loading...

thumbnail

ワークポートの評判や特徴を徹底調査!フリーランスエンジニア向けの求人案件の傾向は?コンシェルジュの対応も口コミから紹介

転職エージェントであるワークポートには様々な口コミや評判があります。

今回はワークポートの口コミや評判を徹底調査し、詳しくご紹介していきましょう。

ワークポートとは

ワークポートは総合人材転職エージェントです。

転職コンシェルジュとして、Web・IT・ゲーム業界を中心として様々な業界の転職相談サービスを提供しています。

ワークポートではIT業界に特化した求人を常時10,000件以上保有していることでも注目を集めているエージェントです。

転職エージェント大手の公開案件よりも多い数なので、転職の際には利用を検討するべきエージェントといえるでしょう。

転職エージェントは大手を選んでしまいがちですが、目的や手段によっては大手以外を検討するべきです。

その中でもワークポートの存在感は群を抜いているといえるでしょう。

ワークポート特徴

ワークポートの特徴を見ると、ワークポートが注目されている理由がよくわかります。

ワークポートの特徴について詳しくご紹介していきましょう。

対応の素早さ

サポートエンジニア

ワークポートでは、初回の面談から求人紹介までの対応がとにかく素早いことでも口コミで評判です。

スピード感のある転職活動が可能なので、はやく次の職場を決めたい方は安心して利用できるでしょう。

面談を行った日に10件以上の求人を紹介してもらえたという口コミや評判が多くみられます。

スキルや経験のある方なら面談当日に20件、翌日には50件以上の案件の提案を受けることもあるようです。

大手よりも格段にスピードが早いので、早さを求める方にもおすすめできるエージェントといえるでしょう。

案件の種類が豊富

ワークポートでは、IT・Web・ゲーム業界の大手企業求人案件も取り揃えています。

ワークポートに登録しておけば、大手からベンチャー・スタートアップ企業まで網羅できるでしょう。

IT業界だけではなく、金融系や財閥系のIT専門職の案件も取り扱いがあるようです。

紹介してもらえるかはスキルによりますが、スキルや経験のある方にはメリットのあるエージェントといえるでしょう。

公開案件も多いですが、非公開案件案件も保有しているので充実した転職活動が行えるはずです。

ワークポートのサポート

ワークポートのサポート体制はどのようなものがあるのでしょうか。

ワークポートのサポート体制について詳しくご紹介していきましょう。

コンシェルジュ

スーツ男性 オフィス

ワークポートのコンシェルジュは対応の速さが評判です。

対応は事務的で素っ気ないという口コミもありますが、それさえ気にしなければ評判は良いといえるでしょう。

通常のエージェントでは様子を見ながら少しずつ案件を紹介するのが普通です。

しかしワークポートでは出し惜しみすることなく、たくさんの案件を提案してくれます。

スキルや経験に見合った案件を数多く提案してくれるので、選択肢を広げてくれるという口コミがありました。

なるべく多くの案件を提案してほしいという方にぴったりのエージェントといえるでしょう。

未経験からのエンジニア転職をサポート

エンジニア PC

ワークポートはエンジニアやIT業界未経験から転向したい方にもおすすめです。

ワークポートは関連サービスとして「みんスク」を展開しています。

みんスクではIT業界完全未経験から無料でプログラムを学べるスクールです。

未経験からエンジニアを目指すことができ、ワークポートで転職活動をサポートしてくれます。

完全未経験者でもこうした万全なサポート体制があるので、安心して利用することができるでしょう。

しかし、みんスクを利用できる条件は20代であることなので、30代以上は他のエージェントがおすすめです。

ワークポートの求人案件

フリーランス協会

ワークポートの求人案件にはどのような特徴があるでしょうか。

ワークポートの求人案件について詳しくご紹介していきましょう。

フリーランス向けの求人案件の傾向

ワークポートの求人案件数は常時10,000件以上あります。

しかし転職エージェントとして力を入れているため、フリーランス向け案件を見かけることはできませんでした。

正社員向けの求人が大多数となっています。

そのためワークポートで未経験からエンジニアになり、経験を積んでから他のエージェントでフリーランスへ転向するべきです。

フリーランス向け案件はありませんでしたが、これからIT業界を目指す方やフリーランスを目指す方にはおすすめできるでしょう。

自由な働き方も目指せる

ワークポートにはフリーランス向け案件がないということがわかりました。

しかしフルフレックス・在宅・リモート・副業可能案件など、正社員でも自由な働き方ができる案件が豊富です。

正社員で働きつつ、副業としてフリーランスで働くということもできるでしょう。

海外では正社員とフリーランスを組み合わせとした働き方も主流となっています。

子育てや介護などで働き方を変えたいという方にもおすすめできるでしょう。

働き方を重視した案件を探したい場合には、ワークポートのコンシェルジュに相談してみるのがおすすめです。

きっと様々な働き方の案件を豊富に紹介してくれることでしょう。

ワークポートの報酬形態

給料ランキング

ワークポートの報酬形態はどのようになっているのでしょうか。

ワークポートの気になる報酬について詳しくご紹介していきましょう。

利用料・マージン(手数料)

お金

ワークポートは完全無料で利用できるエージェントです。

そのため利用料もマージンも引かれることはありません。

ワークポートは企業から紹介料をもらっているため、転職希望者からお金を取ることはないので安心できます。

ワークポートでは転職エージェントとなるため、採用が決まれば企業側との直接契約です。

そのためマージンを引かれる心配もなく、適正な報酬を受け取ることができます。

報酬相場

年収 男性 報酬 お金 アップ

ワークポートの報酬相場は年収500万円~1,000万円と高報酬求人が揃っているようです。

経験やスキルによって報酬も変動するので、利用する方によって報酬相場が変わるといえるでしょう。

ワークポートには未経験可能からマネジメントポジションまで幅広い方の利用が可能です。

未経験者の求人案件では年収で300万円~400万円前後となっています。

それを踏まえると、平均報酬相場は年収600万円前後ではないでしょうか。

スキルや経験に見合った訂正な報酬が設定されているので、納得の転職をすることができるでしょう。

報酬の交渉なども行うことが可能なので、スキルや経験をアピールすることで年収アップも狙うことが可能です。

支払いサイト

クレジットカード フリーランス

ワークポートの支払いサイトは、転職成功後は企業との直接契約となるため企業によって異なります。

正社員の求人が多いので、毎月定期的なお給料の支払いとなるでしょう。

フリーランス案件とは違い、支払いサイトにヤキモキせずに安心して働くことができるのはメリットといえます。

ワークポートのメリット

SE エンジニア 

ワークポートを利用するメリットにはどのようなことがあるでしょうか。

ワークポートを利用するメリットについてご紹介していきましょう。

エリアが幅広い

ネットワーク 世界 地球

ワークポートのメリットとして、求人エリアが広いということが挙げられます。

IT系に強いエージェントでは東京に集中してしまうことが多いのが特徴です。

しかしワークポートでは、東京でも大崎や立川などの中心地から外れた求人も扱っています。

他には神奈川・埼玉・千葉などの首都圏エリア。

仙台・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡などの地方も数多く扱っています。

ここまでは普通のエージェントでもよくあることですが、ワークポートは海外エリアも扱っているのが特徴です。

韓国・台湾・マレーシア・フィリピンなどアジア圏を中心に27件の求人を保有しています。

グローバルに活躍したい方にもワークポートを利用するメリットがあるでしょう。

エリア毎に特化したコンシェルジュがいるので、地方や海外への転職を考えている方は相談してみましょう。

ワークポートは拠点も多く保有しているので、わざわざ東京に行かなくとも地方や海外求人の紹介が可能です。

未経験者・未経験の業界にも挑戦できる

システムエンジニア 面接

ワークポートは未経験者や未経験の業界にも挑戦できるメリットがあります。

口コミや評判でも未経験者への手厚いサポートや未経験分野へのサポートが人気です。

業界未経験・実務未経験の転職に不安を感じられている方には安心して利用できるエージェントといえるでしょう。

転職コンシェルジュは対応が素っ気ないという口コミが多いですが、サポートの際には丁寧な対応をしてもらえるようです。

転職コンシェルジュは知識が豊富なので、あなたにとって最適なサポートを行ってくれるでしょう。

ワークポートの登録方法

ネットワーキング

ワークポートの登録方法はとにかく簡単なことでも口コミや評判で話題です。

通常、転職エージェントでは基本情報に加えて、経歴や自己PRなど細かく入力する必要があります。

しかしワークポートでは、基本情報の入力だけで登録が完了です。

登録に時間がかからないことは、仕事しながら転職活動をしている方にも嬉しいポイント。

登録後はメールまたは電話でコンシェルジュとの面談日程が決まります。

仕事で忙しく時間が取れない場合は電話での相談も可能です。

経歴やスキルの確認、希望などを聞いた後に早速求人案件の提案が行われます。

すぐに転職活動がスタートできるので、なかなか転職活動が進まない方にもおすすめです。

ワークポートの注意点

フリーランス 悩み

ワークポートには多くのメリットがありますが注意するべきこともあります。

ここからはワークポートの注意点についてご紹介していきましょう。

案件紹介が質より量

エンジニア 不足

ワークポートは求人数が多いことで注目されています。

しかし、案件は質より量を重視している傾向にあるため、中にはおすすめできない求人もあるようです。

スキルや経験によっては質の良くない案件を紹介されてしまう場合もあることが予想されます。

未経験はIT業界の求人の善し悪しが判断しにくいので、未経験者向けであることも納得といえるでしょう。

プロフェショナルや経験者の場合は、大手や良質な高収入求人が狙い目です。

充分な経験とスキルを持っていれば、良質な求人案件を獲得することもできるといわれています。

紹介の量が多すぎる

ワークポートは案件をたくさん紹介してくれるメリットがある反面、紹介料が多すぎると感じる方も多いようです。

厳選して求人を紹介するというよりは、数多く提案して選んでもらうという考えなのでしょう。

たしかに面談当日に10件、次の日に20件以上という提案数は他のエージェントでは考えられません。

他のエージェントでは、エージェント側で選んでほしい案件に誘導するような提案の仕方をするようです。

それと比べれば健全な提案の仕方とも考えられるでしょう。

他のエージェントとは違い無駄な駆け引きをすることもないので、安心して利用できるエージェントといえます。

ワークポートの評判

喜ぶ男性 会社

ワークポートの評判の多くは、とにかく素早い対応を称賛しています。

コンシェルジュの対応は事務的であるものの、それこそが素早い対応を可能にしているのかもしれません。

とにかく急ぎの転職の場合にはワークポートの利用はおすすめできるでしょう。

対応の他には求人数の多さが群を抜いていることでも評判です。

そのため、求人を見比べたり求人案件の相場を見比べるときにも利用できるでしょう。

他のエージェントでは求人が選べなかったとしても、ワークポートなら複数の求人から選ぶことが可能です。

転職活動以外にも、市場価値の見極めやIT業界の需要を調査するときにも使えるエージェントといえます。

ワークポートを上手に利用するべき

未経験の方に対する転職支援実績も豊富であることから、IT業界未経験者の方に特におすすめできるエージェントです。

無料エンジニアスクールを運営しているなど、エンジニア未経験の方への転職支援体制が充実しています。

未経験からワークポートで経験を積むことで、フリーランスに転向するなどの幅広い選択肢が可能です。

ワークポートでIT業界へ転向することは可能性を広げることに繋がるでしょう。

正社員でも自由な働き方ができる案件が多いのも魅力的です。

自由な働き方やフリーランスを目指す方は、ワークポートを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

きっとあなたが理想とする働き方を将来的に実現させるきっかけを掴むことができるはずです。

RANKING週間人気コラムランキング

RANKINGカテゴリーランキング

CATEGORY

TAG

TOP