loading...

thumbnail

VBAの募集案件の仕事内容と求められる資格を徹底解説!フリーランスプログラマーに役立つ資格は?講師の募集内容もチェック

VBAとフリーランス

若い同僚と資料を見る

Microsoft Office製品と密接に関わり合っているVBAというプログラミング言語。

ExcelやAccessで特に利用されるシーンの多いVBAは、エンジニアではない方でも扱う機会のある身近なプログラミング言語です。

しかし、実はフリーランスプログラマーの方へ向けたVBA案件も募集されています。

いくら非エンジニアでも触る機会があるとはいえ、業務を改善・効率化するためにはやはり専門的なエンジニア・プログラマーという存在は頼りになるといえるでしょう。

VBA案件に注目

白いヘッドフォンとプログラムコードで動作する眼鏡を備えたソフトウェア開発者フリーランサー:C ++、Java

今回の記事では、VBAに関するフリーランス募集案件の「仕事の内容」や「求められる資格」に注目・解説していきます。

VBAといえど奥が深いプログラミング言語ですから、どのレベルの仕事が募集されているのかを把握しておけば、仕事を探しやすくなるでしょう。

案件に応募する気持ちへの後押しともなるかもしれません。

加えて、フリーランスとして働かれているプログラマーが持っておくと役に立つ資格も同時に紹介していきます。

資格はものにもよりますが、必ず「武器」になってくれる心強い存在です。

どんな資格取得を目指せばいいのかという点においても、ぜひ参考にしてみてください。

VBA案件の仕事はどんな内容なのか

達成した

では早速、VBAに関連する案件の仕事においてどんな内容のものが多いのかという点を解説していきます。

VBAで最も馴染み深いのはExcelマクロといえます。

ExcelとAccessが多い

そのため、案件が掲載されているクラウドソーシングやフリーランスエージェント等のWebサイトを見てみると、数多くのExcelマクロ関連のVBA案件が募集されています。

特定の作業・業務の自動化などを依頼される「業務効率化」を求められる場合も多いです。

この場合は成果物の質・動作も重要ですが「いかに業務効率が向上したか」というポイントがクライアントの満足度を高める重要なポイントといえます。

「成果物さえできればいい」というわけではありませんので、案件をこなす際には注意しておくといいでしょう。

Accessとデータベース

Accessマクロに関する案件もExcelに負けじと多く募集されています。

また、ExcelマクロとAccessマクロ両方を求める案件も一定数の募集があります。

Accessに関してはデータベースの知識やSQLについての理解・知識・スキルが求められる案件も多いです。

そのため「VBAさえできればOK」とはいえないケースも多いので注意しましょう。

講師の募集もある

パソコン画面を示して同僚と話す男性

そしてVBAは講師の仕事が募集されていることもあります。

パソコンスクールでのインストラクターや、企業向けの講師まで幅が広いです。

こちらも内容はエンジニアの募集と同様Excel・AccessどちらのVBAも扱える方を対象にしているケースが多いという特徴があります。

習得度合いが重要

想像を膨らませる男性

どちらもVBAではありますが、若干癖が異なるとされるExcelマクロとAccessマクロ。

その両方をしっかりと使いこなすことで、高額案件獲得に繋げられるといえるでしょう。

VBAを使用したツールの開発依頼なども多く募集されおり、VBAをしっかりと習得していなければ受注が難しいものが多い傾向にあるといえます。

また、他のシステムやデータベースとの連携がされている場合も多いため、単純に「VBAさえできればいい」というわけではない案件も多いです。

自分がVBA以外に何ができるのかという点も頭に入れておきましょう。

VBA案件で求められる資格

プロフェッショナルなプログラム開発

さて、VBA案件の内容は想像よりもレベルが高いことがわかりました。

では実際にVBAの案件を受注するとなった時、どんな資格を持っておくと良いのでしょうか。

VBAに関する資格は現状1つだけ実施されているので、ある意味一択です。

それが株式会社オデッセイコミュニケーションズによって実施されている「VBAエキスパート」という資格になります。

一般的な知名度はさほど高い資格ではありませんが「VBAの資格」としては有名なため、取得しておいて損になることはないでしょう。

こちらの資格はExcelとAccessで部門が分かれているため、具体的に自分の持っている技術などを証明可能です。

それぞれの特徴を簡単にチェックしていきます。

Excel VBA

マークシートに記入する女性

Excel VBAはその名の通りExcelに関連した資格試験です。

Access VBAとも共通している部分ですが、Excel VBAは難易度で「Excel ベーシック」・「Excel スタンダード」と分かれています。

Excel VBA ベーシック

ベーシックはマクロの基本的な部分が主な出題範囲です。

VBEはもちろんのこと、実際にExcelでの作業を自動化するといった内容や、「If…Then…Elseステートメント」、「For…Nextステートメント」や、関数などが出題されます。

VBAやExcelマクロについて日常的に触れている方であれば、そう難易度は高くないでしょう。

Excelについての基礎的な知識を証明できます。

Excel VBA スタンダード

対して、Excelスタンダードは初歩的な部分から上級といえる部分まで非常に幅広く出題されます。

プロシージャに関する内容や、「Select Caseステートメント」、「Do…Loopステートメント」、ワークシート関数についてを理解しておかなければなりません。

配列についても触れられるため、ある程度深い理解をしておく必要があります。

簡単に合格できる資格ではないということが分かるでしょう。

しかし、その分この資格を取得しておくことでVBAエンジニアとしての確かな実力を証明できます。

このあと紹介するAccess VBAと共に所持しておくことで、よりフリーランスプログラマーとして持つスキルの高さを誇示できるでしょう。

Access VBA

ノートを取る学生たち

こちらは名前の通りMicrosoft Accessに関連した資格試験です。

先ほどのExcel VBA同様に「Access ベーシック」・「Access スタンダード」という2部門に分かれています。

Access VBA ベーシック

Accessベーシックは、SQLのクエリ作成やテーブルの作成といった基礎知識はもちろん、データベースの基礎について出題されます。

VBAの知識だけで合格できる資格ではないため、データベースに関してもしっかりと理解しておく必要があります。

とはいえ、データベースについての出題といっても本当に基礎的な部分ですので、それほど難易度は高くありません。

Accessを触ったことがない方でも、ある程度勉強すれば比較的楽に取得できるでしょう。

最低限の知識を持っているということは実証できる資格です。

Access VBA スタンダード

対してスタンダードは、データベースの実際の操作に関する問題や、SQLによるインデックス、パターンマッチングなどが出題されます。

応用面の問題が多く出題されるため、更にデータベースに関して深い知識を持っておかなければなりません。

また、プログラミング能力としては参照設定・コンポーネントの利用などといった部分も出題され、やはり深い理解が必要だといえるでしょう。

Access VBA スタンダードはVBAの知識に加えてデータベース関連へのしっかりとした知識も必要です。

難易度も高いですが、その分資格の価値が高いといえます。

実際に担当する業務でもデータベース関連の技術や知識を求めている案件も多いため、確実にエンジニアとしての「武器」になる資格です。

MOSという選択肢

ビジネスマンにとっての目的地

ExcelやWordといったオフィス製品の資格といえば、先ほど紹介したVBA資格よりも「Microsoft Office Specialist(通称:MOS)」が有名です。

こちらはVBAとは関連ありませんが、ExcelやAccessの試験が実施されています。

MOSとVBAエキスパートをセットで取得する

MOSのみを所持していてもVBAのアピールには繋がりません。

しかし、MOSでアプリケーションそのものの操作技術を証明し、VBA エキスパートでプログラミングスキルやマクロスキルを証明するという組み合わせの仕方ができます。

MOS単体ではVBAエンジニアとして意味を持ちませんが、VBA エキスパートとセットで所持しておくことでExcelやAccessへの深い理解・知識、操作スキルを証明可能です。

割引という特典も

成功を掴んだ男性

また、VBAエキスパートを受験する以前にMOSを所持しておくと、受験料が割引かれるという連携がされています。

MOSの資格を1つでも取得しておけば約1,000円の割引がされるため、既に所持されている方や、これから2つとも取得を目指すという方にとっては嬉しい特典です。

MOSは知名度も非常に高いという大きなメリットがあります。

持っておいて損になるということはありません。

フリーランスプログラマーに役立つ資格をチェック

プログラミングコーディング

続いては「VBA」以外の視点から資格に注目してみましょう。

フリーランスプログラマーとして案件を獲得する際には、自分のスキルを手っ取り早く証明できる「資格」は非常に便利かつ大きな武器となります。

IT関連資格は非常に数多くありますが、今回の記事では中でもプログラマーに特に役立つ資格をピックアップしました。

参考としてご覧ください。

Oracle Certified Java Programmer

JavaをリリースしているOracleが行っているベンダー資格です。

日本のみならず全世界のIT業界で頻繁に使われている「Java」に関する能力を証明できる資格で、Bronze、Silver、Goldの3階級が実施されています。

Javaを採用している企業・システムは非常に数が多いため、フリーランスの方向けの案件数も圧倒的に多いです。

そのため「Oracle Certified Java Programmer」を所持しておくことで、Javaエンジニアとして1つの指標を持つことができるでしょう。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は国家試験です。

非常に幅広いIT全般の知識はもちろん、マネジメントや企業戦略といった部分まで問われる資格試験になっています。

難易度の高い試験です。

その分資格としての価値は非常に高く、IT系資格の中でも知名度が高いという特徴を持っている資格です。

直接的にプログラミング関連のスキルを証明できる資格ではありませんが、IT業界で働く上でとても役に立つ資格です。

プログラミングのみならず幅広い知識を証明でき、フリーランスとして案件を探す際にも大きな武器となるでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は応用情報同様に国家試験です。

応用情報のワンランク下の資格試験ともいえます。

今回紹介してきて他の資格と比較すると難易度が低いかもしれませんが、こちらの試験では午後試験でプログラム言語問題が出題されています。

C言語やJava、Pythonなどが用意されているので、自分のアピールしたい言語を選択して合格できれば実績の1つにできます。

資格は武器になる

Webページのソースコードを書く男性

VBA資格に加えてプログラマーにとって役に立つ資格を紹介しましたが、フリーランスとして仕事をしていく上で資格は必ず武器になります。

実際に言葉を交わす前、業務に携わる前から自分の持っているスキルや能力をアピールでき、クライアントにとっても仕事を任せられるレベルにあるかどうかの判断材料になります。

積極的に資格を取得していくことで、フリーランスとして魅力あるエンジニアになれるでしょう。

VBAは幅広く使われる

喫茶店にてラップトップPCでフリーランスの仕事をする

今回の記事では、VBAの案件や資格などについて解説してきました。

VBAは常に様々な企業で用いられ、IT企業はもちろん一般企業でも親しまれる身近なプログラミング言語です。

そのためフリーランスエンジニア向けの案件も多く、スキルさえあれば受注しやすい分野だといえるでしょう。

反面、VBA以外にもデータベースなど同時に求められるスキル・知識も多いため、特にITに関して深い理解を持っておく必要もあります。

資格やプログラミングスキルを鍛え上げ、確かな実力を持つフリーランスエンジニアとして活躍できるよう、引き続き努力していきましょう。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP