代表メッセージ

MESSAGE

代表メッセージ

IT人材の働き方改革に最も貢献する会社を目指す

人々の生活のあらゆる場面にITが浸透し、すべてのビジネスの進め方、企業や組織のあり方、産業構造そのものまでも変革していく『デジタルトランスフォーメーション』が進んでいます。こうした流れは今後ますます加速していくことは間違いありません。このまま企業のデジタルトランスフォーメーションがさらに進むと、世の中はどう変わっていくのでしょうか。

約100年前、世界の産業の中心は農業であり、労働人口の半数以上は農業に従事していました。その後、工業化が進むと製造業が産業の中心となり、工場で働くブルーワーカーの人口が農業人口を上回ります。近代になると、ブルーワーカーに変わって労働人口の中心になったのは、ホワイトカラーであるオフィスワーカーでした。

そして、デジタルトランスフォーメーションが進んだ近い将来、労働人口の約半数以上はIT人材になると言われています。

『IT人材マーケットを制する者こそが、世界を制する―。』

その時には、IT人材にとって良質であり、彼らの能力を存分に活かせるフィールドを提供できる組織体こそが、あらゆる産業の中心になるはず。そんな時代がもうすぐそこまで来ています。

IT人材に常に寄り添い、IT人材の働き方改革に最も貢献し、IT人材とともに成長していく。A-STARが目指しているのはそんな会社であり続けることです。

-そしてイノベーションを起こし続ける集団へ-

また従来型のコーディネーターによるマッチング(SES、派遣、職業紹介)も大きな需要があり巨大産業ですが、私達はあくまでもベンチャー企業でありイノベーターです。

「売上や利益」「事業規模の追及」そして「社員数の増大」といった外的魅力も大切ですが、それだけではなく、

『どれだけ他社と違う面白い事をやっているか?』
『今までに無いイノベーションを創り出しているか?』

を優先して経営を考えています。

変化の乏しい人材業界だからこそ、この分野におけるデジタルトランスフォーメーションを力強く推進していきたいと考えています。

「プラットフォーム」「デジタルネイティブ」そして「スキルのシェアリング」の未来に備え、『最先端システム×IT人材領域プロフェッショナル』によるハイブリッド型の事業構造を推進。

「AIマッチング」「WEB面談」「SES特化型業務システム」といった超効率的なマッチングシステム、最先端の技術やトレンドをIT人材領域に持ち込みます。

「人生100年計画」に対応する新しい産業形態となる「ギグエコノミー」にも参入。
安倍政権が主導する「働き方改革」のトップランナーとして様々なサービスを展開していきます。

私達A-STARは、『WEBとAIによるIT人材領域のデジタルトランスフォーメーションを実行し、多重下請構造に縛られない自由なIT人材流通マーケットを提供。』
その結果として「IT人材の『働き方改革』に最も貢献した会社となる。」を理念として掲げています。
株式会社A-STAR 代表取締役社長高瀬俊誠
職業start up連続起業家

1977年生まれ。埼玉県出身。
明治大学政治経済学部政治学科卒業。
これまでに計4社の創業経験を持つ。うち3社はIT人材領域特化型ビジネス
2018年現在㈱A-STAR 代表取締役、エージェント・テクノロジー・インベスターズ㈱ 代表取締役として現職。

明治大学卒業後ベンチャーキャピタルが出資する起業プロジェクトに参加。
2000年11月に株式会社ネオキャリアを創業。取締役に就任し人材ビジネスのイロハを学ぶ。
2003年に独立し株式会社エージェント・テクノロジー・グローバル・ソリューションズを設立。設立から6年で売上高46億円、技術者稼働総数800名を擁するITアウトソーシング会社に成長させるもののリーマンショックからの業績悪化から2010年に代表を退任。
2011年に孫正義氏の後継者育成プロジェクト「ソフトバンクアカデミア」外部1期生として参画。
2012年にサイバーエージェント・ベンチャーズより出資を受け、株式会社A-STARを創業。
WEBとAIプラットフォームによりIT人材流通市場の構造変革に挑む。
2018年同社がフリーランス会員10,000人を突破。国内最大級のIT人材特化型マッチングプラットフォームに成長させる。
2018年5月、世界最大の人財サービス企業であるアデコグループに全株式を譲渡、アデコグループの支援を受けて同社の運営を行う。

沿革

1977年生まれ

埼玉県出身

2000年3月

明治大学卒

2000年11月

株式会社ネオキャリア創業 取締役就任(2002年退任)

2003年

株式会社ATGS創業 代表取締役就任(2010年退任)

2007年

投資会社エージェント・テクノロジー・インベスターズ株式会社創業 代表取締役就任

2011年

ソフトバンクアカデミア外部1期生として参画

2012年5月

株式会社A-STAR創業 代表取締役社長就任。

2018年5月

世界最大の人財サービス企業であるアデコグループに参画、アデコグループの支援の下同社の運営を行う。

HISTORY

沿革

2012年5月

創業と同時にサイバーエージェント・ベンチャーズの出資を受け、同社創業。

|

ITエンジニア特化型マッチングプラットフォーム「A-STAR.com」「A-STAR BIZ」を続々とリリース。

2018年5月

アデコ株式会社による株式会社A-STARの株式取得

現在

ITエンジニア会員数は約1万人。案件総数常時18,000件。案件の流通総額は年間約1000億円。パートナー企業は約2000社。累計稼働実績は12,000人月。エンジニアへの累計支払い総額は約70億円を超える。

VISION

企業理念・ビジョン

IT人材が流通する新しいプラットフォーム(流通形態)を提供する

これまでA-STARプラットフォームの利用実績は約12,000人月にもなりますが、当社の会員であるIT人材の平均年収は約660万円です。経済産業省が発表しているIT人材の平均年収は約500万円なので、A-STAR会員の年収は年間約160万円も高いです。この実績こそA-STARが目指す働き方改革の大きな武器になるだろうと考えています。

この事実に多くのIT人材が気づいた時、当社のサービスを利用したいという方が増えていくのは間違いないと思っています。

現在1万人の登録会員のうち、常時プロジェクトに参画しているアクティブな会員は約500人です。この500人を10倍の5000人まで引き上げることを当面の目標にしています。実現すれば、1人当りの平均年収660万円というこれまでの実績をあてはめると、A-STARを通じた支払い報酬総額は年間330億円に達します。これは一部上場クラスの大手SI企業の報酬総額に匹敵する規模です。IT人材が活躍する新たなフィールドがここに誕生し、国内有数のシェアを占めることになります。

5000人規模の流通が我々の提供するWebサービスを通じて可能になる。これはIT人材の働き方に大きなインパクトを与えるはずです。

ソフト会社や派遣会社、アウトソーシング会社に所属することなく、また中抜きをされることなく、WEBを通じて確実に高い報酬を受け取る事が出来るようになるわけです。

こうした新たなフィールドが誕生することによって、旧態然とした大手SIERを頂点としたピラミッド(多重下請構造)に属さなくても、シニア層や女性でも技術さえあれば、自分の思うような働き方ができるようになります。A-STARでは、2020年までにこの新たなフィールドを実現する予定です。A-STARの今後にご期待下さい。
CHEERING MESSAGECA藤田社長・応援メッセージ

高瀬社長に初めてお会いした時から、その志の高さ、事業展開力、スピードに惹かれました。
25歳という若さで起業され、今もなおベンチャースピリットをもって新たなビジネスを立ち上げようとされています。

エンジニア人材が企業の競争力につながるとされる今、エンジニア人材業界で10年以上のキャリアを持つ高瀬社長が新たに立ち上げられた株式会社A-STARと今後の事業展開を楽しみにしています。