TOPICSビジョン

IT人材が流通する新しいプラットフォーム(流通形態)を提供する

これまでA-STARプラットフォームの利用実績は約12,000人月にもなりますが、当社の会員であるIT人材の平均年収は約660万円です。経済産業省が発表しているIT人材の平均年収は約500万円なので、A-STAR会員の年収は年間160万円も高いです。この実績こそA-STARが目指す働き方改革の大きな武器になるだろうと考えています。

この事実に多くのIT人材が気づいた時、当社のサービスを利用したいという方が増えていくのは間違いないと思っています。

現在10,000人の登録会員のうち、常時プロジェクトに参画しているアクティブな会員は約500人です。この500人を10倍の5,000人まで引き上げることを当面の目標にしています。実現すれば1人当りの平均年収660万円とA-STARを通じた5,000人分/月の支払い報酬総額は年間330億円に達します。(年間60,000人月。)これは一部上場クラスの大手SI企業の報酬総額に匹敵する規模です。IT人材が活躍する新たなフィールドがここに誕生し、国内有数のシェアを占めることになります。

5,000人規模の流通が我々の提供するWebサービスを通じて可能になる。これはIT人材の働き方に大きなインパクトを与えるはずです。

ソフト会社や派遣会社、アウトソーシング会社、SESエージェントに所属することなく、また高額な中抜きをされることなく、WEBを通じて確実に高い報酬を受け取る事が出来るようになるわけです。

こうした新たなフィールドが誕生することによって、旧態依然とした大手SIERを頂点としたピラミッド(多重下請構造)に属さなくても、シニア層や女性でも技術さえあれば、A-STARのサービスを経由して、自分の思うような働き方ができるようになります。これこそが日本のIT人材領域における本当の変革であり、「働き方改革」の確固たる象徴ではないでしょうか?A-STARでは、2020年までにこの新たなフィールドを実現する予定です。A-STARの今後にご期待下さい。