loading...

thumbnail

UIデザイナーになるには?仕事内容や年収・必要なスキルを徹底解説!WEBデザイナーとの違いとは?おすすめの資格と勉強方法も紹介

webサイトやスマートフォンアプリなど、幅広いサービスに携わっているUIデザイナー

ユーザーが使いやすいサービスを提供するためにUIデザイナーは欠かすことができない存在です。

今回は、UIデザイナーについて色んな角度からご紹介します。

  • UIデザイナーとはどんな職種か知りたい
  • UIデザイナーと他デザイナーの違いとは?
  • UIデザイナーの仕事内容や年収は?
  • UIデザイナーに向いているか気になる
  • 取得すると良い資格は?
  • 効率の良い勉強方法が知りたい

上記に当てはまる人に最適な内容となっています。

UIデザイナーとは

キーボード パソコン

UIデザイナーとは、webサイトを作成することに関係する職種です。

正式名称

UIデザイナーの正式名称は「User Interface(ユーザーインターフェイス)デザイナー」です。

ユーザーインターフェイスUI)とは、「ユーザーとパソコンやタブレット、スマートフォンなどのデバイスを繋ぐもの」という意味を持っています。

webサイト制作のどこを担当するのか

web開発の中で、UIデザイナーはどの位置に属しているのかについて解説します。

1つのwebサイトを完成させるまでは様々な職種の人が携わります。

その中でUIデザイナーは、ユーザーと関わる部分に携わる仕事です。

webページのデザインだったりwebサイト全体の構成・操作性などをデザインするのがUIデザイナーの役割です。

UIデザイナーの任務

空のフローチャート

UIデザイナーの最大の任務は、ユーザーがサービスに触れる部分を「使いやすく」作ることです。

ユーザーがサービスをストレスフリーで使用できるような細やかな気配りができるとさらに良いでしょう。

細やかな気配りとは、スムーズな操作性・見やすいレイアウト・最適な配置にボタンを設置するなどのことを指します。

なお、この「気配り」はUXデザイナーの役割でもあります。

混同しがちなUIデザイナーとUXデザイナーの違いについては次項で説明します。

UIデザイナーとUXデザイナーの違い

パソコンの周りで話す人

UIデザイナーUXデザイナーwebデザイナー

上記3つの職種はどれもwebサイト制作に携わります。

「どれも同じ仕事内容なのか?」と思われがちなUIデザイナーUIデザイナーwebデザイナーですが、それぞれ役割似違いがあります。

まず、この項目では「UIデザイナーとUXデザイナー」の違いについてご紹介していきます。

UXデザイナーとは

「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)デザイナー」という正式名称を持つUXデザイナー。

UXデザイナーはユーザーがサービスを利用した際に満足してもらえるようにサービスの見た目部分ではなく、サービスをブラッシュアップする役目を持ちます。

UXデザイナーはサービス全体を見ている

UIデザイナーの仕事は「ユーザーが触れる部分を設計すること」。

対するUXデザイナーの仕事は「ユーザーの立場に寄り添ってサービス全体を設計すること」。

要は、UXデザイナーの担当する仕事の中にUIデザイナーの仕事があるということです。

UIデザイナーとUXデザイナーの定義は曖昧

UIデザイナーUXデザイナーは同列に紹介されることが多いです。

両者が別物というのを知らず「UI/UXデザイナー」と呼ぶ人もいます。

ただ、UI以外の部分も考えながら作成するからUI/UXデザイナーと呼んでいるという人もいますので、一概に間違った呼び方をしていると決めつけることはできません。

UIデザイナーとwebデザイナーの違い

WEBデザイン

前項目では、UIデザイナーとUXデザイナーの違いについてご説明しました。

この項目では、UIデザイナーとwebデザイナーの違いについてお話します。

webデザイナーとは

webサイトのボリュームや構成を元にして、レイアウトを決めてデザインします。

装飾や配色、ロゴ・アイコンの位置などの設定も担当します。

webデザインの部分を担う職種

UIデザイナーはデバイスとユーザーとを繋ぎ合わせる役割を持っていますが、webデザイナーはwebサイトのデザインを設計して表現する役割を担っています。

取り扱うサービスが違う

UIデザイナーwebデザイナーとでは、メインで取り扱うサービスが違ってきます。

UIデザイナーはアプリやwebサービス、webデザイナーは企業サイトやランディングページなどをメインに取り扱います。

webデザイナーが他職種の仕事を担うこともある

場合によっては、webデザイナーHTMLコーダーのようにコーディングをおこなったり、UIデザイナーのようにUIデザインをおこなったりすることもあります。

UIデザイナーの仕事内容

プログラムスクール

この項目では、UIデザイナーが実際にどんな仕事を担っているのかについて詳しく説明していきます。

ユーザーとデバイスを繋ぐ架け橋

ユーザーがデバイスを通じてサービスwebサイトやゲームなど)にアクセスする時に触れる部分をデザインします。

ユーザー視線で検証する

提供するサービスを、ユーザーが使いやすいようにデザインするのがUIデザイナーの役目です。

そのため、ユーザーと同じ目線でサービスを検証する必要があります。

「ここの切り替わりが微妙」「操作性が悪い」など問題点が見えたら、それを放置することなく修正していきます。

UXも含めてデザインをする

UIデザイナーUXを含めてサービスの全体的な設計をすることもあります。

webデザイナーの項目でも、webデザイナーが他職種の仕事を担うことがあると書きましたが、UIデザイナーも同じように別の仕事も担当することがあります。

ミーティングに参加する

webディレクターやwebデザイナーなどとミーティングをしながら仕事を進めていきます。

UIデザイナーの年収

UIデザイナーの年収は350~800万円程度と幅があります。

実務経験の有無やスキル、仕事内容によって金額に差があることが年収に幅が出てくる理由といえます。

日本では認知が進んでいませんが、UIデザイナー海外においてIT業界の代表的な職種の1つです。

技術力が高い人の場合、年収が1000万円超えということも。

実務経験がない人や1年に満たない人の場合は大体年収は350万円程度と思っておいて良いでしょう。

UIデザイナーに向いている人の特徴

どんな職種でも、向いている人・向いていない人というのが存在します。

この項目では、UIデザイナーに向いている人の特徴をいくつかピックアップしてご紹介します。

サービス精神に溢れている

常に相手の視点に立って考えることができる人は、UIデザイナーに向いているといえるでしょう。

ユーザーとしてサービスを利用するとしたら……と多面的にサービスを見つめる目を持っているとUIデザイナーとして重宝されます。

細かい部分に気づくことができる

他の人は気づかないような細やかな部分に気づくことができる人はUIデザイナーとして仕事をする際、痒いところに手が届く存在になれます。

細かい部分までこだわったUI・UXはユーザーの満足度を劇的に向上させるでしょう。

利便性を追求したい

「ここをこうしたら、もっと使いやすくなるのではないか」

「このwebサイト、自分だったらもっとこうする」

日常生活のあらゆるシーンに存在するUIやUX。

たとえば食品パッケージのデザインや、よく利用するショップのサイトなどを目にした時。

より利便性を高めるにはどうすれば良いかをイメージできる人はUIデザイナーに向いています。

見入ってしまうようなサービスを提供することはもちろん大切です。

しかし、美しくはあるけれど使い勝手が悪いサービスからはユーザーは離れてしまいます

常に利便性を追求したいと考えている人が作るUIは、ユーザーにとって期待以上の仕上がりとなるでしょう。

粘り強い

UIデザイナーはユーザーの使いやすさにこだわったサービスを提供します。

理想的なUIを作るため、何度もデザインを修正したりしなければならないシーンに出くわすこともあるでしょう。

そういう時、粘り強く妥協することのない仕事ができる人はUIデザイナーに向いています。

コミュニケーションスキルがある

電話をするビジネスマン

UIデザイナー1人だけではサービスをユーザーへ発信することはできません。

クライアントやwebディレクターなどと一緒にUIデザインを作成する必要があります。

クライアントたちとミーティングしたりする場面も出てくるはず。

「こうしたほうがもっと良くなると思います」

「ここは前の案のほうがユーザーには使いやすいと考えます」

そういったアイデアや意見をクライアント達に提示したりできるコミュニケーションスキルを有していると円滑にプロジェクトを進めることができるでしょう。

UIデザインについての知識を持っていない人にも理解しやすく説明できるのも重要なことです。

口で上手く説明できない場合は、図解入りのアイデアメモなどを見せるといった機転を利かせることができるとなお良いでしょう。

デザインの知識がある

自分がイメージするUIを作り出すために、デザインの知識やスキル、実務経験がある人はUIデザイナーとしてのスタートダッシュが切りやすいです。

UIデザイナーに必要なスキル

テクノロジー

UIデザイナーとして活躍するために必要なスキルについてご紹介します。

グラフィックツールが使える

UIデザイナーとして働くなら、PhotoshopIllustratorSketchなどのグラフィックツールを扱うことができるスキルが必要です。

最低でもPhotoshopIllustratorSketchのうち1つは使用できるようにしておきましょう。

ユーザー視点の目

UIデザイナーに向いている人の特徴」でも述べたように、ユーザーの視点でサービスを見つめることはUIデザイナーに必要不可欠なスキルです。

どんなにデザイン知識があったとしても、ユーザーを意識しないUIは使い勝手が悪くなってしまいます。

UIデザイナーになりたいなら

この項目では、IT業界に転職……UIデザイナー転職を考えている人向け下記の情報をお伝えします。

  • UIデザイナーの求人はあるのか?
  • どういった仕事内容の求人が多いのか?
  • 未経験でもUIデザイナーとして仕事ができるのか?

求人はあるのか

webエンジニアや他の職種と比べて、UIデザイナーは多くの案件が存在します。

仕事内容の傾向

スマートフォンのゲームやアプリ制作分野でUIデザイナーが求められています。

グラフィックデザイン担当の求人が多い傾向です。

未経験でも挑戦可能か

もちろん、未経験からUIデザイナーの仕事をすることは可能です。

UIデザイナーに必要な知識を勉強し、「また利用してもらえるようなサービスを制作する」という気持ちを抱いて求人へ応募してみましょう。

ポートフォリオなどを準備しておくと良いでしょう。

UIデザイナーにおすすめの資格

コンピュータを使う女性

UIデザイナーになるために必要な資格というのは存在しません。

ですが、UIデザイナーとして必要な知識を身につけたい場合は関連する資格を受講するのも良いでしょう。

未経験者やUIデザイナーとしての知識がないという人は下記に紹介するおすすめ資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ウェブデザイン技能検定

特定非営利活動法人・インターネットスキル認定普及協会が主催している資格です。1~3級まであります。

webデザイン系の資格唯一の国家資格です。学科試験・実技試験があります。

UIデザイナーを目指すなら、2級取得を目指すのがおすすめです。

インターネットの仕組みやネットワーク技術、PhotoshopFlashなどのソフトを使える証明となります。

アドビ認定エキスパート(ACE)

Adobe社製品のソフトに関する知識・スキルがある証明となる資格です。

PhotoshopIllustratorなど、製品ごとの試験があります。

Adobe社の公式資格なので、UIデザイナーとしてクライアントへ自分を売り込む際に役立つはずです。

カラーコーディネーター検定試験

色の性質や特性、色の持つ効果などの知識が学べます。

UXを意識したデザインが可能という証明として、この資格を取得しておくのもおすすめです。

UIデザイナーになるための勉強方法

資格を取得する以外に、UIデザイナーとして働くための勉強方法とはどんなものがあるのでしょうか。

この項目では、資格取得以外のUIデザイナーになるための勉強方法をご紹介します。

本で学ぶ

読書もしくは勉強のあと、コーヒーを飲み休憩する女性

UIデザイン関連の書籍などで基礎知識を身につけましょう。

UIデザインに関すること以外にも、UIデザイナーとして必要な知識が学べる本を積極的に読むと良いでしょう。

色んなデザインに触れる

日常生活を送っていると、様々なデザインに触れるチャンスがあります。

それはUIデザイナーとして「ユーザー視点の目」を養う重要な勉強です。

良いデザインとは何か、ユーザーにとって使いやすいデザインとは何か、を考えるクセをつけましょう。

プロトタイピングツールを使ってみる

webサイトやアプリなどのプロトタイプを作成できるツールを使い、実際にデザインしてみるのも良い勉強になります。

専門スクールに通う

デザインやソフトの使い方などを学べるスクールに通い、UIデザイナーとしての知識とスキルを身につける方法になります。

作品を制作したりするので、クライアントに自分の知識やスキルがどれくらいあるかのポートフォリオを提示できます。

UIデザイナーを経験した先に広がる道

バイナリ言語

UIデザイナーを経験すると、その先には多くの道が広がっています。

webディレクター:UIデザイナーの実務経験を活かせます。

CGデザイナー:PhotoshopやIllustratorなどの技術を活かせます。イラストレーターやグラフィックデザイナーになる道もあります。

アニメーター:3dsMaxやMAYAなどの技術を活かせます。3Dデザイナーもあり。

UI/UXデザイナーのスペシャリストとして専門的に活躍することもできます。

まとめ

コンピューターを操作する人

未来にいくつもの可能性が広がる職種・UIデザイナーについて詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

UIデザイナーを目指したいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP