loading...

thumbnail

SEの人気案件を紹介!フリーランス向けの業務内容と報酬の相場も解説。報酬を上げるためにSEができることとは?

フリーランスSEの方は日本でも増えてきましたね。

フリーランスSEになりたいけれど踏み出せない!という方のために、フリーランスSE案件や報酬相場・業務内容をご紹介します。

フリーランスSEの業務内容

ノートパソコン

フリーランスSEといっても、いったいどんなことをしているのか?という方も多いのではないでしょうか。

フリーランスSEの業務内容は幅広く、フリーランスSEの中でも専門分野が分かれています。

現在のフリーランスSEの業務内容は、それぞれの専門分野が活躍できる業務が豊富に揃っている状態です。

とくにプログラミング言語を使ったシステムの構築は、フリーランスSE案件でよく見かけることができます。

システムの立案・設計から開発までトータルで行う案件も豊富ですが、最近はさらに豊富な業務内容があるのです。

人気のフリーランスSE案件や業務内容について、詳しくご紹介していきましょう。

フリーランスSEの人気案件

オフィスで働くプログラマー

フリーランスSEの人気案件には、やはりフリーランスのメリットである在宅・高収入といった案件が人気です。

週3日勤務の高収入案件や週1日の顧問案件などの超上流工程案件も増えてきました。

しかし、実務経験や激しい競争率で獲得できないことも多いのが現状ではないでしょうか。

現実的には、週5日勤務の長期契約案件が非常に人気を集めています。

フリーランスとなると不安定になってしまうので、まずは安定した契約を求める方が多いようです。

フリーランスSEおすすめ案件

常駐案件

ビジネスマンの手元のクローズアップ

フリーランスとなると在宅で自由に働きたいという方も多いですが、常駐案件なら働く場所には困らないというメリットもあります。

常駐案件では他のSEの方も多く在籍しているので、情報交換の場になったり次の案件に繋げることもできるようです。

また、常駐案件には大手企業の大きな仕事に携わることができるというメリットもあります。

今までフリーランスの実務経験不足で案件を受注できなかった方も、常駐案件を経験することで信頼を獲得することが可能です。

そのため、フリーランスSEになったらまずは常駐案件から取り組むのが人気となっています。

慢性的な人手不足の状態なので、常駐案件は想像以上にたくさん見つけることができるはずです。

その中から自分のスキルやキャリアに合った常駐案件を選んでみましょう。

週5日勤務で安定

ガッツポーズするエンジニア

フリーランスSEになって心配なのは、不安定な状態ということではないでしょうか。

フリーランスSEの案件は週5日8時間勤務時短勤務など、会社員時代と変わらない働き方をすることができます。

働き方は変わっていませんが、フリーランスSEになることで高収入案件を選び年収アップさせることも可能です。

フリーランスSEとなると会社員時代とは違う働き方に憧れますが、まずは週5日や時短勤務で慣らしてみてはいかがでしょうか。

会社員時代と同じ働き方でも、年収アップや人脈の構築などプラスに働くはずですよ。

本当に稼げるフリーランスSEとは

Webアプリケーションエンジニア

現在のフリーランスSE案件で最も求人が多いのが、Webアプリケーションエンジニアです。

どの企業もWebサービスを展開しているので、プログラミング言語を使えるエンジニアの求人案件が多くなっています。

一度携わるとアプリの仕様変更など、複数回にわたって依頼をもらえる可能性があるのもメリットでしょう。

アプリの開発などは、フリーランスSEにとっても在宅や自由なスケジュールで進めることができるため人気の案件です。

フリーランスSEの理想の働き方を実現したい方にもWebアプリケーションエンジニアはおすすめといえます。

プログラミング言語を使用できるなら、今はWebアプリケーションエンジニア案件で稼ぎましょう。

SIer系

サーバールームで作業をするエンジニア

SIer系エンジニアは、企業にシステムを導入するサポートを行うシステムエンジニアのことです。

企業は業務の要となる部分のIT化を進めており、インフラのIT化ともいわれています。

行政や銀行でもシステムをIT化しているので、SIer系エンジニアが大量に必要になっています。

企業が顧客となることもあり、SIer系システムエンジニアの数は常に足りていない状態です。

安定した雇用形態と高収入が望めるので、おすすめのフリーランスSE案件となっています。

注目のフリーランスSE案件

キーボードを打つ男性

注目されているのが先ほどご紹介した、SIer系エンジニアの案件です。

少し前までは案件が少ないといわれていたインフラ関連の求人が、フリーランスSE案件に多くみられるようになりました。

日本でもインフラIT化を進めている最中ですが、それの伴った人手不足の影響があるようです。

そのためフリーランスSE案件に多くのSIer系エンジニア案件が登場しているとみられています。

インフラ関連の案件には、フリーランスSEではなかなか関わることができない仕事の経験を積むことが可能です。

今後の名刺代わりにもなる案件も多くあるので、SIer系エンジニア案件があれば検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスSEの報酬

報酬相場

起業家のオフィスでデスクトップで詰め物をした封筒を開く

フリーランスSEの報酬相場は、60~80万円です。

こちらの単価は1案件、または常駐の1ヶ月分の報酬となっています。

フリーランスであれば他の案件と同時進行で進めることも可能なので、会社員時代よりの報酬アップが可能なのです。

常駐であれば時短勤務などの案件を選び、より自由なスケジューリングを可能にすることもできます。

報酬相場はフリーランスSEの案件によって左右される上に、需要が高まるほど相場の値上がりが期待できるでしょう。

その中でもとくに単価が期待されるのが、SIer系エンジニア案件です。

SIer系エンジニアの単価相場は、70万円からと平均相場よりも上回る報酬を期待できます。

それに加えて人手不足が続き、少し高くても人手が欲しい状態なので相場も以前より上がることが予想されるのです。

収入が手取りではない

税金とビジネス

フリーランスSEの報酬で気を付けたいのが、報酬=手取りではない事実を心得ておきましょう。

フリーランスSEは個人事業主に該当するので、常駐案件で気分は会社員でも雇用形態が違うので注意が必要です。

つまり、経費や保険料・税金のことを踏まえて自分の報酬を理解しておく必要があります。

報酬が会社員時代の年収を上回ったからといって安堵するのはまだ早いということです。

クライアントから支払われた報酬に対して、経費を差し引いたものが年収や利益になります。

会社員時代には給料から差し引かれていた年金保険料なども、自分の報酬から支払うことになるのです。

それを踏まえてフリーランスSE案件を見ると、また違った選び方ができるのではないでしょうか。

年収アップする方法とは

トレンド案件を狙う

コーディング作業する男性

フリーランスSE案件で年収アップを狙うなら、トレンドに敏感でいることが大切です。

トレンドといっても世の中の流行ではなく、SEの需要と供給に敏感であることが重要になります。

フリーランスSEのメリットは、自分の裁量で仕事を選べるということです。

需要がない案件に対して報酬は下がっていきます。

だからこそ、SE案件のトレンドに敏感になり、最も報酬が期待できる案件を獲得するようにしましょう。

上流工程を担当する

パソコン画面を示して同僚と話す男性

フリーランスSEの案件は、上流工程であればあるほど報酬が高くなっています。

つまり、あなた自身が上流工程を担当できるスキルを持ち合わせていることで、年収アップさせることができるのです。

上流工程を担当できるスキルがないという方は、フリーランスSEのメリットを利用して勉強してみるのもいいでしょう。

フリーランスSEは会社員時代の長い拘束時間から逃れることで、自分のスキルアップのための時間に使うことができます。

最初は上流工程に関われずに年収が予想より低くなってしまったとしても、挽回することは可能です。

今までフリーランスSEの専門性を磨いてきたという方は、案件を見直して学んでみるのもいいかもしれませんね。

交渉スキルを身につける

握手するビジネスマン

会社員時代には与えられた仕事をこなしていればそれでよかったのですが、フリーランスSEはそうはいきません。

あなたがフリーランスSEとしての経験に自信があるなら、提示された単価から交渉することも可能です。

最初は交渉して断られることに不安があるかもしれませんが、フリーランスSE案件は他にもたくさんあります。

仕事に対して自信があるのなら、それに見合った報酬を交渉できるスキルも身に付けておきましょう。

今まで交渉をしたことがないという方は、一度エージェントに依頼してみるのもおすすめです。

フリーランスSEはSEとしてのスキルだけではなく、総合的なスキルを磨いていく必要もあります。

報酬を上げるためのスキル

技術力と経験

年収を上げるためには交渉スキルが必要ということがわかりましたが、それには説得力のある材料が必要です。

それがSEとしての技術力と経験になります。

技術や経験がないのに報酬アップの交渉を受け入れてくれる企業はないでしょう。

もしまだ技術力や経験が足りないと感じているなら、大手の案件を受け持ってみるべきです。

フリーランスSEで大手の案件に携わったという経歴は、信頼と実績に繋げることができます。

また大手で仕事をすることで、仕事の進め方ややり方なども勉強になる部分が多いのです。

小規模の案件ばかりではなく、大きなプロジェクトに参加することで幅広い技術力を証明しましょう。

コミュニケーション能力

自分たちのオフィスで働く男性

フリーランスSEにとって技術や経験と同じくらい大切なのが、コミュニケーション能力です。

このコミュニケーション能力は交渉術と違い、仲間と仕事をうまく進めていく能力のことをいいます。

フリーランスSEとなると、大きなプロジェクトでは他のフリーランスSEや企業のSEと仕事する場面が多いです。

そのため、自分1人で仕事をすればいいということではなく、他のSEとのコミュニケーションが大切になります。

また、他のSEとコミュニケーションを深め人脈を広げていくことで、人脈を通じた案件の獲得も期待できるのです。

会社員時代と同じと感じるかもしれませんが、長期にわたって煩わしい人間関係に悩まされることがありません。

合わない人がいれば仕事上の付き合いで、案件が終わったら解散できるという気軽さがあります。

会社員で人間関係の煩わしさに悩んでいるという方にとっても、フリーランスSEはストレスフリーな働き方が可能です。

理想的な案件の探し方

紹介してもらう

達成した

フリーランスSEの多くは、以前の仕事関係からの紹介で仕事を獲得するということが多いようです。

しかし、仕事関係から案件を継続的にもらうというのも不安ではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、仕事をした方に他に需要がありそうな人を紹介してもらうという方法です。

フリーランスSEで継続して安定した仕事を獲得している方の多くは、この紹介で仕事を獲得しています。

知人の紹介ということもあり、交渉も苦労せずに上手くいくということや信頼されるという点がメリットです。

エージェントに頼る

仕事を紹介してもらえるような人脈を構築できなかった…。という方も心配いりません。

今はフリーランスSE向けのエージェントサイトがたくさん登場しています。

交渉やコミュニケーション能力に自信がないという方は、エージェントサイトを有効活用しましょう。

エージェントサイトでは仕事の紹介はもちろんのこと、フリーランスSEとしてのサポート体制も整っています。

サイトによっては事務作業などを請け負ってくれるサービスもあるので、自分に合ったエージェントサイトを探してみましょう。

スキルを磨きけよう

講習会で学ぶ大人

フリーランスSEの案件や報酬などをご紹介してきました。

フリーランスSEが報酬や年収をアップさせるには、スキルを磨き続けることが大切だということもわかりましたね。

技術力を高めSE案件のトレンドを読み取って、需要に合った供給ができるようなフリーランスSEを目指してみてはいかがでしょうか。

多くの技術を身に付けることは大変ですが、それが最強の武器になり得ます。

フリーランスSEとして第一線で働き続けるためには、会社員時代よりも成長意欲が必要です。

これからフリーランスSEのトレンドが変わっていくので、いつまでも学び続けるという姿勢を大切にしましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP