSEになることを考えているのであれば、会社員時代のうちに資格の取得をしておくことがおすすめです。


スキル

ビジネスマンの手元のクローズアップ


フリーランスSEになると、会社員時代よりも多くのスキルを要求されます。

SEとしての技術や知識はもちろんですが、交渉やヒアリングのためのコミュニケーション力も必要です。

また、企画提案マーケティングなどのスキルも必要であることを実感するでしょう。

会社員時代には与えられていた仕事をしていればよかったですが、フリーランスSEは仕事の質が信頼に繋がります。

会社員時代のうちにSE業務を幅広く挑戦して力をつけておきましょう。


フリーランスSEの収入

年収 男性 報酬 お金 アップ


ここまでフリーランスSEになる方法や案件についてご紹介してきましたが、実際にいくらもらえるかが知りたいですよね。

フリーランスSEの案件には月単価で50~80万円案件がほとんどです。年収に換算すると600~960万円となります。

会社員SEの平均年収が500~600万円台とされているので、会社員時代より上の平均年収です。

もしあなたがSEとしてより高いスキルを持ち合わせているなら、平均以上の収入が見込めます。

つまり、年収1,000万円が現実となるのです。

会社員時代にSEとして優秀だった方の多くは、フリーランスSEとなると簡単に年収1,000万円を超えてきます。

役員クラスにならないともらえなかった年収1,000万円も、フリーランスSEならチャンスがあるということです。


フリーランスSEのメリット

ガッツポーズするエンジニア


今、会社員からフリーランスSEに転向している方が多くなっています。

それには、フリーランスSEの方が多くのメリットがあるからです。

フリーランスSEとしてとくに嬉しいメリットをご紹介していきます。


年収アップが見込める

ドル


フリーランスSEとなる最大の魅力は年収アップです。

冒頭や収入でもご紹介したように、フリーランスSEになることで会社員時代よりも多くの報酬を受け取ることができます。

また、フリーランスは個人事業主となるので、経費を申請して節税することも可能です。

個人事業主としてのメリットを活用することで、より会社員時代よりも得をすることができます。


仕事を選ぶことができる

最新ニュースを読んでいる


フリーランスSEとなると、仕事を楽しく感じるようになったという方が多いようです。

というのも、会社員時代には与えられた仕事をしていましたが、フリーランスSEは仕事を選ぶことができます。

自分の得意分野や好きな仕事を選べるというメリットもあるでしょう。

そしてなにより自分の裁量で仕事を決められるという自由が、より仕事への満足感や充実感を高めているのではないでしょうか。


様々なことにチャレンジできる

ペンとともにグラフィックデザインをする


フリーランスSEとなると、仕事をどれくらいするのかや働く時間もコントロールすることができます。

定番の常駐案件でさえも、フリーランスSEであれば週3日や短時間勤務などを選ぶことも可能です。

フリーランスSEとして安定した仕事も可能ですが、新しい分野の仕事に挑戦することもできます。

会社員SE時代には残業でできなかった副業も、フリーランスSEであればいくらでもOKです。

フリーランスSEとしてのスキルを磨く時間にしても良し、家族と過ごす時間を増やすのもいいでしょう。

会社員としての働き方では実現不可能だったことを可能にできるのも最大のメリットになります。


フリーランスSEの理想と現実

分かれ道


フリーランスSEのメリットをご紹介しましたが、実は知っておきたい理想と現実があります。

知っておくだけで心構えが違ってくるので、理想と現実のギャップを理解しておきましょう。


在宅フリーランスは少ない

ノートパソコン


フリーランスというと在宅で気楽に働けると想像している方もいるかもしれません。

しかし、フリーランスSEとなると在宅案件が少ないという現実にぶち当たります。

フリーランスSEの多くは常駐や出向案件が多く、在宅でできるのは少数に限られているのです。

しかし、今のトレンド案件が常駐や出向が多いということもあるので、今後在宅案件は増えていくかもしれません。

場所や働く時間、報酬を選ぶ自由度には代えられないでしょう。


収入が安定しない不安感

不安


フリーランスSEの契約はプロジェクト単位で行われること多いです。

そのため、プロジェクトの終わりが差し掛かると次の仕事への不安が付いて回るでしょう。

また、案件ごとに単価も違うので収入が安定しない不安感もあります。

しかし、現在ではエージェントサイトを利用することで効率よく仕事を選ぶことが可能です。

これからもフリーランスSE案件は増え続けていく傾向にあるので、仕事がなくなってしまうという心配も少ないでしょう。


会社員時代のありがたさを実感する

会社員


フリーランスSEとなると、会社員時代のありがたさを改めて実感することになります。

その多くは、福利厚生やボーナスです。

会社員時代には当たり前のように使っていた福利厚生やもらえていたボーナスももらえなくなります。

しかし、その分自由な時間とストレスフリーな働き方という大きなメリットが与えられるのです。

収入も全体的にアップしているので、ボーナスがなくなったとしてもダメージを受けることはありません


失敗しないフリーランスのなり方

計画


ここまで見ると、最初の頃よりもフリーランスSEに魅力を感じる方も多いでしょう。

しかし、フリーランスSEになるなら失敗したくない!

そこで失敗を避けられるフリーランスSEのなり方をご紹介します。


会社員で実績と経験を積む

IT企業 会社 


フリーランスSEで失敗を避けるには、フリーランスSEになることを想定して会社員のうちに実績と経験を積みましょう。

会社員時代からフリーランスSEとして働くことを想定しておけば、仕事の仕方も変わってくるはずです。

また、会社員時代には大きな案件に携わったという実績はフリーランスSEになったときに信頼に繋がります。


しっかりと準備しておく

試験 PC 男 スーツ


フリーランスSEになるなら、しっかりと準備をしておくことが失敗しない方法です。

準備には様々なものがあります。

資格を取得しておくことや貯金をしておくことを始め、カードやローンの審査、ブログやSNSで発信し続けることもいいでしょう。

フリーランスSEになるときには、固定費を抑えるために住む場所や車などを考え直すこともおすすめです。

フリーランスSEとして準備しておくべきことはたくさんあるので、独立する日から逆算して計画的に進めていきましょう。


これからがフリーランスSEの時代

ドアに入るビジネスマン


フリーランスSEになるのは魅力に感じるけれど、いつまでフリーランスSEの時代なのかわからない。

不安に思う方も多いかもしれませんが、フリーランスSEの時代はこれからが本番です。

とくにこれからはフリーランスSEだけではなく、他の分野でもフリーランスが主流になってくる時代になります。

そのため、いち早くフリーランスとして実績を作っておくことで、のちにフリーランスSEとしての地位を確立することが可能です。

参入は早ければ早いほどいいでしょう。

しかし、焦らずに準備し、実績を作ってからフリーランスSEに転向する慎重さを持っておきましょう。

これからのフリーランス時代に備えて、フリーランスという働き方を広めていくのはあなたかもしれません。