loading...

thumbnail

テックアカデミーの評判と特徴を徹底調査!フロントエンドコースで身につくスキルは?受講生の体験談からおすすめのコースを分析

テックアカデミーで学習すれば通学しなくてもフロントエンドエンジニアになれるのでしょうか?

オンライン型のプログラミングスクール「テックアカデミー」の特徴や評判・コース内容について受講生の体験談を踏まえて解説します。

オンラインのプログラミングスクールがオススメ

まずエンジニアになりたい方で、独学でプログラミングを勉強するかプログラミングスクールに通うか迷っている人もいるでしょう。

結論からいうと、プログラミングスクールに通った方が効率的です。

プログラミングは1文字でも間違えればエラーになることが多々あります。

独学で勉強する場合、エラーが出るたびにどこを間違えたか自分で調べなくてはならず、膨大な時間がかかります。

一方プロの講師に見てもらった場合、こうした無駄な時間はかけずに済むでしょう。

次にオンラインで学習するか通学して学習するかですが、まとまった時間を取りにくい社会人にはオンラインが向いています。

自分の空いた時間に受講ができ、短期間でカリキュラムをこなすことが可能です。

また場所代や講師のコストが省かれているため、オンラインで学習した方が費用も安く済みます。

テックアカデミーの特徴

プロジェクトマネージャーアプリとガントチャートを含むドキュメントを含む1つの携帯電話

テックアカデミーはオンライン完結型のプログラミングスクールです。

好きな時間に自分のペースで受講できるため、まとまった時間が取りにくい社会人などを中心に人気を博しています。

充実のメンターサポート

テックアカデミーの特徴の一つとして、受講生一人一人に第一線で活躍するプロのメンターが付くというサポート体制が挙げられます。

マンツーマンメンタリングでは週に2回、ビデオチャットを使ってメンターからマンツーマンのサポートが受けられます。

またチャットサポートも行っており、分からないことがあればオンラインで随時質問することが可能です。

さらに解いた課題に間違いがあった場合、完全に理解するまでメンターに何回でもレビューを受けることができます。

オリジナルサービスの制作ができる

テックアカデミーでは最後の課題としてオリジナルサービスの制作があります。

メンターと相談しながら、学んだ知識をフル活用して自分だけのオリジナルサービスを作ります。

制作した作品は自分のポートフォリオとして就職などに役立つこともありますし、その作品がそのままヒットする可能性もあるのです。

テックアカデミーの評判

サポートが充実している

自分たちのオフィスで働く男性

テックアカデミーが売りとしているメンタリングには多くの人が満足しているようです。

特にチャットサポートは質問をしてから2分以内に返信が来るというスピード感が評価されています。

一方でメンターはプログラマーが多いため、中にはコミュニケーションが取りにくいメンターもいるようです。

また相性が合わないケースもあります。これはどのスクールでも同じことがいえるでしょう。

さらに週2回のビデオサポートが1回あたり30分という短時間のため、もう少し時間を長くして欲しいという声もあります。

苦労した分の実力はつく

ティーンエイジはテスト中

テックアカデミーのテキストは後半になるにつれて難しくなり、説明も簡素になります。

毎回のレッスン終了時には課題の提出が求められますが、テキストを読めば解けるというものではありません。

不明点を自分で解決する意識を持たなくては合格できないレベルです。

またテックアカデミーのカリキュラムのスケジュールはかなりタイトなため、自己管理が要求されます。

自由な時間に受講できても、積極的に学ぶ姿勢がなければ継続は難しいでしょう。

コース修了後もカリキュラムを閲覧できる

テックアカデミーの生徒はコースを受講修了後も半永久的にログインしてカリキュラムを閲覧することができます。

テックアカデミーのカリキュラムはトレンドに合わせて変更・修正されるため、最新の情報が閲覧できるのです。

フロントエンドコースの概要

http://www

フロントエンドコースはjQueryを使いこなしてリッチなWebサービスを開発するコースです。

このコースでは実際に以下の4つのWebサービスを作成します。

  • jQueryを利用したダイナミックな動きのあるアニメーション演出を用いたサイト
  • Flickr APIから取得した画像を集めたサイト
  • Firebaseを利用したリアルタイムチャットサービス
  • 自分のアイデアを形にしたオリジナルWebサービス

料金とプラン

プランは4週間から16週間まであります。1週間の学習目安時間は、8週間プランで10〜20時間、12週間プランで7〜14時間です。

時間に余裕の無い社会人やプログラミング未経験者は8週間プランか12週間プランが最適です。

また料金は他の通学タイプのプログラミングスクールよりも比較的安価で済みます。

無料体験

ソフトウェアエンジニア

テックアカデミーでは、マンツーマンメンタリングやチャットサポートなどのサービスを一通り無料で体験できます。

期間は1週間で、他のプログラミングスクールと比べてかなり長い設定です。

また無料説明会も行われており、自分のスキルレベルを吟味した上でどのプランが最適かアドバイスが受けられます。

テックアカデミーの学習の雰囲気を掴みたい場合は、申し込みをする前に無料体験や説明会に参加するとよいでしょう。

フロントエンドコースで身につくスキル

  • HTMLやCSSを用いたWeb開発の基本
  • JavaScriptとjQuery
  • Bootstrapを利用した効率的で簡単なレイアウト
  • 外部ライブラリーとデータベース
  • 3大フレームワークの一つであるVue.js

カリキュラムの序盤はHTML5やCSS3の基礎が中心のため、プログラミング初心者も安心して学ぶことができます。

次にJavaScriptとそのライブラリーであるjQueryについて学びます。

これによってWebページにアニメーションを取り入れたり、細かなデザイン変更ができるようになります。

その後Bootstrapを使って簡単にナビバーや切り替えタブをスマホ対応で作る方法を学びます。

jQueryやBootstrapの他にも、とても便利な外部ライブラリーを知ることができます。

またこのコースで学べるVue.jsは今後需要が高まっていくフレームワークです。

Vue.jsを必要とする高額案件も多数あります。

フロントエンドコースを修了してできること

フロントエンジニアとして活躍

達成した

フロントエンドコースを修了してすぐにフロントエンドエンジニアとして働くことができます。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングには、LPのコーディング案件が多いので高収入も期待できます。

転職サポート

テックアカデミーでプログラミングの学習をすると転職サポートが受けられます。

具体的には以下のようなサポートを受けることが可能です。

  • テックアカデミーキャリアという転職媒体に求人を掲載している企業がある
  • 企業側から就職や転職のスカウトが届く
  • 無料のキャリアカウンセリングが受けられる
  • キャリア相談、スキルの活用相談が受けられる

テックアカデミーキャリアではテックアカデミーでの学習状況が企業やコンサルタントに共有されます。

そのため学習を進めていくことが自分自身の知識やスキルのアピールになるのです。

またどのような企業やポジションのスカウトが届くかを見ることで、自分の市場価値やニーズがあるのかを知ることができます。

他のコースとの比較

プログラムコードとキーボード

テックアカデミーにはフロントエンドコース以外にも豊富なコース設定があります。

プログラミングで稼ぐことを第一に考えるならフロントエンドコースがオススメです。

アウトソーシングでは高額案件であるLP案件が多く、フロントエンドができることが強みとなります。

また最近は個人ブログから企業のサイトまでWordPressが使われるケースが多くなっています。

しかしWordPressは独学でも勉強できますし、フロントエンドを習得しているとPHPも理解しやすくなります。

人気のある3つのコースは以下の通りです。

Webアプリケーションコース

Rubyというプログラミング言語とRailsを使ってWebサイトの構築を学ぶコースです。

PHP/Laravelコース

PHPというプログラミング言語とLaravelを使ってWebサイトの構築を学ぶコースです。

WordPressコース

PHP言語で作られているCMS「WordPress」を使ってWebサイトの構築を学ぶコースです。

フロントエンドコース受講生の感想

実用的な知識を身につけることができた

テストを受ける学生たち

独学では単純な文法を勉強することに固執してしまいがちです。

一方メンターのサポートを受けて実際に様々なアプリケーションを開発すると、修了後すぐにフロントエンドエンジニアとして活躍できます。

質問がすぐに返ってくる

チャットサービスでは多くのメンターが1人に対応しているため、返信が素早いのがメリットです。

またメンターの対応も丁寧でどんなことでも質問できる環境が整っています。

エンジニアの情報を聞くことができて良かった

チャットサービスではメンターに授業内容以外の質問も投げかけることができます。

現役のエンジニアにエンジニア業界や就職・転職・フリーランスについて気軽に質問できるのはオンラインならではです。

質問をたくさんするべき

考える男性

テックアカデミーはメンタリングなどのサポートが充実していますが、逆にそこで積極的に質問しなければ独学と変わりません。

また通学タイプのプログラミングスクールと違って友達や共に勉強する人はいません。

オンラインだからこそ自主的に学ぶ姿勢が必要だといえるでしょう。

メンターの当たり外れはある

テックアカデミーのメンターにはOB・OGやフリーランスも多いため、合う・合わないはあります。

メンタリングの時間にメンターが間に合わなかったり、平日の遅い時間はメンターが見つからない可能性もあります。

またメンターと自分の相性が合わない場合でもメンターを変更することが難しいようです。

トレンド技術を学べる

移り変わりが激しいフロントエンド技術を追って、カリキュラムの追加・改定が行われているため最新のトレンド技術を学ぶことができます。

受講修了後にもそれらが閲覧できるのも魅力です。

テックキャンプとの比較

オンラインでプログラミングが学習できるサイトとして、テックキャンプが挙げられます。

両者を比べてそれぞれどんな特徴があるか調査しました。

教科書・カリキュラムの良さ

まず教科書の分かりやすさという点ではテックキャンプの方が上です。

テックキャンプの教科書は受講生からの質問を踏まえて何度も改訂がなされており、初心者でも理解しやすい工夫がなされています。

次にカリキュラムを通じて得ることができる知識の深さという点では、テックアカデミーの方が優れています。

カリキュラムの中で様々なツールを実践的に使えたり、教科書の内容もかなり深い部分まで取り扱っています。

結果的にカリキュラムの難易度はテックアカデミーの方が難しいといえるでしょう。

テックアカデミーは本格的にプログラミングを勉強して高いレベルを目指す人向けのスクールです。

メンターの質

テックアカデミーの方がメンターの質は良いという評価が大多数です。

テックキャンプのメンターのほとんどが大学生であるのに対し、テックアカデミーは現場経験豊富な現役エンジニアが多くいるからです。

また質問に対する返答のスピードも、テックアカデミーが圧倒的に上回ります。

テックアカデミーのフロントエンドコースが向いている人

ビジネスマンが近未来のタブレットで仕事をしている

プログラミングで稼ぎたいと思っているならフロンドエンドコースを受講しておけば間違いありません。

短期間でLPのコーディング案件が受注できるようになりますし、他のプラグラミング言語やツールとも互換性が高いです。

またテックアカデミーのコース全体にいえることですが、自分で手を動かして自発的に勉強できる人に向いています。

難易度が高いカリキュラムでもメンターに質問し、不明点をなくしていくことで飛躍的に学習スピードが上がります。

さらにレッスンの内容が難しいのはもちろんのこと、課題の合格ラインも厳しいのがテックアカデミーです。

プログラミングで何をしたいかが明確でモチベーションが高く、本格的に学びたい人には最適のプログラミングスクールだといえます。

短期間でタイトなスケジュールをこなすためには、まとまった時間の確保が望ましいでしょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP